TOP > エンタメ・雑学 > 2016年3月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】
エンタメ・雑学

2016年3月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】

2016年3月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
中山牝馬Sでルージュバックを破り、シュンドルボンが重賞初制覇を遂げた先週の競馬界。その裏では何が起こっていた!?
馬キュレ

まだまだ続く藤田菜七子フィーバー!

inyofu JRAで16年ぶりの女性騎手、藤田菜七子騎手(18、美浦・根本)が、3月21日に中山競馬場で開催されるフラワーC(GIII、芝1800m)へ登録される見込みのシャララ(牝3)の鞍上に予定されていることがわかった。シャララを管理する田村調教師が明かしたもの。
inyofu 日本ハムは14日、千葉・鎌ケ谷スタジアムで行われる3月17日の対ソフトバンクオープン戦(13時開始)でJRA(日本中央競馬会)で、16年ぶりの女性騎手となった藤田菜七子(18)が始球式を務めると発表した。
藤田菜七子フィーバーはまだまだ収まることを知らない。藤田騎手騎乗予定のシャララは抽選対象となることが濃厚だが、仮に抽選を通過すればデビュー3週目にして初の重賞挑戦となる。また、プロ野球の始球式も務める予定で、競馬界だけでなく世間一般からも高い人気を得ている。

【新馬戦】アドマイヤリアルが人気に応え快勝!

inyofu 3月13日、阪神競馬場で開催された第3R・メイクデビュー阪神(新馬、ダ1800m)は、道中2番手でレースを進めた1番人気アドマイヤリアル(牡3、栗東・梅田)が、直線に入っても楽な手応えのまま抜け出し快勝した。勝ちタイムは1分56秒2(良)で、鞍上は福永騎手。3馬身差の2着は直線入り口でいったん勝ち馬に並びかけるシーンを作った4番人気ヒラボクハンター、2着に1馬身差の3着は逃げた5番人気グレートウォールが入っている。
動画を見る
マンハッタンカフェ産駒のアドマイヤリアルが後続に3馬身差を付け勝利した。マンハッタンカフェ産駒は芝適性の方が高いイメージがあるが、過去にはグレープブランデーを輩出しており、アドマイヤリアルは今後のダート戦線に一石を投じる存在となるだろう。

2冠馬ドゥラメンテが世界ランク1位タイに!

inyofu IFHA(国際競馬統括機関連盟)より、最新の「ロンジンワールドベストレースホースランキング」が発表された。
inyofu 本年1月1日から3月6日までの世界主要レースを対象にしたもので、1月9日のサンパスカルHを快勝した一昨年の米2冠馬カルフォルニアクローム(牡5、米・A.シャーマン)、昨年のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSの勝ち馬で3月5日のドバイシティオブゴールドを制したポストポンド(牡5、英・R.ヴァリアン)、そして2月28日の中山記念で9カ月ぶりの実戦ながら復活Vを遂げた日本の2冠馬ドゥラメンテ(牡4、美浦・堀)の3頭が121ポンドを獲得しトップの座に就いた。
2冠馬ドゥラメンテがロンジンワールドベストレースホースランキングで世界一の評価を受けた。日本馬による世界一と言えば、ジャスタウェイが記録に新しいが、ドゥラメンテはまだ海外レース未出走。今後の参戦が予定されているドバイシーマクラシックや凱旋門賞で結果を残せたならば、実質ともに世界一の馬となるのは間違いないだろう。

重賞2勝馬リトルゲルダが引退・繁殖馬に

inyofu 2014年の北九州記念、セントウルSを制し、同年のサマースプリントシリーズに優勝したリトルゲルダ(牝7、栗東・鮫島)が本日3月11日付けで競走馬登録を抹消、現役引退となったことがJRAより発表された。今後は北海道勇払郡安平町の追分ファームで繁殖馬となる予定。
北九州記念で重賞初制覇を遂げ、続くセントウルSでも勝利を飾り、サマースプリントシリーズの覇者になるなど短距離戦線で存在感を見せつけたリトルゲルダが引退・繁殖入りする。サンデーサイレンス系の血統を含まないため様々な種牡馬と交配可能で、産まれてくる産駒がどのような活躍をするのか、今から楽しみだ。

インスタントジョンソンじゃいの12R予想!3月13日の結果発表!

inyofu 中京12R
◎⑦アルパーシャン
○⑥ストーンウェア
▲④ウインソワレ
△⑤インストアイベント
△①マダムジルウェット
△③サーサルヴァトーレ
△⑧サトノフェラーリ

伏兵多く、難解なレースなので、なるべく高配当を目指したい。◎は前走はペースが向かなかっただけ。中京は前々走で楽勝しているコース。
inyofu 中山12R
◎⑯クラウンシャイン
○⑩アンヴェイルド
▲②レッツゴースター
△⑪エミネスク
△⑮ルールソヴァール
△⑦クールエイジア
△④メイショウフェイク

中京よりも難解で面白そうなレース。中穴、大穴と可能性大で、相手は広げたい。◎は前走は出遅れが全て。発馬スムーズならまず大崩はしない。
3月13日の結果は 
中京12R
○⑥ストーンウェア 1着 単勝オッズ2.5倍 

中山12R
◎⑯クラウンシャイン 1着 単勝オッズ2.8倍

という結果に。 伏兵が多い難解なレースでも穴馬を狙ったが、惜しくも的中ならず。
しかし、本命や対抗の単勝を的中させたのは流石の一言。

2016年3月第3週の週刊競馬ニュースまとめ【週刊うまとめニュース!】。
3つの重賞が行われた先週のJRAだが
フィリーズRでは8番人気ソルヴェイグ
中山牝馬Sでは4番人気シュンドルボン
中日新聞杯では1番人気サトノノブレス
がそれぞれ制した。
フィリーズレビューで1着~3着に入賞したソルヴェイグ、アットザシーサイド、キャンディバローズの3頭は桜花賞の優先出走権が与えられる。
中山牝馬Sでは、圧倒的1番人気ルージュバックが敗れるという波乱があったが、勝ち馬シュンドルボンとはタイム差なしの2着。しかも、レース中に落鉄したとの情報もあり、クビ差の2着という結果は決して悲観的な内容ではないだろう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line