TOP > 競走馬 > 「シュヴァルグラン」操作性の高さと豊富なスタミナ!走りもたくましくなった【宝塚記念】
競走馬

「シュヴァルグラン」操作性の高さと豊富なスタミナ!走りもたくましくなった【宝塚記念】

前走の天皇賞・春で2着と好走したシュヴァルグランが宝塚記念に出走する。昨年の阪神大賞典で重賞初制覇を果たすと、天皇賞・春3着、ジャパンカップ3着と大器の片鱗を現した。そして、今年は阪神大賞典でサトノダイヤモンドの2着に入ると、天皇賞・春ではいつもより前目につけ、直線でもしぶとく伸びてキタサンブラックと0秒2差の2着に入った。昨年のこのレースは9着に沈んだが、ここで成長した姿を見せられるか。そんなシュヴァルグランについてまとめてみた。
シュヴァルグラン

【ジャパンC】鋭い末脚を見せ3着!

大外枠からのスタートで、道中は中団よりやや後ろでじっくりと末脚を溜める。最後の直線に入り大外に持ち出すと、しぶとい伸びを見せ3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 シュヴァルグラン(福永祐一騎手) 「最後まで良く伸びています。勝負どころで置かれかけていましたが、そこから良く伸びてくれました。この相手でも走ることを証明してくれました。次は中山が舞台ですし、合うと思います」
inyofu (友道康夫調教師) 「もう右、左の回りも関係なく、輸送も問題ありません。今日は太め感もありませんでした。力をつけています。次の有馬記念でなんとかリベンジしたいです」

【阪神大賞典】サトノダイヤモンドの貫録の走りに屈し2着

3番枠から好スタートを決めると、スッと控えて6番手につけてサトノダイヤモンドより前でレースを進める。2周目向正面でサトノが忍び寄ってくると、シュヴァルグランは3コーナーで仕掛けてロングスパートに持ち込む。そして直線の入り口で先頭に立ち、しぶとい脚を見せたものの、残り100mでサトノダイヤモンドにかわされ1馬身半差の2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 シュヴァルグラン(福永騎手) 「スタートもこの馬としてはよく出ましたし、いい感じでレースが出来ました。道中は抑えが利いて、サトノダイヤモンドの動きに合わせて動いて行きました。最後は脚が上がった感じですが、休み明けを考えるとよく走っています。今日の結果は次に向けて悲観するものではありません」

【天皇賞・春】好位からしぶとく伸び2着!

6番枠から好スタートを切り、5,6番手の好位につける。3コーナーでペースが上がってくらいついて行くと、直線の入り口では2番手まで押し上げる。直線では内目からしぶとく伸び、キタサンブラックは捕らえられなかったが、サトノダイヤモンドらの追い上げを振り切り2着に入った。
動画を見る
inyofu 2着 シュヴァルグラン(福永騎手) 「体が絞れてムダのないいい体になっていました。こういう競馬がしたいと思っていたレースが出来ました。早めに動いて行くレースでも最後まで力を振り絞ってくれました。あと僅かでした。タフなレースでよく頑張りましたが、相手が強かったです」

【宝塚記念】直前情報!思い通りの臨戦過程でGⅠ初制覇へ!

inyofu シュヴァルグラン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)が21日、栗東・坂路で最終追い切りを行った。ジュンテオドーラ(3歳500万)を追走し、馬体を並べた残り1ハロンから右ステッキが2発。56秒2―13秒4のタイムで併入した。
inyofu 「先週までで馬はできているので、今朝はラスト1ハロンだけしっかりという指示。この馬なりに動けていたと思う」と友道調教師は合格点を与え、「去年(9着)は天皇賞(春)の疲れが残っていた。今年は腰回りがパワーアップして当時からの成長を感じるし、前走のダメージも残っていないですから」と思い通りの臨戦過程に胸を張った。

宝塚記念の傾向!4・5歳馬が活躍!

inyofu 過去10年の3着以内馬30頭中24頭は、「4歳」か「5歳」の馬だった。基本的には若い馬を重視したいレースだ。
inyofu なお、「JRAの2000~2200mのGI かGII」で優勝経験がなかった馬の中で3着となった4頭は、いずれも「前年12月以降のJRAのGI」で連対経験がある馬だった。前年の暮れ以降にJRAのGI で優勝を争ったことがある馬なら、前出の条件をクリアしていなくてもマークしておくべきかもしれない。

昨年は着外に沈んだが、前走の走りから分かるように、昨年より一回りも二回りも成長したのは明らかである。前走に続きキタサンブラックとの対決となるが、リベンジを果たして悲願のGⅠ初制覇を狙う。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line