TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第65回スプリングステークス】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第65回スプリングステークス】

2016年3月20日(日)に行われる中山競馬場のメーンレース【第65回フジテレビ賞スプリングステークス】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 8枠10番ロードクエスト

inyofu Wコースで3頭併せ。前2頭は5馬身前を進み、今週は大外に進路を取った。残り1F手前で早くも抜き去り、内エデンロック(6歳1000万)と中レオニーズ(5歳500万)に貫禄の3馬身先着。5F69秒8~1F12秒5。太め感はなく、迫力満点のストライド。鞍上から「もたれる面もなく、今週は上手に走ることができた。次(皐月賞)が本番なので多少の伸びしろは残しつつ、それでもしっかりと仕上がったと思う。動きも良かった」

8枠11番 ドレッドノータス

inyofu ドレッドノータスは、坂路で併せ馬。ケイリンボス(1000万下)を4馬身ほど追走して、力強い動きで半馬身先着。脚いろに余裕を残して4ハロン51秒4-12秒4をマーク。3カ月半ぶりでも仕上がりはいい。矢作調教師は「動きはよかったね。メンコを付けてテンションの高さはましになってきた」と臨戦態勢に納得する。

1枠1番 マウントロブソン

inyofu ウッドで追われたマウントロブソン(牡3、堀)は、直線で内からじわじわと差を詰めた。 未勝利馬(スウィフトレイド)にややてこずりながらも、きっちり併入。4ハロン54秒7-12秒3の動きに、渡辺助手は「今日は反応を確かめる程度だったが、状態は引き続きいい」

6枠7番 ミッキーロケット

inyofu ミッキーロケットは、初コンビのルメール騎手を背に坂路で併せ馬。序盤から13秒6、12秒6、12秒0のハイラップを刻み、ラストも手応えに余裕を残して12秒7(4ハロン50秒9)で半馬身先着。キビキビした動きで好気配をアピールした。ルメール騎手は「いい時計。追い切りはとてもいい感じ。反応もよかった。乗りやすくチャンスはある」

4枠4番 マイネルハニー

inyofu マイネルハニーは主戦・柴田大を背にWコースで単走追い。馬なりのまま軽快なピッチ走法で5F70秒4、ラスト1F12秒9をマークした。「全身を使って抜群の動き。追えばいくらでも時計が出そうな感触だった」と同騎手。

2枠2番 ハレルヤボーイ

inyofu ハレルヤボーイ(牡、田村)が絶好の動きを見せている。  吉田豊騎手を背に美浦ウッドチップで5ハロン64秒8の好時計。見守った田村師は「時計も動きも良かった。1勝馬でG1(朝日杯FS=12着)に挑戦したが、この動きを見たらあらためて条件クラスの馬じゃないなって思いますよ」と満足げに話す。

その他出走馬追って一言

inyofu ◆アドマイヤモラール・上原師 「併せてしっかり追えた。距離は問題ないし、先行して粘り強さを生かしたい」

◆プランスシャルマン・内田騎手 「乗りやすいね。よく調教されていると思う。乗った感触は悪くない」

◆プレイヤーサムソン・大和田師 「追い切りの動きはまずまず。折り合い重視で、うまく脚をためられれば…」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アドマイヤモラール 牡3 56 田辺裕信 16日南w稍:69.8-53.3-38.8-13.0:馬也

ケンホファヴァルト 牡3 56 *戸崎圭太 17日栗坂稍:54.2-39.6-12.8:馬也

ドレッドノータス 牡3 56 武豊 16日栗坂稍:51.4-37.3-12.4:強め

ハレルヤボーイ 牡3 56 吉田豊 16日南w稍:64.8-50.1-36.3-12.8:強め

プランスシャルマン 牡3 56 *内田博幸 16日南w稍:69.5-54.0-39.8-13.3:馬也

プレイヤーサムソン 牡3 56 松岡正海 16日南w稍:53.5-38.3-12.8:馬也

マイネルハニー 牡3 56 柴田大知 16日南w稍:70.4-54.5-39.5-12.9:馬也

マウントロブソン 牡3 56 *シュタル 17日南w良:54.7-39.7-12.3:強め

ミッキーロケット 牡3 56 *ルメール 16日栗坂稍:50.9-37.3-12.7:馬也

モウカッテル 牡3 56 *藤田菜七 16日栗坂稍:54.7-41.0-14.0:馬也

ロードクエスト 牡3 56 *池添謙一 16日南w稍:69.8-53.2-38.7-12.5:強め

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎ドレッドノータス
 ロードクエスト
 ミッキーロケット
 ハレルヤボーイ

特にドレッドノータスは、全体で51秒台終いも12秒4。優秀な時計にもかかわらず、軽快に駆け抜けた印象。休み明けでリフレッシュされて元気一杯の追い切りに映った。まだ未知な部分は多いが、 京都から中山へのコース替わりはプラスのはず。力の要る馬場も味方しそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line