TOP > レース > レプランシュVSタイセイサミット!この1戦で3歳馬の力関係が見える!第63回【毎日杯】
レース

レプランシュVSタイセイサミット!この1戦で3歳馬の力関係が見える!第63回【毎日杯】

2016年3月26日(土)に阪神競馬場で行われる芝1800メートルのGIIIレース、第63回【毎日杯】。
春のビッグレースにつながる注目の3歳重賞であるこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【毎日杯】歴史

inyofu 本競走は1954年に4歳(現3歳)馬によるハンデキャップの重賞競走として創設され、翌1955年より負担重量が別定重量に変更された。1970年までは主に6月の阪神競馬場・芝2000mで行われていたが、1971年より3月の阪神開催に変更された。開催時期が3月に繰り上げられたため、本競走は春の大レースを目指す3歳馬が参戦する重要な前哨戦に位置付けられた。
過去10年の優勝馬にはディープスカイやダノンシャンティ、キズナなどが名を連ねており、のちに3歳春のGIを制している。

2015年【毎日杯】

動画を見る
昨年の毎日杯では7番人気ミュゼエイリアンが、アンビシャスやシュヴァルグランといった素質馬を抑えて勝利した。

第63回【毎日杯】レース傾向

inyofu 重賞で好走経験のある馬が中心 過去10年の優勝馬10頭は、いずれもJRAの重賞で5着以内に入った経験がある馬だった。該当馬は3着内率35.6%と好走率も高い。まずは重賞で好走経験がある馬に注目すべきだろう。
inyofu なお、JRAの重賞で5着以内に入った経験がなかった馬のうち、同年にJRAの4大場(東京、中山、京都、阪神)の500万下またはオープン特別で連対した経験のない馬は3着内率6.9%と苦戦している。JRAの重賞で好走した経験がなく、年明け以降にJRAの4大場(東京、中山、京都、阪神)の500万下またはオープン特別で連対した経験がない馬は評価を下げたい。
inyofu 距離実績がポイント 過去10年の優勝馬10頭中、2009年のアイアンルックを除く9頭は、JRAの1800mのレースで3着以内に入った経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬は3着内率9.8%と苦戦している。今回と同じ距離のレースで好走したことがある馬を高く評価したい。
inyofu 臨戦過程に注目 過去10年の優勝馬10頭中、2006年のアドマイヤメインを除く9頭は、前走がJRAの重賞だった。前走がオープン特別や条件クラスのレースだった馬が優勝する可能性はあまり高くないと見るべきだろう。
inyofu なお、前走がJRAの重賞以外のレースだった馬のうち、そのレースの着順が「3着以下」だった馬は連対例がない。
inyofu 同じく、前走がJRAの重賞以外のレースだった馬のうち、そのレースの単勝人気が「4番人気以下」だった馬も連対例がない。JRAの重賞以外のレースを経由して出走してきた馬を比較するなら、前走の着順や単勝人気を重視したいところだ。
毎日杯のレース傾向では【JRA重賞で5着以内に入った経験ありor4大場(東京、中山、京都、阪神)の500万下またはオープン特別で連対した経験あり】【JRAの1800mのレースで3着以内に入った経験あり】【前走がJRA重賞or前走2着以上で単勝人気が3番人気以上】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

第63回【毎日杯】登録馬

inyofu アイファープリティ 54 池添謙一
アーバンキッド 56 石橋脩
オウケンダイヤ 54 未定
キャノンストーム 56 松山弘平
ステイキングダム 56 未定
スマートオーディン 57 戸崎圭太
タイセイサミット 56 川田将雅
ディープエクシード 56 岩田康誠
ドゥオーモ 56 未定
トーアライジン 56 小崎綾也
パールコード 54 未定
レインボーフラッグ 56 小牧太
レプランシュ 56 内田博幸
ロワアブソリュー 56 A・シュタルケ
今年は14頭の登録があった毎日杯、フルゲート割れの為、全頭が出走可能。注目は東京スポーツ杯2歳Sを制したスマートオーディンときさらぎ賞でロイカバードに先着したレプランシュだ。

第63回【毎日杯】予想オッズ

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 スマートオーディン 2.4
2 レプランシュ 3.2
3 ロワアブソリュー 5.4
4 タイセイサミット 7.9
5 アーバンキッド 9.6
6 ドゥオーモ 15.9
7 ディープエクシード 16.9
8 ステイキングダム 25.9
9 パールコード 48.9
10 オウケンダイヤ 140.2
11 キャノンストーム 146.6
12 レインボーフラッグ 164.0
13 アイファープリティ 284.6
14 トーアライジン 483.8
現時点での予想オッズでは、上記の2頭と弥生賞で4着に入ったタイセイサミットに人気が集まっている。

第63回【毎日杯】有力馬は!?

【JRA重賞で5着以内に入った経験あり】【JRAの1800mのレースで3着以内に入った経験あり】【前走がJRA重賞】スマートオーディン
inyofu スマートオーディン(牡3、栗東・松田国英厩舎)は今年初戦の共同通信杯で6着と惨敗。休み明けで体重はプラス12キロだったが、それよりも道中で掛かった上に直線でも内にササったのが痛かった。素質はここでもトップと言っていい馬だけに、立て直しての巻き返しを期待したい。


【JRA重賞で5着以内に入った経験あり】【JRAの1800mのレースで3着以内に入った経験あり】【前走がJRA重賞】レプランシュ
inyofu レプランシュ(牡3、栗東・高野友和厩舎)は前走のきさらぎ賞で後方から追い込み2着。勝ったサトノダイヤモンドには差をつけられたが、もう一頭の素質馬ロイカバードは捕まえてみせた。今回のメンバーなら突き抜けるところまで十分期待できそうだ。


【JRA重賞で5着以内に入った経験あり】【JRAの1800mのレースで3着以内に入った経験あり】【前走がJRA重賞】タイセイサミット



2016年3月26日(土)に阪神競馬場で行われる芝1800メートルのGIIIレース、第63回【毎日杯】。 
サトノダイヤモンドに屈したレプランシュと、マカヒキ&リオンディーズに負けたタイセイサミットが激突する。
この2頭の結果如何で、3歳馬の力関係が見えてきそうだ。
当然、この2頭は人気を集めており、レースを好走する条件も満たしている。
しかし、忘れてはいけないのが現状1番人気のスマートオーディンだ。
今年初戦の共同通信杯では6着と惨敗したが、様々な要因により実力を出し切れなかった。今回はデビュー戦で大勝した阪神競馬場であり、巻き返しの可能性は十分にある。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line