TOP > レース > グランプリホースの貫禄!【第64回日経賞】レース&的中結果まとめ
レース

グランプリホースの貫禄!【第64回日経賞】レース&的中結果まとめ

2016年3月26日(土)中山競馬場で行われた重賞レース【第64回日経賞】のレース結果と予想家の的中をメインにまとめてみた。
馬キュレ

日経賞はゴールドアクターが優勝

inyofu 3月26日、中山競馬場で開催された第11R・日経賞(GII、芝2500m)は、道中外め3番手を進んだ2番人気ゴールドアクター(牡5、美浦・中川)が、勝負どころ手前で一気に先頭に並びかけると、直線では2着馬との熾烈な追い比べを制し1着でゴールイン。グランプリホースとしての貫禄を見せつけ、連勝記録を5に伸ばした。勝ちタイムは2分36秒8(良)で、鞍上は吉田隼騎手。3/4馬身差の2着は2番手を進み、直線で勝ち馬との一騎打ちに持ち込んだ1番人気サウンズオブアース、2着に1馬身1/4差の3着は好位から脚を伸ばした4番人気マリアライトが入っている。

▽配当
単勝9 330円
馬連4-9 370円
馬単9-4 770円
3連複2-4-9 530円
3連単9-4-2 2170円
(9.ゴールドアクター、4.サウンズオブアース、2.マリアライト)

▽【ゴールドアクター】
父スクリーンヒーロー
母ヘイロンシン
母父キョウワアリシバ
通算14戦8勝(うち重賞は3勝)
動画を見る

レース後コメント 吉田隼人騎手「賢い馬なので」

inyofu 「ペースが遅くなると思っていたので、出たなりでどれだけやれるかと思っていました。強い馬たちにくっついて、いい競馬ができました。今後も順調にいってほしいですし、またこのペアでがんばりたいです。賢い馬なので、息さえできていれば走るのかもしれません。本番では仕掛けてからビュッと反応できるように、メリハリがきくようにしたいです」

地力の差を感じてしまった サウンズオブアース

inyofu 福永騎手(サウンズオブアース=2着)「道中はいい感じだったので、これならしまいは伸びると思った。有馬記念と違って、ゴールドアクターと斤量差があったので、直線で引き離せると思ったけどね。最後は地力の差を感じた」

その他着順&コメント

inyofu  3着 マリアライト(蛯名正義騎手)
「この馬のレースはしています。スローで動けないこともないのですが、自分の型ができたところで、それを崩すわけにもいきませんし......。雨が降るなど、ちょっとしたことが変わってくれば、結果も変わるかもしれません。古馬になって安定感が出てきています。牝馬は1頭でしたが、大したものです」

4着 アルバート(C.ルメール騎手)
「ペースが上がってからは忙しくなっていました。残り200mからはいい脚でした。スタミナのあるタイプです」

8着 コスモロビン(柴田大知騎手)
「自分でやめてしまうところがありましたが、今日はがんばってくれました。もう少しペースが速ければよかったです」
グランプリ覇者ゴールドアクターが貫禄の勝利で連勝を伸ばした!天皇賞(春)に向けて期待したい。

【天童なこオフィシャルブログ】

inyofu ◎7アルバート
○9ゴールドアクター
▲4サウンズオブアース
独自の調教予想で的中をしている天童なこさんのブログ。本命アルバートが4着で惜しくも的中は逃す結果に。

【中穴狙いの競馬予想】

inyofu ◎ ゴールドアクター

〇 マリアライト

▲ サウンズオブアース

△ アルバート

× ホッコーブレーヴ

× ディサイファ

× フラガラッハ

馬券は

◎単複
◎馬連 相手〇▲△×××
◎〇三連複 相手 ▲△×××
◎▲三連複 相手 △×××
◎〇1着2着 三連単 相手 ▲△×××
たいせー氏の人気ブログ。ゴールドアクター本命で単複、馬連、3連複を的中した!

覆面馬主たちの予想

1号の予想
inyofu ◎9 ゴールドアクター
〇4 サウンズオブアース
▲2 マリアライト
☆3 ディサイファ
△7 アルバート
△1 フラガラッハ
△8 ホッコーブレーヴ

馬券は、ゴールドアクターからの馬連、馬単。1と8の2頭は3着候補なので、馬連、馬単は買わない。
それと、単勝がつくようなら、単複。
軸一頭の三連複を買う。
2号の予想
inyofu ◎4サウンズオブアース
○2マリアライト
▲3ディサイファ
☆7アルバート
△9ゴールドアクター
8号の予想
inyofu ◎⑨ゴールドアクター
○④サウンズオブアース
▲②マリアライト
☆⑦アルバート

馬券はゴールドアクターからの馬単に馬連。
遊びに3連単BOXを
覆面馬主は1号が馬連、馬単、3連複的中。2号が3連複、8号が3連複を的中と的中ラッシュであった。

グランプリホースゴールドアクターが力を見せつけ、再びサウンズオブアースを下しての重賞制覇。天皇賞(春)に向けてさらなる実力アップを期待しよう。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line