TOP > レース > ショウナンアポロン初重賞V!【第23回マーチステークス】レース結果まとめ
レース

ショウナンアポロン初重賞V!【第23回マーチステークス】レース結果まとめ

2016年3月27日(日)中山競馬場で行われたGⅢ【第23回マーチステークス】レース結果をまとめた。
馬キュレ

マーチステークスはショウナンアポロンが優勝

inyofu 3月27日、中山競馬場で開催された第11R・マーチS(GIII、ダ1800m)は、好スタートからハナに立った8番人気ショウナンアポロン(牡6、美浦・古賀史)が、直線に入っても脚色が鈍ることなく後続の追撃を振り切り1着でゴールした。勝ちタイムは1分52秒7(良)で、鞍上は松岡騎手。3/4馬身差の2着は好位から渋太く粘った1番人気バスタータイプ、2着に3/4馬身差の3着は後方待機から猛然と追い込んできた2番人気ドコフクカゼが入っている。

▽配当
単勝4 2040円
馬連3-4 3060円
馬単4-3 8490円
3連複3-4-8 5650円
3連単4-3-8 5万80円
(4.ショウナンアポロン、3.バスタータイプ、8.ドコフクカゼ)

▽【ショウナンアポロン】
父アドマイヤマックス
母メジロアルドラ
母父アフリート
通算40戦5勝(重賞は初勝利)
動画を見る

レース後コメント 松岡騎手「大きなレースに挑戦していける」

inyofu 「行く馬がいないと思ったので楽に行かせてもらいました。前に乗った時よりすごく力をつけています。返し馬の時に行けるかもと思いました。スローの逃げは前の馬に有利になるので、なるべく遅く行こうと思いました。今、力をつけている最中なので、これからもっと大きなレースに挑戦していけると思います」
8番人気ショウナンアポロンが逃げ切って重賞初制覇を成し遂げた。

秋が楽しみ バスタータイプ

inyofu 内田騎手(バスタータイプ=2着)「コンスタントに使われてタフな競馬をしてきたので、疲れがあったのかも。勝ち馬は54キロと軽いのでうまく逃げ切られたけど、本来の状態なら差せていたかもしれない。ただ、多少行きたがっても折り合いはついたし、負けたけど、次につながる競馬はできたと思う。これでひと休みすれば、秋が楽しみ」
疲れがあったかもしれないが万全の状態なら差せたとの話。秋の走りに期待したい。

位置が後ろ過ぎたか ドコフクカゼ

inyofu 石川騎手(ドコフクカゼ=3着)「スローペースだったし、位置が後ろすぎたかも。長くいい脚を使える馬なので、自分から動いていった方が良かったのかもしれない」
2番人気だったドコフクカゼは今回は作戦がうまくかみ合わなかったか。悔しい3着だった。

その他着順&コメント

inyofu 4着 イッシンドウタイ(田辺騎手)
「ヨーイドンの競馬になりました。頑張っていますが、流れの感じが終いの脚とうまく噛み合いませんでした」

9着 モズライジン(中谷騎手)
「いつもよりいい位置を取りに行く競馬をしました。しかし、ペースが遅くなって上がりの競馬になるとこの馬の形ではないので、向正面で捲くって行けば良かったです」

11着 サンマルデューク(蛯名騎手)
「ゲートが遅くて無理でした。前を交わせませんでした」

12着 マイネルバウンス(柴田大騎手)
「ついて行くのがやっとでした。前走で頑張った反動があるのかもしれません。全然反応がありませんでした」

人気馬を抑えての見事な逃げ切りをみせたショウナンアポロンが重賞初制覇で幕をおろしたマーチステークス。まだまだ成長に期待できるので注目が必要である。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line