TOP > 予想/馬券 > 【ダービー卿チャレンジトロフィー】伏兵大駆け注意!荒れるハンデ重賞で高配当ゲットだ!
予想/馬券

【ダービー卿チャレンジトロフィー】伏兵大駆け注意!荒れるハンデ重賞で高配当ゲットだ!

過去10年の3連単の平均配当は35万オーバーと、荒れに荒れているダービー卿チャレンジトロフィー。100万超えの配当も2回出ており、穴を狙うには打ってつけのレースだ。果たして今年は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

コース実績のある馬を狙え!

過去4回のこのレースで3着以内に好走した12頭はすべて、1600万以上の中山芝1600~1800mのレースで4着以内に好走した経験がある馬だった。近年はコース適性が重要となっているだけに、中山で実績のある馬を狙いたい。
昨年のニュージーランドトロフィーでは後方から脚を伸ばし、3着に入ったアルマワイオリ。その後は自慢の末脚が鳴りを潜めているが、ペースが合わなかったり折り合いを欠いたりと敗因は明確。展開がハマればいつ突き抜けてもおかしくない存在だけに、注意が必要だ。

前走5着以内の馬を狙え!

過去4回のこのレースで3着以内に好走した12頭中11頭は、前走でも5着以内に好走していた馬だった。掲示板外からの巻き返しは厳しく、調子の良い馬を狙っていきたい。
前走の阪神カップでは、最後の直線で前が壁になりほとんど満足に追えない状態でも4着を確保したサンライズメジャー。今年のシルクロードSを勝ったダンスディレクター、先週の高松宮記念を勝ったビッグアーサーに次ぐ4着は今年のメンバーでも胸を張れる結果だ。使い減りするタイプの馬で、休養明けがの方が走るサンライズメジャー。休み明けの成績は(1,2,2,2)で複勝率は70%超えと、狙うなら今回が妙味十分だ。

今年も東風ステークス組が穴をあける!?

ここ2年で3頭が好走している前走東風ステークス組。一昨年はカオスモスが9番人気2着、昨年もインパルスヒーローが9番人気で3着と2年連続で穴を空けている。同じコース・距離で行われる東風ステークス組には今年も警戒が必要だ。
前走の東風ステークスで実に3年ぶりの勝利を挙げたインパルスヒーロー。昨年はこのレース3着からダービー卿チャレンジトロフィーでも3着に好走しており、前走を勝って挑む今年はさらに上の着順を期待したい。

1番人気は過去10年で、(2,1,0,7)と不調。7番人気と9番人気が複勝率40%を記録しており、二ケタ人気も6頭が馬券圏内に好走している。人気薄の馬を積極的に狙って、高配当ゲットを目指したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line