TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」桜花賞
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」桜花賞

覆面馬主 データの8号
第76回
桜花賞(GI)
芝1600m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【阪神芝1600m】
3歳OP

※阪神コース改修後07以降の9年間データ

●傾向

1、配当と人気

平均配当
単勝・1015円
複勝・490円
枠連・863円
馬連・23664円
馬単・41133円
3複・104155円
3単・889436円

過去9年で1番人気(3,2,0)、2番人気(2,3,0)。複勝率はどちらも55.6%。他の人気と比べて好成績は間違いないが、それでも圧倒的な成績ではなく、人気と裏腹に凡走してしまうケースも少なくない。例えば08年1番人気8着トールポピー、12年1番人気6着ジョワドヴィーヴル、15年1番人気9着ルージュバックなどが馬券圏外となっている。配当は過去9年で、馬連の三桁配当が4回。堅い決着で終わる一方で、08年の196,630円を筆頭に、15年の7,860円、13年の3,300円などがある。08年は極端にしても一筋縄ではいかないケースもある。

2、前走条件

過去9年間の馬券対象馬27頭中で、前走重賞組(8,8,8)と大半を占めている。レース別では、チューリップ賞組15頭、クイーンC組4頭、FレビューとフラワーC組から各2頭、阪神JF組1頭の馬券対象馬が出ている。なお、重賞組以外ではエルフィンS組2頭、アネモネS組1頭。圧倒的に前走重賞組が強いのは確かだろう。

3、前走距離

過去9年の馬券対象馬27頭中で、前走1600m組(8,8,7)と大半を占めており、他の距離では前走1400m組(1,0,1)、前走1800m組(0,1,1)となっている。なお、複勝率では前走1600m組が27%と最も高いデータを出しており、続いて1800m組が14%、前走1400m組は約4%となっている。数の上でも、また複勝率でも前走1600m組が優勢のデータ。

4、前走着順

過去9年間の馬券対象馬27頭で前走3着以内は(8,6,6)と大半は前走好走馬。例外の前走4着以下は計7頭。

08年2着エフティマイア
09年3着ジェルミナル
12年1着ジェンティルドンナ
13年2着レッドオーヴァル
13年3着プリンセスジャック
15年2着クルミナル
15年3着コンテッサトゥーレ

7頭の共通点はいずれも前走が重賞組。クイーンC組のエフティマイアを除く6頭はチューリップ賞組。さらに、エフティマイア、ジェルミナル、ジェンティルドンナの3頭は出走時点でマイル重賞勝ち実績。また前走10着以下はクルミナルのみ。ただし、クルミナルは前走で1番人気の支持を集めていた馬。人気面では、重賞勝ち実績のない4頭もプリンセスジャックを除く3頭は前走で4番人気以内の支持を集めていた。つまり、重賞勝ちもなく、前走で5番人気以下だったのは13年3着のプリンエスジャックのみ。とは言え、プリンセスジャックも牡馬相手のオープン特別を勝った実績があっただけに、桜花賞までに全く力を見せていなかったとは言い切れない。

なお、非重賞勝ち組の4頭は、プリンセスジャック、クルミナル、コンテッサトゥーレはデビューから2連勝でオープンを勝っており、レッドオーヴァルも新馬2着から未勝利、オープン特別と連勝している。

以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
ジュエラー
シンハライト
メジャーエンブレム


他の重賞競走【データ分析】はこちら↓↓↓

ニュージーランドT⇒4月6日(水)12時公開
阪神牝馬S⇒4月7日(木)12時公開



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line