TOP > 競走馬 > 【2014年青葉賞】ブリランテと同じ厩舎!キズナと同じ血統!ラングレーがダービーへ!?
競走馬

【2014年青葉賞】ブリランテと同じ厩舎!キズナと同じ血統!ラングレーがダービーへ!?

ホースマンみなが憧れる日本ダービー。そのレースに出走するための壮絶な権利争いが青葉賞で行われる。
2着までに与えられるダービー出走権を手にする馬はどの馬か。
競走馬

血統は昨年のダービー馬キズナと同じ!

キズナ
【キズナの詳細データ】
2013年ダービー馬キズナは父ディープインパクト、母父ストームキャットの今を彩るトレンド配合であった。
それと同じ血を持つラングレーも期待されている。

新馬戦は圧巻!

動画を見る
後に皐月賞にも出走を果たすベルキャニオンや、ダービー馬ディープブリランテの弟ゼウスバローズなど良血馬がそろった中で、見事にデビュー戦を勝利で飾り早くも注目を集めた。

立ちはだかる壁も伝説となる?「神6」へ

動画を見る
inyofu 1着馬イスラボニータは共同通信杯も勝利(写真上)。
2着プレイアンドリアルは京成杯を勝利。
4着ラングレーはゆりかもめ賞を勝ってOP入り。
6着ワンアンドオンリーはラジオNIKKEI杯を勝利。
1着馬イスラボニータが皐月賞1着。そしてラングレーより後ろにいたワンアンドオンリーが皐月賞で4着であったことからレベルの高かった東スポ杯と言えるかもしれない。

ダービーと同じ舞台で完勝!

動画を見る
今回の青葉賞もダービーと同じく東京芝2400mによる競走だが、ほとんどの馬が初めての距離経験となる中、ラングレーは全く同じ舞台のレースを勝っているという実績がある。

2年前にダービーを制した指揮官も意気込み十分!

inyofu 「1週前としては上々。前走は距離が短すぎた。2走前に勝った舞台で権利を獲りたい」と矢作調教師は力を込める。

近年ではステイゴールド×メジロマックイーンに続くトレンドとして、ディープインパクト×ストームキャットという配合が注目されており、実際に2013年の青葉賞ヒラボクディープ、日本ダービーキズナと、ラングレーと同じ血統構成を持つ2頭が東京芝2400mを制している。ラングレーも同じく血の宿命に沿い、大一番ダービーへ駒を進めることができるのか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line