TOP > 競走馬 > 【桜花賞の思い出】変則2冠馬!ラインクラフト
競走馬

【桜花賞の思い出】変則2冠馬!ラインクラフト

2005年に桜花賞とNHKマイルCを制し、変則2冠を達成したラインクラフト。デビューからずっと福永騎手が手綱を握っていた。そんなラインクラフトについてまとめてみた。
馬キュレ

ラインクラフトとは

父エンドスウィープ、母マストビーラヴド、母父サンデーサイレンスという血統。

父エンドスウィープは競走馬のときはアメリカやカナダで走っていた。
種牡馬としては、サウスヴィグラスやスウェプトオーヴァーボードを輩出した後に日本へ。
スイープトウショウやアドマイヤムーンを輩出している。

福永騎手でデビュー

鞍上は福永祐一騎手でデビュー。新馬戦は、3人気ながら5馬身差の圧勝。
続くG3・KBSファンタジーSでも、2人気ながら4馬身差の圧勝。
G1・阪神JFではデビューから初めての1人気となったが、ショウナンパントルに差されて3着だった。

その後は桜花賞に向けて、G2・フィリーズレビューから始動。人気にこたえて1着となった。
動画を見る
ちなみに、福永騎手はラインクラフトの最後のレース・ヴィクトリアマイルまで、ずっと手綱を握っていた。

桜花賞

桜花賞ではデビューから無敗のシーザリオ(1人気)と初対決。
シーザリオもまたデビューからずっと福永騎手が乗り続けていたため、どちらに乗るのかという問題があったが、先約のラインクラフトに騎乗。
ラインクラフトは2人気で桜花賞を迎えたが、シーザリオをアタマ差で抑えてゴールした。
inyofu 直線でも粘るデアリングハートを競り負かし、追い込むシーザリオを封じ込める渾身の騎乗。「あの馬だけには負けられなかった」という言葉には、過去3戦3勝の喜びを分かち合ったシーザリオではなく、1番人気に推されながら3着に敗れた阪神ジュベナイルフィリーズで悔しさをともにしたラインクラフトを選んだ、騎手としての意地もあったのでしょう。「去年の暮れは僕のミスで負けた。だから桜花賞は、どうしても勝ちたかった」との思いを成就させる1着ゴールでした。
動画を見る

変則2冠馬誕生!NHKマイルC

ラインクラフトの距離適性を考えて、オークスよりもNHKマイルCを選択。
牡馬との対決が不安視され2人気で本番を迎えたが、2着のデアリングハートを抑えて勝利した。

キングカメハメハのNHKマイルC→日本ダービーに続く変則2冠馬の誕生であった。
inyofu 最終コーナーを小さく器用に回り切ると、直線、残り300m地点、鞍上・福永騎手のゴーサインに応えて馬場の荒れ方が少ない内ラチ沿いからスっと先頭に踊り出ます。後はゴールまで一直線。デアリングハート、アイルラヴァゲイン、ペールギュントらの追撃を振り切って1馬身4分の3差で勝利を飾ります。
「オークスではなくここを使ったのはオーナーとトレーナーの英断。期待に応えられて良かった」と福永騎手。馬の資質を適確に見極めた陣営の眼力と、その能力を存分に引き出した騎乗、そしてもちろんラインクラフト自身の素質とセンスによって、史上初めて桜花賞とNHKマイルCの“3歳春のマイル二冠制覇”を成し遂げたのです。
動画を見る

サンデーサイレンスの命日に・・・

変則3冠馬の誕生なるかと期待された2005年の秋華賞だが、エアメサイアの2着に敗れる。

2006年には初のスプリント戦となる高松宮記念に挑戦。
オレハマッテルゼの2着となり、短距離戦でも人気に応える結果となった。

次走のGⅡ・サンスポ杯阪神牝馬Sでは、秋華賞で先着を許したエアメサイアに勝利し、
単勝1.7倍の断然人気に応えた。

母父サンデーサイレンスの命日である2006年8月19日、放牧先のノーザンファーム空港牧場で急性心不全を発症。

スプリンターズステークスに向けて調教していた際の急な死となったので、春に行われたヴィクトリアマイルが最後のレースとなってしまった。
4月4日はラインクラフトの誕生日。今でもなおラインクラフトを想うファンも多い。

ライバルの仔が活躍中!

桜花賞でラインクラフトの2着となり、オークスを制したシーザリオの息子・リオンディーズと、
秋華賞ではラインクラフトを負かしたエアメサイアの息子・エアスピネル、
また、同世代のディアデラノビアの息子・ドレッドノータスも現在の3歳馬の中で大活躍している。






牝馬クラシック1冠目を取りながら、距離適性を考慮してNHKマイルCに進み見事変則2冠を達成したラインクラフト。ファンにとって突然の死は今でも悲しいことだが、ライバルたちの産駒が活躍していることはこの世代のファンにとっては胸が熱くなることだろう。今年の桜花賞馬はどうなるか楽しみだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line