TOP > 予想/馬券 > 【桜花賞】今年も波乱が起きる!?買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【桜花賞】今年も波乱が起きる!?買える穴馬の条件はこれだ!

昨年は単勝1.6倍の圧倒的人気に支持されたルージュバックが9着に敗れ、3連単23万馬券が飛び出たことは記憶に新しい。メジャーエンブレム1強の様相を呈する今年の桜花賞だが、果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

新馬戦4番人気以内の馬を狙え!

過去9回の1~3着馬はすべて新馬戦で4番人気以内に支持されていた馬だった。デビュー前から素質の高さを評価されていない馬は、桜花賞での好走は厳しい。またこの27頭中24頭はデビューから2戦目までに勝ち上がっていた馬だった。
ウインファビラスは上記2つのデータのどちらにも当てはまっている。新潟2歳Sは12番人気で2着、阪神JFでは10番人気で2着と過去には二ケタ人気で穴をあけた実績がある。今回もチューリップ賞10着からの巻き返しに警戒したい。

上がり最速経験のある馬を狙え!

過去9回の1~3着馬27頭のうち、上がり最速を記録していなかった馬はダイワスカーレットとエフティマイアの2頭だけだった。コース改修後の桜花賞は長い直線で行われるため、瞬発力を活かせる馬を狙いたい。
デンコウアンジュは今年の桜花賞大本命馬・メジャーエンブレムに勝ったことのある唯一の馬。ムラな面はあるが、ハマったときの末脚は一級品。ハイペースで差しの決まる流れになれば、台頭の可能性は十分にある。

連勝経験のある馬を狙え!

過去9回で5番人気以下ながら馬券に絡んだ12頭中9頭が連勝経験のある馬だった。昨年もクルミナルが7番人気で2着、コンテッサトゥーレが8番人気で3着と好走している。今年もこのパターンの穴馬の激走に注意したい。
未勝利戦を勝ち上がった次走のファンタジーSで重賞初勝利を挙げたキャンディバローズ。小柄な馬で直線の坂がカギとなりそうだが、桜花賞後は一息入れる予定で今回は渾身の仕上げで臨めそう。このレース大得意のディープインパクト産駒でもあり、穴馬として注目したい。

2歳女王メジャーエンブレムとチューリップ賞1,2着馬のシンハライトとジュエラーに人気が集中しそうだが、昨年のような波乱が起きる可能性も十分に考えられる。高配当をゲットして、春のGⅠシリーズで好スタートを切りたい。


キャンディバローズのまとめはこちら
ブランボヌールのまとめはこちら
メイショウスイヅキのまとめはこちら
ソルヴェイグのまとめはこちら
メジャーエンブレムのまとめはこちら
ビービーバーレルのまとめはこちら
デンコウアンジュのまとめはこちら
アッラサルーテのまとめはこちら
ジープルメリアのまとめはこちら
アットザシーサイドのまとめはこちら
レッドアヴァンセのまとめはこちら
シンハライトのまとめはこちら
ジュエラーのまとめはこちら
カトルラポールのまとめはこちら
ラベンダーヴァレイのまとめはこちら
ウインファビラスのまとめはこちら
アドマイヤリードのまとめはこちら
メイショウバーズのまとめはこちら

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line