TOP > 競走馬 > 「アッラサルーテ」いい動き!思う存分力を発揮する【2016年桜花賞】
競走馬

「アッラサルーテ」いい動き!思う存分力を発揮する【2016年桜花賞】

アネモネSでは14番人気ながら2着に入り、桜花賞の優先出走権を手にしたアッラサルーテ。前走で見せたしぶとさを生かせれば、再び穴をあけるシーンがあっても驚けない。そんなアッラサルーテについてまとめてみた。
アッラサルーテ

【2歳未勝利】後続の追撃振り切り初勝利!

1200メートルだった函館でのデビューから2戦は連続3着だったアッラサルーテ。間隔を開け、距離を伸ばした3戦目のレースでは好スタートを切り、道中は3番手を追走。直線で内を突いて残り100メートルで抜け出すと、後続の追い上げを半馬身差振り切り初勝利を挙げた。
動画を見る
ルメール騎手のコメントはこちら↓
inyofu 「距離は1400メートルくらいがちょうどいい。いいスタートを切れたし、乗りやすかった。ゴール前も頑張ってくれた」

【3歳500万下】直線で弾けず4着に敗れる

好スタートを決め、内のブンブンブラウを行かせて2番手を追走したアッラサルーテ。直線ではメイショウバーズやナタリーバローズと併せる形になったが伸びきれず、ゴール前でタガノヴィアーレにも交わされ4着に敗れた。
動画を見る

【アネモネS】不利な大外枠から2着確保!

中山芝1600mでは不利な大外枠からのスタートだったが、石橋騎手の巧みな誘導でハナに立ったアッラサルーテ。直線もそのまましぶとく粘り込んで2着に入り、桜花賞の切符をゲットした。
動画を見る
inyofu 2着 アッラサルーテ(石橋脩騎手) 「フワッとスタートを切って、行けそうだったので逃げました。今日は湿っていて前が残る馬場も生かせました。他馬が来てからも差し返してくれています」

【桜花賞】1週前追い切り 軽快なフットワーク!

inyofu アッラサルーテの1週前追い切りは南ウッド4ハロン52・3―37・3―12・7秒で追走内先着。前回(アネモネS=2着)よりも活気を増したフットワークで伸び脚も上々。暖かくなるにつれて体調は上向き。
手塚貴久調教師のコメントはこちら↓
inyofu 1週前にウッドチップでしっかりと追えているので、最終追い切りは坂路で単走でした。思っていたよりも時計が速くなりましたが、輸送があるなかであれだけ動けていれば丁度いいのかなと。いい動きでした。前走あたりから馬に落ち着きが出てきたことで、レースぶりに幅がでてきたのかなと思いますし、1週前追い切りも最終追い切りもリラックスして走れているので、状態は上がっていると思っています。

アッラサルーテの4歳上の姉エピセアロームは4年前のセントウルSで、ロードカナロアやカレンチャンを破る大金星を挙げた。メジャーエンブレムやチューリップ賞組が強いのは重々承知だが、アッラサルーテには一つでも上の着順を期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line