TOP > JRA競馬場/WINS > 8人目の女性騎手になる!芳賀天南さんJRA競馬学校へ入学!
JRA競馬場/WINS

8人目の女性騎手になる!芳賀天南さんJRA競馬学校へ入学!

2016年3月、16年ぶりに日本中央競馬会(JRA)から7人目の女性騎手、藤田菜七子さんが誕生。菜七子フィーバーに湧く競馬界に4月、13人目の女性騎手候補生、芳賀天南(かな)さんがJRA競馬学校に入学した。さらに盛り上がりに拍車がかかりそうな競馬界。
第35期生のメンバーと共に、芳賀天南さんについてまとめた。
馬キュレ

応募者116人の中の8人に今年も女性が!芳賀天南さん

35期生には岩田康誠騎手や斎藤誠調教師を父に持つ二世の姿も
inyofu 岩田望来(いわた・みらい)滋賀県出身
大塚海渡(おおつか・かいと)茨城県出身
小林凌大(こばやし・りょうた)茨城県出身
亀田温心(かめだ・はーと)京都府出身
齋藤新(さいとう・あらた)茨城県出身
菅原明良(すがわら・あきら)千葉県出身
團野大成(だんの・たいせい)滋賀県出身
☆芳賀天南(はが・かな)福島県出身

※…五十音順。☆は女性

福島県須賀川市出身の芳賀天南さん

inyofu 宮城県の乗馬クラブで騎乗したことがきっかけで騎手を目指した。昨年行われた試験では応募者116人の狭き門をくぐり抜けた。身長は145センチほどと小柄だが、須賀川市の西袋中時代に、バスケットボールや陸上に打ち込むなど運動神経は抜群という。
千葉県成田市にあるインターアクションホースマンスクールの夏期合宿に参加しJRA競馬学校騎手課程1次試験合格、週末、福島県から通ったり寮生活をしながら平成28年度JRA競馬学校騎手課程に合格した。

故郷、福島の復興のためにも

inyofu 「私の家も半壊近くになった。震災で心に傷を負った福島の人たちに、夢や希望を届けられる騎手になりたい」。
inyofu 「両親や仲間に励ましてもらった。今度は福島の方たちに勇気や夢を与えられるような騎手を目指して3年間頑張りたい」
競馬を通じて復興に役立ちたいと競馬の道へ。目標は同郷の田辺騎手という。2019年3月にも芳賀フィーバーが起こることを期待したい。

3年後には藤田菜七子騎手と

inyofu 「意識する先輩です。すごく注目されているのに笑顔で頑張っているのはすごいと思う。3年後にレースで一緒に騎乗できたらうれしい」
inyofu 藤田騎手も「芳賀さんはかっこいい女の子。自分に続く人がいるのはうれしい。一緒に乗れるのを楽しみにしている」とエールを送る。
面識があるという2人。3年後には女性騎手が2人いるレースも見られるかもしれない。楽しみである。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line