TOP > コラム > 「覆面馬主の真実」【第58話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~
コラム

「覆面馬主の真実」【第58話】~リアルタイム進行型・競馬狂小説~

覆面馬主の真実
超大穴が、イングランドの地で出現しようとしている。
その舞台は、プレミアリーグ。

超大穴の主役は、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターだ!

昨年は残留争いに終始したチームが突如として大変身。今季は序盤から白星を重ね、イギリス中を大いに熱狂させている。

田舎の小さなクラブが、プレミア制覇という、まさに奇跡のような出来事が起きようとしているのだ。

そして、面白いのは、ここから。

英国といえばブックメーカーの国。サッカーは、大きな賭けの対象だが、このレスターが優勝すると、とんでもない超大穴なのだ。

ほとんどのブックメーカーで、レスターの開幕当時のオッズは5000倍だった。
単勝5000倍!だぜ!
競馬でもあり得ないこのオッズ、持ってる人は、とんでもなく興奮しているい違いない。
なにせ、1万円買ってたら、5000万円になるわけだから。

レスターが優勝した場合、英国のブックメーカーが支払う総額は1400万ドル(約16億1000万円)にも上るという試算が出ている。
そもそも他のスポーツで優勝オッズに5000倍がつくということは過去にもない。
せいぜい100倍がいいところだろう。
実際どんなビリ人気でも、5000倍は見たことないな。

どんなギャンブルでも、人気を買う人と、人気薄を買う人がいる。
これは、必ずや分かれるから不思議だ。

株も、大きく下がったところで、また下がるだろうと思い「売る」人と、反発するだろうと「買う」人がいる。 競馬でも、人気が下がったところで、単勝を勝負する人がいる(オレとか7号)一方で、人気になってるガチガチの本命にガツンといきたい人(4号とか9号)がいる。
まあ、スタイルは人ぞれぞれなんだけど、常に人気の馬を買うようでは、競馬の面白さは堪能出来ない。必ずどこかで穴を開けると信じて買い続けるような人がオレは好きだ。
そういう信念が、超大穴を引き当てるから。

レスターの優勝、5000倍に張った人は、ずっとずっとこの日を夢見て張り続けてきた人に違いない。
そんな大穴ラヴァーを、心から祝福したいな、と思う今日この頃だ。

が、まだ、終わっていないから、ここからレスターのラストスパートを祈るばかりだ!

つづく。





↓うまヨミの登録はこちらから↓

うまヨミの登録ページ
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line