TOP > 予想/馬券 > 最終追い切り情報&タイムまとめ【第34回ニュージーランドT】
予想/馬券

最終追い切り情報&タイムまとめ【第34回ニュージーランドT】

2016年4月9日(土)に行われる中山競馬場のメーンレース【第34回ニュージーランドトロフィー】今回も有力馬中心に追い切り情報やタイム等をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 2枠3番 アストラエンブレム

inyofu アストラエンブレムはWコースでプロレタリアト(5歳1600万)との併せ馬。3馬身後方から馬なりのまま内を突いて併入に持ち込んだ。 小島茂師は「落ち着きがあるし、動きもいい。前走(500万1着)は逃げたが、今回は我慢する調教をしている。先行馬が多いし、好位置で我慢できるはず」と語る。

1枠2番 レインボーライン

inyofu レインボーラインはここで堂々の主役。この日は予定通りの軽めで58秒3の登坂にとどめているが、日曜の坂路51秒2は着目すべき。 浅見助手は「重賞を勝ったことで走る気が出てきた。以前は坂路で時計が出なかったのに、勝ってからは調教も好時計で動くようになっているしね」と変化を挙げている。

3枠5番 ダンツプリウス

inyofu ダンツプリウス(牡、山内)は坂路で4ハロン52秒8-12秒7。1週前追いでも51秒9-12秒8の好タイムをマークしただけに山内師は「今回は流す程度で十分だったんだけど・・・。ちょっと時計が出すぎた感があるね」。

5枠9番 サーブルオール

inyofu サーブルオール(牡、萩原)はブレイクザポケット(古馬500万)を3馬身後ろから追走。直線内からいっぱいに追われると、一気に5馬身突き放した。 萩原師は「中間も変わりない状態で、追い切りの動きも良かった。前走内容からマイルの距離は合うので、重賞でも健闘してほしい」

7枠14番 ボールライトニング

inyofu ボールライトニングは坂路で単走。1週前に蛯名騎乗でラスト1ハロン11・6秒をマーク。この日はゴール前で気合をつける程度も反応は上々だ(4ハロン52・7―12・2秒)。 宮本調教師「前回(アーリントンC=8着)は外へ出せていればもっと際どかった。馬体が締まって動きは良くなっているので巻き返してほしい」

6枠11番 ハレルヤボーイ

inyofu ハレルヤボーイは南ウッドで併せ馬。半馬身ほど先行し、直線では内へ進路を取る。最後まで馬なりもゆったりと落ち着いた走りで併入した(5ハロン66・8―37・3―12・7秒)。 高木助手「前回(スプリングS=8着)はリラックスして走れたが、思いのほか伸びなかった。できれば間隔を取ったほうがいいタイプですが、頑張ってほしいですね」

その他出走馬追って一言

inyofu ◆カープストリーマー・清水久師 「前走後も変わりない。先週、しっかりと負荷をかけたし、状態はいい」

◆キャプテンペリー・岩戸師 「動きはよかった。立ち回りが上手だし、流れ次第ではチャンス」

◆ジュンザワールド・勢司師 「前走の黄梅賞は着差(3馬身1/4)ほど負けていない。うまく流れに乗って走れれば…」

◆ショウナンライズ・上原師 「前走は道悪で競馬にならなかった。千六は守備範囲だし、良馬場なら」

◆マディディ・安田助手 「中間も順調。体に張りが出てきました。少し時計のかかる決着が理想」

◆モンスターキング・石川騎手 「(火曜の追い切りは)軽いフットワークでいい動き。スムーズなら芝でもやれそう」

◆モーゼス・大江原師 「顎を引く感じで走法が変わってきた。思い切った乗り方をしてもらいたい」

最終追い切りタイム一覧

inyofu アストラエンブレム 牡3 56 *田辺裕信 06日南w稍:68.2-53.2-38.1-12.8:馬也

エクラミレネール 牝3 54 *北村宏司 06日南w稍:71.3-54.9-39.3-12.9:馬也

カープストリーマー 牡3 56 *岩田康誠 06日栗坂良:53.7-39.6-12.6:強め

キャプテンペリー 牡3 56 大野拓弥 06日南w稍:66.1-51.6-38.0-12.1:強め

サーブルオール 牡3 56 *柴山雄一 06日南w稍:82.3-66.7-51.9-38.6-12.9:一杯

ジュンザワールド 牡3 56 *田中勝春 06日南w稍:65.8-51.0-37.3-12.3:馬也

ショウナンライズ 牡3 56 *横山典弘 06日南w稍:64.2-50.3-37.4-12.7:一杯

ストーミーシー 牡3 56 江田照男 06日美坂良:55.8-40.6-13.3:馬也

ダノンスパーク 牡3 56 *石橋脩 06日栗坂良:52.5-38.4-13.3:一杯

ダンツプリウス 牡3 56 丸山元気 06日栗坂良:52.8-38.2-12.7:一杯

ハレルヤボーイ 牡3 56 吉田豊 06日南w稍:67.0-52.2-37.8-12.4:馬也

ボールライトニング 牡3 56 *蛯名正義 06日栗坂良:52.7-38.2-12.2:一杯

マディディ 牡3 56 *三浦皇成 06日栗C稍:80.1-65.2-51.0-37.7-12.6:一杯

マテラアリオン 牡3 56 *松岡正海 06日栗坂良:51.2-37.5-12.5:一杯

モンスターキング 牡3 56 *石川裕紀 05日美坂良:53.8-39.8-12.8:馬也

レインボーライン 牡3 56 *内田博幸 06日栗坂良:58.3-42.6-12.6:馬也

うまキュレ班のおススメ好調教馬は
◎レインボーライン
ボールライトニング
 アストラエンブレム
 ハレルヤボーイ

特にレインボーラインは、流し程度のタイムだが、日曜日に最終追い切りを済ますというのが浅見厩舎の特徴なので心配ない。今回は51.2-37.3-12.7と前走アーリントンカップ優勝時より時計を詰めてきたので期待できそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line