TOP > 競走馬 > 「アドマイヤリード」昨年の勢いは戻ってくるのか!?春の女王に期待高まる!【阪神牝馬S】
競走馬

「アドマイヤリード」昨年の勢いは戻ってくるのか!?春の女王に期待高まる!【阪神牝馬S】

鋭く伸びる強烈な差し脚が武器のアドマイヤリードが阪神牝馬Sに出走する。昨年は条件戦を連勝し、阪神牝馬ステークス2着後のヴィクトリアマイルでは並み居る強豪馬を抑え切って初重賞制覇がGIという偉業を成し遂げた。その後はパッとした活躍はないものの、ヴィクトリアマイル連覇に向けて調子を取り戻したい、そんなアドマイヤリードについてまとめてみた。
アドマイヤリード

【2017年阪神牝馬S】重馬場をものともせずに末脚を発揮し2着

大外枠からの発走であったが、スタート後すぐに下げて内につけての競馬を選択。馬場は雨でかなり重くなっていたが、それを苦にせずに道中を進めて直線に向かう。直線では内の空いたスペースから一気に伸びて一瞬は先頭に立ったかに見えたが、外から伸びてきたミッキークイーンにゴール前交わされて2着となった。
動画を見る
inyofu 2着 アドマイヤリード(C・ルメール騎手) 「いい状態でした。このいいメンバー相手での2着。内も上手くスペースがあいて、頑張ってくれました。こういう馬場も大丈夫です」

【府中牝馬S】上がり最速の脚を使うも3着...

各馬ばらついたスタートから、後方馬群のインコースでじっと我慢の競馬。前半1000m通過は1分01秒9と稍重の馬場を考慮しても遅いペースで流れ、直線では各馬横に広がっての追い比べでなかなか外に出すことができず、残り200mで前が開いて追い上げるも3着が精一杯であった。
動画を見る
inyofu 3着 アドマイヤリード(戸崎圭太騎手) 「本当はもう少し前でレースがしたかったのですが、位置取りが後ろになってしまいました。それでも、最後の脚は素晴らしかったです」

【東京新聞杯】休み明けが響いたのか大敗を喫する

最内枠からのスタートで中団の後ろあたりの位置取りでレースを進め、直線では馬群が密集して空いたスペースを探すように外に出そうとするが、手応えが悪くスペース争いに敗れ、ワンテンポ遅れた追い出しになり12着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 12着 アドマイヤリード(藤岡康太騎手) 「この馬のリズムで運べましたし、直線も勝ち馬の後ろでいい感じでしたが、追い出してからいつものこの馬の反応がありませんでした。久々の影響もあったのかもしれません。使ったことで、次は良くなると思います」

【阪神牝馬S】直前情報! 調子の良さをアピール

inyofu 12着に終わった東京新聞杯からの巻き返しを狙うアドマイヤリードは、坂路1本の調整。陣営は状態の良さに太鼓判を押した。
inyofu 小島助手「今回は早めに帰厩させたので、攻め馬の動きからして違いますね」
inyofu 須貝調教師「前走はアイシールド(目を保護する馬具)と西日を気にしていた。金曜が雨予報だけど、昨年(2着)は重馬場をこなしていたので問題ないし、今回は見直したいね」

阪神牝馬Sの傾向!伏兵馬にも注意!

inyofu 過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、優勝馬延べ10頭のうち7頭は単勝オッズ10倍未満だった。「10.0~14.9倍」からは優勝馬こそ出ていないが、2着に4頭が入っている。また、3着馬10頭のうち6頭が「10.0~29.9倍」の範囲から出ている点にも注目したい。なお、「30倍以上」の延べ72頭中、3着以内に入ったのは2012年1着のクィーンズバーンだけとなっている。

昨年とは違い連勝の勢いはないものの、今年はGI馬としての誇りを持ってレースに挑むことになるのでこの馬にとっては1戦1戦が緊張感のあるものとなる。今回は新コンビのM・デムーロ騎手に替わって、これまでの切れ味を活かすのか、それとも新たな競馬を試みるのか、このあたりに注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line