TOP > 競走馬 > 「アドマイヤリード」直線の長い東京マイルは合う!溜めて末脚を見せる【ヴィクトリアマイル】
競走馬

「アドマイヤリード」直線の長い東京マイルは合う!溜めて末脚を見せる【ヴィクトリアマイル】

鋭く伸びる強烈な差し脚が武器のアドマイヤリードがヴィクトリアマイルに出走する。3歳時は重賞ではやや足らないような印象であったが、4歳になった今年は条件戦を連勝し、前走の阪神牝馬ステークスでは上り1位の脚を使い2着に入った。東京での競馬は昨年のオークス以来だが、昨年よりも成長して挑む今回の大舞台では上位争いに加わることも十分に可能だろう。そんなアドマイヤリードについてまとめてみた。
アドマイヤリード

【北大路特別】直線で一気に差し切り勝利!

2戦連続で惜しい2着が続いていた中でのレース。外に膨れつつスタートを切るも、すぐに馬群につけて、道中は中団の位置からレースを進める。直線で外に持ち出して追い出しにかかると、先に抜け出していた馬を猛烈な勢いで差し切り見事勝利した。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤリード(福永騎手) 「スタートを普通に出て、折り合いをつけて終いを伸ばそうと思っていました。今日の馬場の傾向から、外差しがきく状態ではない中で差し切れたのは評価出来ます。今後、重賞でも楽しみになると思います。決め手はすごいです」

【飛鳥S】3馬身差つけて完勝!

この日もスタートから無茶はさせずに最後方からの競馬を選択する。3、4コーナーで前との差を徐々に詰めて直線に入ると、強烈な末脚を発揮。鞍上の鞭にしっかりと反応し、一瞬にして前を行く馬たちを差し切ると後続を3馬身ほど突き放して1着で入線した。
動画を見る
inyofu 1着 アドマイヤリード(武幸騎手) 「力が抜けています。乗りやすいです。今日は強いレースでした」

【阪神牝馬S】重馬場をものともせずに末脚を発揮し2着

大外枠からの発走であったが、スタート後すぐに下げて内につけての競馬を選択。馬場は雨でかなり重くなっていたが、それを苦にせずに道中を進めて直線に向かう。直線では内の空いたスペースから一気に伸びて一瞬は先頭に立ったかに見えたが、外から伸びてきたミッキークイーンにゴール前交わされて2着となった。
動画を見る
inyofu 2着 アドマイヤリード(C・ルメール騎手) 「いい状態でした。このいいメンバー相手での2着。内も上手くスペースがあいて、頑張ってくれました。こういう馬場も大丈夫です」

【ヴィクトリアマイル】最終追い切り情報 鋭く伸びて好反応!

アドマイヤリードは11日、栗東坂路で最終追い切りを行った。
inyofu サンスポ杯阪神牝馬S2着のアドマイヤリードは、坂路で4ハロン53秒4-12秒7。道中は前に壁を作って運び、最後は鋭く駆け上がった。2週連続で騎乗したルメール騎手は「馬の後ろで我慢して、ラスト100メートルだけ伸ばした。反応はとても良かった」と好感触。

【ヴィクトリアマイルの傾向】前走2着以下はタイム差に注目

アドマイヤリードは前走惜しくも2着に敗れたが、ヴィクトリアマイルでは前走2着以下の馬は1着馬とのタイム差に注目してみるといいだろう。過去10年では、前走2着以下の馬の成績は【9-8-7-119】、3着内率16.8%と悪くない成績だが、さらに1着馬とのタイム差で見てみると、勝率では「0秒3~0秒9」組が8.2%でトップとなっている。アドマイヤリードもここに該当しており、今年もここから優勝馬が出るか注目だ。
inyofu 次に、前走で「2着以下」に敗れていた馬143頭について、そのレースでの勝ち馬とのタイム差別に成績をまとめると、前走が国内のレースだった馬の中では、勝率で「0秒3~0秒9」組がトップ、連対率で「1秒0以上」組がトップとなっている。

父がステイゴールドなだけに3歳時のうちは高い素質が開花しきれなかったが、4歳になった今、走り振りからも好調さを窺うことができる。また、父譲りの勝負根性も備えており、東京の長い直線でも最後まで走り切ってくれるだろう。ハイレベル世代の牝馬の一頭として、約一年振りのGⅠの舞台での好走に期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line