TOP > 競走馬 > 「メイショウバーズ」追われた瞬間の伸び脚は健在!【2016年桜花賞】
競走馬

「メイショウバーズ」追われた瞬間の伸び脚は健在!【2016年桜花賞】

アネモネSで桜花賞の権利取りに失敗したメイショウバーズだったが、幸運にも抽選を突破し今回の出走にこぎつけた。ダートで勝ちあがった次の芝のレースで、後にフィリーズレビューを制するソルヴェイグに抑え見事勝利しているように決して能力が低いわけではない。スムーズな競馬で少しでも上の着順を目指したいメイショウバーズについてまとめてみた。
馬キュレ

【3歳未勝利】好スタートからそのまま押し切って初勝利!

好スタートから押して先頭に立ったメイショウバーズ。コーナーワークでリードを広げると、後続をぐんぐん引き離す。最後は2着馬に3馬身差をつける完勝だった。
動画を見る
inyofu 「まずはホッとしました。本田優先生は馬を用意してくれた上にお見舞いにも来て下さったので、恩返しが出来て良かったです。逃げる形で馬は余裕がありましたが、人は一杯一杯でした。パドックでもたくさん声をかけていただいて、思ったより落ち着いて乗れました。本当に戻ってこられて良かったです。ここから早く感覚を戻していけるように頑張ります」

【3歳500万下】意欲の連闘策で連勝!

連闘で初の芝のレースに挑んだメイショウバーズ。この日は3番手に付けてレースを進めると、残り200m付近で先頭に立つ。最後まで脚色は鈍らず追ってきたナタリーバローズ・タガノヴィアーレらを退け2勝目を挙げた。
動画を見る
inyofu 1着 メイショウバーズ(藤岡佑騎手) 「先週は逃げ切りでしたが、今日は初芝で、様子を見るような感じでした。追って味があります。初芝としてはいい内容で、選択肢が広がります」

【アネモネS】4角手前で手応えなくなり9着…

好スタートから中段真ん中を追走したメイショウバーズ。4コーナー手前で手応えが悪くなると、直線は流れ込む形で9着。思うような走りができなかった。
動画を見る

【桜花賞】追い切り情報 状態キープ!

inyofu 4月6日(水)栗東 坂路(良)【53.7-39.3-25.6-12.9】
3頭併せ内末強め1頭1馬身1頭2馬身程先着。コース6分程を回っているのでそこまで時計は意識しなくていいかと思います。ただ、これはいつものこと。状態は前走をキープ出来ていると思います。追われた瞬間の伸び脚はここでも健在と言えるでしょう。
古川助手のコメントはこちら↓
inyofu 「まだ少しソエを気にする面はあるが、動きはまずまず」

大外18番枠からのスタートになるが、桜花賞は外枠有利の傾向の強いレースなだけにむしろプラスに捉えたい。楽に先行できるようであれば、思わず激走があっても驚けない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line