TOP > 競走馬 > 「ジープルメリア」状態よし!能力の底はまだ見せていない【2016年桜花賞】
競走馬

「ジープルメリア」状態よし!能力の底はまだ見せていない【2016年桜花賞】

前走の500万のダートのレースはハナに立つ強気な競馬で牡馬を完封し、2勝目を挙げたジープルメリア。見事抽選を突破し桜花賞に駒を進めてきたが、どんな走りを見せてくれるだろうか?ジープルメリアについてまとめてみた。
馬キュレ

【新馬戦】ゴール寸前で差し切りV!

デビュー戦では5番人気に支持されたジープルメリア。ミスズスターがマイペースに持ち込んで直線に入ったが、ゴール寸前で一気に差し馬が台頭する。キャンディバローズが末脚を伸ばしたところに、さらにその外からジープルメリアが襲いかかり、最後はクビ差、ジープルメリアが先着した。
動画を見る
加藤騎手のコメントはこちら↓
inyofu 「スタートは良くなかったので、道中は内々で我慢。最後は他馬と違う脚を使ってくれました。これから先が楽しみです」

【りんどう賞】切れ味見られず5着

最内1番枠からスタートしたジープルメリア。8番手あたりを追走して最後の直線へ。途中窮屈になるシーンがあり、前残りの流れも影響して5着に敗れた。
動画を見る

【3歳500万下】先手を取って逃げ切りV!

絶好のスタートを切ると、二の足の速さを活かし逃げる競馬をしたジープルメリア。手応えよく直線に向くと追いすがるアポロテキサスやストリクスを振り切り先頭でゴールした。
動画を見る
松田騎手のコメントはこちら↓
inyofu 1着 ジープルメリア(松田大作騎手) 「外枠でしたし、行く馬がいれば行かせてもいいと思っていましたが、スタートがとても速かったので行きました。『ついてこい』というぐらいの気持ちで乗っていました。精神的にまだ本物ではなく、さらによくなりそうです。それで押し切るのですから、スピードも力もあります」

【桜花賞】追い切り情報 まずまずの状態!

inyofu 4月6日(水)栗東 坂路(良)【53.4-38.4-24.9-12.5】
単走強め。馬具が落ちているように見える場所で避ける仕草などがありましたので評価難しいですが、それでも最後は時計を出しているのでそこまで気になる内容でもないのかなとは思います。芝でどこまで。

ファンタジーS1着、フィリーズレビュー3着のキャンディバローズを新馬戦で負かしているジープルメリア。その内容も後方から豪快に差し切る非凡な内容だった。未知の魅力にあふれるジープルメリアが、桜花賞で台風の目となる。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line