TOP > 競走馬 > 「プロフェット」精神面も状態も春から成長!【セントライト記念】
競走馬

「プロフェット」精神面も状態も春から成長!【セントライト記念】

ハービンジャー産駒のプロフェットは、京成杯で重賞制覇を挙げてから直行で皐月賞に挑み11着。その後の日本ダービーではスピード勝負に苦しみ大敗し、仕切り直されてセントライト記念に挑む。長く良い脚が持ち味のプロフェットについてまとめてみた。
プロフェット

【京成杯】好位から差し切り重賞初制覇!

4番枠を生かして道中は4,5番手につける。直線で馬場の三分どころから一気に突き抜け勝利。1着から3着までキャロットファーム所有馬が独占した。
動画を見る
inyofu 1着 プロフェット(S.フォーリー騎手) 「勝てたことは嬉しいです。池江先生がいい馬に乗せてくれたことが大きいです。スローペースは予想通りで、いい位置につけたかったのですが、うまくいきました。非常に乗りやすい馬で、頭もいい馬です。皐月賞とは同じ舞台ですが、馬もまだ成長していくのでもっとよくなっていくと思います。チャンスはあると思います」
inyofu (池江泰寿調教師) 「年を重ねて、競馬が上手になってきています。状態が戻ってきたことが大きいです。次走は未定ですが、皐月賞の前に一回使うか直行になるか、相談をして決めたいと思います」

【皐月賞】伸びを欠いて大敗…

京成杯快勝後、3ヵ月休養し直行で出走した皐月賞。終始後方のインに潜り込み、直線でもがら空きのインを突いたが全く弾けず11着に終わった。
動画を見る
inyofu 11着プロフェット(戸崎)内々で運んだが最後は馬場が緩いのを気にしていた。

【日本ダービー】果敢に先行するも失速…

17番枠から果敢に2番手に位置取る。淀みないペースが刻まれるなか、プロフェットは勝負所から手応えが怪しくなっていく。直線では後続に飲み込まれてしまい17着に入線した。
動画を見る
inyofu 17着プロフェット(浜中)切れるタイプではないので前へ。リズムに乗って走ったが最後は疲れた。

【セントライト記念】負荷をかける調教ができた! 追い切り情報

inyofu 京成杯の勝ち馬でダービー17着プロフェット(池江、牡)は、CWコースの3頭併せ。キビキビした動きで6ハロン81秒5-12秒1をマークした。「しっかり負荷をかけられて、いい調教ができた。体質的にも精神的にも少し成長した」と池江調教師。

今回は新たに石橋脩騎手とコンビを組む。京成杯のようなスローの縦長の展開になれば、粘り腰を発揮して上位食い込みがあっても驚けない。重賞初制覇を遂げた相性の良い舞台で、復活の白星を目指す。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line