TOP > レース > サトノダイヤモンドは絶対の存在ではない!史上最高のメンバーが出揃った!第76回【皐月賞】
レース

サトノダイヤモンドは絶対の存在ではない!史上最高のメンバーが出揃った!第76回【皐月賞】

2016年4月17日(日)に中山競馬場で行われる芝2000メートルのGIレース、第76回【皐月賞】
言わずと知れたクラシック三冠の出発点であるこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【皐月賞】歴史

inyofu 5大クラシックレース(桜花賞・皐月賞・オークス・日本ダービー・菊花賞)の第二弾・皐月賞は、イギリスのクラシックレースである2000ギニー(距離1マイル:約1609m)に範をとった競走で、最もスピードのある優秀な繁殖馬の選定のためのチャンピオンレースである。そのため、出走資格は3歳の牡馬と牝馬に限られ、せん馬(去勢された馬)は出走できない。
inyofu 本競走の前身は、1939年から横浜競馬場・芝1850mを舞台に行われていた『横浜農林省賞典4歳呼馬競走』である。太平洋戦争の激化により横浜競馬場が海軍に徴用されたため、1943年と1944年は東京競馬場・芝1800mで行われた。1947年より距離が2000mに延長された後、1949年に中山競馬場・芝1950mへ舞台を移したのを機に、名称を現在の『皐月賞』に改称、翌1950年には距離が芝2000mに戻されて現在に至っている。なお、レース名の『皐月』とは、旧暦の5月を指す。『皐月賞』に改称された当時は5月の上旬に行われていたが、1952年より4月に繰り上げられている。
70年を超える歴史の中でクラシック三冠を制したのは、セントライト、シンザン、ミスターシービー、シンボリルドルフ、ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴルの7頭のみである。今年はサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズなど、三冠馬になれる素質を秘めた馬が多く出走している。
また、1991年から1~4着馬に日本ダービーへの優先出走権が与えられる。

2015年【皐月賞】

動画を見る
昨年の皐月賞では、3番人気ドゥラメンテが後のGI馬リアルスティールやキタサンブラックを退け、一冠目を制した。

【皐月賞】レース傾向

inyofu 伏兵馬に要注意
過去10年の単勝オッズ別成績を調べると、「2.9倍以下」の支持を集めた馬は5頭いたものの、1着と2着が各1頭といまひとつ。それに対し、「3.0~4.9倍」の馬が3着内率81.8%とかなりの好成績を残している。また、「10.0~19.9倍」の馬が4勝を挙げるなど健闘しているほか、好走率は低いものの「30.0倍以上」から2着馬が3頭出ており、伏兵馬が好走するケースも少なくない。
inyofu 前走で好走していた馬が中心
過去10年の前走の着順別成績を調べると、前走で好走していた馬が皐月賞でも好結果を出すケースが多く、皐月賞優勝馬10頭のうち8頭は前走でも勝利していた。また、前走「2着」から皐月賞で3着以内に入った6頭には、デビュー以降一度も5着以下に敗れたことがなかったという共通点がある。さらに、前走「6~9着」から巻き返して3着以内に入った3頭には、重賞を優勝した実績があった。
inyofu 前走のレース別成績にも注目
過去10年の前走のレース別成績を調べると、3着以内馬30頭中29頭は前走で「共同通信杯」、「弥生賞」、「スプリングS」、「若葉S」に出走していた。それ以外のレースから臨んで好走したのは、2010年の3着馬エイシンフラッシュ(前走・京成杯1着)だけだ。
inyofu 初勝利の距離と、その直後のレースの着順に注目
過去10年の皐月賞では、「初勝利を挙げたレースが1800m以上、かつその直後のレースで3着以内に入っていた」という馬が、東京競馬場で行われた2011年を除き毎年連対している。その該当馬の中で、2012年の優勝馬ゴールドシップを除くすべての馬が、初勝利直後に4大場(中山、東京、京都、阪神)のレースに出走していた点も書き添えておきたい。
inyofu 最内枠で勝利したことがある馬が3連覇中
皐月賞では、「1枠1番で勝ったことがある」という馬が3年連続で優勝している。今年も最内枠で優勝した経験のある馬が出走してきたら、マークしておくことをおすすめしたい。
皐月賞のレース傾向では【単勝オッズ4.9倍以下】【前走で勝利】【前走が「共同通信杯」「弥生賞」「スプリングS」「若葉S」】【初勝利を挙げたレースが1800m以上、かつその直後のレースで3着以内に入っていた】【初勝利直後のレースが4大場(中山、東京、京都、阪神)だった】【1枠1番で勝ったことがある】競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

第76回【皐月賞】登録馬

inyofu 優先出走馬
マカヒキ 57 川田将雅
リオンディーズ 57 M・デムーロ
エアスピネル 57 武豊
マウントロブソン 57 T・ベリー
ロードクエスト 57 池添謙一
アドマイヤダイオウ 57 福永祐一
ナムラシングン 57 田辺裕信

以下賞金順
プロフェット 57 北村宏司
サトノダイヤモンド 57 C・ルメール
ディーマジェスティ 57 蛯名正義
ドレッドノータス 57 藤岡佑介
ジョルジュサンク 57 吉田隼人
アドマイヤモラール 57 内田博幸
リスペクトアース 57 石川裕紀人
サイモンゼーレ 57 未定
ミライヘノツバサ 57 未定

以下抽選対象馬(6頭中2頭が出走可能)
ウムブルフ 57 未定
トーアライジン 57 未定
ミッキーロケット 57 横山典弘
ユニゾンデライト 57 未定
ラグルーラ 57 未定
ワイルドゲーム 57 未定
フルゲート18頭に対して22頭が登録された今年の皐月賞。注目は何といってもサトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3強だ。

第76回【皐月賞】予想オッズ

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 リオンディーズ 2.4
2 マカヒキ 2.8
3 サトノダイヤモンド 3.3
4 エアスピネル 12.5
5 マウントロブソン 21.7
6 ロードクエスト 23.3
7 ディーマジェスティ 23.4
8 アドマイヤダイオウ 34.9
9 ナムラシングン 88.8
10 ドレッドノータス 207.5
11 プロフェット 225.8
12 ミライヘノツバサ 239.9
13 ジョルジュサンク 374.5
14 ウムブルフ 438.7
上記の3強に人気が集中しており、先週行われた桜花賞(メジャーエンブレム、シンハライト、ジュエラー)のオッズを彷彿とさせる。しかし、桜花賞でも圧倒的1番人気メジャーエンブレムが馬券圏外に敗れたように、サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズと言えど過信は禁物だろう。

第76回【皐月賞】有力馬は!?

【単勝オッズ4.9倍以下】【前走が「弥生賞」】【初勝利を挙げたレースが1800m以上、かつその直後のレースで3着以内に入っていた】【初勝利直後のレースが4大場(中山、東京、京都、阪神)だった】リオンディーズ
inyofu 父は数々のトップホースを輩出し、母は2005年に日米のオークスを優勝した名牝。半兄にエピファネイア(父シンボリクリスエス、2014年ジャパンカップ優勝など)がいる良血馬だ。昨年の2歳チャンピオンが、クラシック三冠の一冠目を目指す。


【単勝オッズ4.9倍以下】【前走で勝利】【前走が「弥生賞」】【初勝利を挙げたレースが1800m以上、かつその直後のレースで3着以内に入っていた】【初勝利直後のレースが4大場(中山、東京、京都、阪神)だった】マカヒキ
inyofu オープン特別・若駒S(京都・芝2000m)→弥生賞を勝って皐月賞に臨むローテーションは、2005年の三冠馬である父と同じで、走るフォームも“飛んでいる”と形容された父にそっくり。クラシック三冠制覇に向けて、負けられない一戦だ。


【単勝オッズ4.9倍以下】【前走で勝利】【初勝利を挙げたレースが1800m以上、かつその直後のレースで3着以内に入っていた】【初勝利直後のレースが4大場(中山、東京、京都、阪神)だった】サトノダイヤモンド
inyofu 母はアルゼンチンのG1 を3勝した馬で、血統背景は優秀。前走のきさらぎ賞を制して無傷の3連勝で重賞初制覇を飾った本馬も、スケールの大きさは折り紙付きだ。



2016年4月17日(日)に中山競馬場で行われる芝2000メートルのGIレース、第76回【皐月賞】。 
現状では2歳王者リオンディーズが1番人気となっているが、出走直前まで上位3頭による人気争いは続くと思われる。
だが、リオンディーズが1番人気となっている理由は考える必要がありそうだ。
思うに、不安要素が一番少ない馬がリオンディーズなのだろう。
2番人気マカヒキの不安要素はルメール騎手から川田将雅騎手への乗り替わりだ。
デビュー戦はデムーロ騎手、2~3戦目はルメール騎手と乗り替わりは経験済みだが、実力伯仲の相手であれば、わずかな不安要素でも勝敗を分けるだろう。
また、3番人気サトノダイヤモンドの最大の不安要素はローテーションと言える。
過去10年の3着以内馬30頭中29頭は、前走が「共同通信杯」「弥生賞」「スプリングS」「若葉S」にいずれかである。
それ以外のレースから臨んで好走したのは、2010年の3着馬エイシンフラッシュ(前走・京成杯1着)のみ。
つまり、過去10年で前走きさらぎ賞組は1頭たりとも入賞を果たしていないのだ。
サトノダイヤモンドならば大丈夫、と太鼓判を押す人ももちろん居るだろうが、先週の桜花賞を思い出して欲しい。
「前走クイーンカップ組は桜花賞では好走できない」というデータがありながらも、メジャーエンブレムなら大丈夫と思っていた競馬ファンは大勢おり、圧倒的1番人気に推された。
しかし結果は4着と振るわないものとなり、競馬に絶対は無いということを改めて実感した。
データを重視するならばサトノダイヤモンドも絶対視は出来ない、現状3番人気という状況は不安の表れかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line