TOP > 競走馬 > 「ナムラシングン」ポテンシャル高い!横に並ぶと火がつく!【2016年皐月賞】
競走馬

「ナムラシングン」ポテンシャル高い!横に並ぶと火がつく!【2016年皐月賞】

これまで6戦を戦って1度しか馬券内を外していないナムラシングン。前走は勝ち馬のアドマイヤダイオウにハナ差競り負けたが、3着には8馬身の差をつけているように能力の高さは世代トップクラス。さらにこれまでに負けた相手はドレッドノータスやサトノダイヤモンドと重賞で活躍している馬で、ハイレベルなメンバーが揃った皐月賞でもひけはとらない。そんなナムラシングンについてまとめてみた。
ナムラシングン
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【500万下】直線キレ負け3着

スタートで遅れてしまったが促していくとかかり気味にポジションを上げて先団からレースを進める。直線入り口で前に並びかけに行くも外からサトノダイヤモンドにあっさりとかわされてしまい、結果は3着。
動画を見る
以下はレース後の内田騎手のコメント
inyofu 3着 ナムラシングン(内田博幸騎手) 「スタートをうまく出たので、そのまま前に行かせました。楽なペースで行けて、いい形で併せ馬になればと思いましたが、相手とは瞬発力が違いました。今日は気持ちが入りすぎているところがあって、少しムキになる面がありましたから、その分もあるでしょう。大きな馬ですから、まだこれから変わると思います」

【つばき賞】直線差しきり2勝目ゲット!

まずまずのスタートから控えて中団で脚を溜めてレースを進める。道中はかかるような面を見せながらもいい手応えで直線コースを迎えると、前をきっちり差しきって2勝目をあげた。
動画を見る
以下はレース後の池添騎手のコメント
inyofu 1着 ナムラシングン(池添謙一騎手) 「ペースが遅く、口を割るようなところがありました。僕と馬の我慢勝負という感じでした。でも、そこで我慢できたからこそ、4コーナーにいい手応えで向くことができました。余裕もあるので、まだよくなりそうです。ただ、もう少しイレ込みは改善してほしいですね」

【若葉S】ゴール直前差し返されて2着に惜敗

スタートでメイショウタチオビと馬体がぶつかってしまい後方からレースを進める。3角で一気に捲り上げると直線ではアドマイヤダイオウとの一騎打ち。1度は半馬身ほど前に出たが内から差し返されてしまい惜しくも2着。
動画を見る
以下はレース後の池添騎手のコメント
inyofu 2着 ナムラシングン(池添騎手) 「半馬身くらい前に出たのですが、差し返されました。道中少し掛かり気味のところがありました。その点が今後クリアすべき課題ですね」

【皐月賞】最終追切で2馬身先着!上積みに期待!

inyofu ナムラシングンは田辺を背に坂路でロードフォワード(古馬1600万下)に2馬身先着。パワフルな走りを見せた(4ハロン56・0―12・9秒)。  
管理する高野調教師のコメントはこちら↓
inyofu 「ポテンシャルは高い馬。人とのコンタクトを重視して、いい追い切りができた」と満足そうに話した。

今回は田辺騎手と初コンビとなるが、中山コースは熟知している心強い存在だ。混戦向きのしぶとさがあり、先週の桜花賞では本馬と同じヴィクトワールピサ産駒のジュエラーが勝利しており血の勢いもある。豪華なメンバーが揃ったが力を出し切って馬券内に突っ込んできてもらいたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line