TOP > 競走馬 > 「ミッキーロケット」GIでも好走!最高の仕上げでグランプリ制覇を狙う!【宝塚記念】
競走馬

「ミッキーロケット」GIでも好走!最高の仕上げでグランプリ制覇を狙う!【宝塚記念】

2018年の日経新春杯を制したミッキーロケットが宝塚記念に出走する。昨年は初戦から重賞制覇という良いスタートを切るも、GIでは掲示板に載ることはできなかった。その後も昨年末の中日新聞杯ではトップハンデながら2着に食い込んだものの、今年に入ってからの2戦は結果を残せていなかった。しかし、前走の天皇賞・春では内枠を活かした競馬で僅差の4着に食い込んだ。意地の走りを見せたところで、さらに上の着順を目指す。そんなミッキーロケットについてまとめてみた。
ミッキーロケット

【日経新春杯】トップハンデが応えたのか...

好スタートから内に切れ込んでいって先行していく。1000m通過は1分02秒0とスローペースで、4コーナー手前で押し上げていって直線では懸命に追われるも、前を行く各馬を捕えることはできず4着に終わった。
動画を見る
inyofu 和田騎手(ミッキーロケット=4着)「いいところで流れに乗れた。踏み遅れたくなかったので外へ出していった。最後まで止まってないが、(57・5キロのトップ)ハンデの影響もあったかな」

【京都記念】先行力を活かすも...

重馬場で行われた京都記念。果敢に先行して3番手につけていくと、3,4コーナーでは外からポジションを上げたレイデオロと並んで上がっていって直線へ。内目から先頭に立とうとするも、残り300mで終いの脚が甘くなってしまい7着という結果に終わった。
動画を見る
inyofu 7着 ミッキーロケット(松若騎手) 「レース前に考えていた位置でレースが出来ました。外から他馬が早めに来た分、最後に甘くなりました」

【天皇賞・春】内枠を活かして4着!

1枠1番のスタートから、先行集団を前に見るように内目の7番手あたりを進んでいく。2周目の向正面から展開が動き始めるも、内目でじっと我慢して最終コーナーを回ると、直線では和田竜二騎手の激しいアクションに応えて内を突いてじりじりと脚を伸ばし、レインボーラインと0秒2差の4着に健闘した。
動画を見る
inyofu 和田騎手(ミッキーロケット=4着)「上手に走ってくれたが、最後は同じ脚になった。ロスなく運べれば頑張れる」

【宝塚記念】追い切り 申し分ない仕上がり!

inyofu ミッキーロケットは和田を背に坂路でダンビュライトと併入。2馬身追走して4ハロン50・7―12・3秒の破格時計をマークした。まさに絶好調だ。
inyofu 橋本美助手「動きを見ても仕上がりは申し分ない。多少渋った馬場はこなすけど、力のいる良馬場が理想ですね」

宝塚記念の傾向!前走のレース別成績もチェック

inyofu 過去10年の出走馬の前走のレース別成績をまとめてみると、天皇賞(春)から臨んだ馬が4勝を挙げるなど、前走がGⅠだった馬が好結果を残している。その他では、2011年までの金鯱賞、2012年以降の鳴尾記念といった前哨戦から臨んできた馬の好走が多くなっている。

前走は最高の立ち回りで4着に食い込み、GIでも通用する力がある事は証明できた。今週は雨予報が出されているが、日経新春杯を稍重で制しているように道悪での実績もあり、内枠からスムーズな競馬が出来れば一発逆転も十分にあるだろう。G1ではあと一歩のところまできている和田竜二騎手に久しぶりのビッグタイトルをプレゼントする。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line