TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」マイラーズC
コラム

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」マイラーズC

覆面馬主 データの8号
第47回
マイラーズC(GII)
芝1600m(外)
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝1600m(外)】
4歳上OP

※過去10年のマイラーズCデータ
※マイラーズCは12年に阪神から京都開催へ(過去4年データ)

●傾向

1、配当と人気

平均配当
単勝・1125円
複勝・288円
枠連・3312円
馬連・8160円
馬単・16010円
3複・9260円
3単・70360円

京都に移行して4年間は1番人気(0,1,1)、2番人気(0,0,1)。1番人気は2頭が馬券対象になっていますが、勝ち馬は出ていません。

その一方で…

12年3→6→7番人気の決着
13年5→8→3番人気の決着
14年3→1→2番人気の決着
15年8→5→1番人気の決着

となり、14年を除いて伏兵馬の台頭が著しく、荒れ気味の結果が多くなっています。その結果、単勝平均は四桁、馬連平均8000円台、馬単平均は16000円台と高めの数値が出ています。しかし、3番人気以内の馬が毎年1頭は絡んでおり、3連係は比較的平穏な傾向。バランスよく狙うのが良さそうです。

2、前走条件

過去10年のマイラーズCで、延べ100頭以上が出走している前走重賞組(5,7,9)、延べ30頭以上が出走している前走OP特別組(3,3,0)。複勝率では重賞組19%、OP特別組16%。若干、重賞組がリードしています。一方、前走1600万下組は8頭の出走で馬券対象馬0頭。このデータから前走でオープンクラスに出走していた馬が狙いの対象でしょう。

ただし、過去4年に限定すると、複勝率はOP特別組が21%、重賞組13%となっています。

なお、前走海外組(いずれも香港マイル)は3頭おり、(2,0,1)と全て馬券対象内。これに該当する馬なら積極的に狙えそうです。

3、前走距離

過去10年で10頭以上が出走している距離で、複勝率が最も高いのは前走1800m組30%(4,2,2)、続いて前走1600m組19%(4,6,6)、前走2000m組13%(2,0,0)。一方、前走1400m組9%(0,1,0)、前走1200m組9%(0,0,1)となっています。同距離や距離短縮組が好走傾向です。

ただし、過去4年の傾向では、10頭以上の出走があるのは前走1600m組のみ。また複勝率も1600m組が最も高く20%。過去10年で数値の高い1800m組は、4年間で7頭が出走して馬券対象馬は1頭と数値は下がっています。

4、前走着順

過去10年の傾向

1着~3着(4,5,6)複勝率23%
4着~6着(3,3,2)複勝率25%
7着~9着(0,0,1)複勝率5%
10着以下(3,2,1)複勝率15%

前走6着以内が好成績のデータ。また、前走10着以下から巻き返した6頭は、

有馬記念(スイープトウショウ・5番人気)
フェブラリーS(リーチザクラウン・4番人気)
AJCC(キャプテントゥーレ・1番人気)
ダービー卿CT(トライアンフマーチ・1番人気)
中京記念(コンゴウリキシオー・2番人気)
香港マイル(グランプリボス)

の重賞に出走していた馬。なおかつ、香港マイル組のグランプリボスを除いて、いずれも前走で5番人気以内の支持を集めていました(GIは5番人気以内、他の重賞は2番人気以内)。

なお、過去4年の傾向では、前走2着以内(2,3,3)、前走5着以内(3,4,3)と大半を占めています。また前走6着以下はいずれも香港マイル組。


以上を踏まえ、推奨馬は!

推奨馬
サンライズメジャー
ダノンリバティ
フィエロ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line