TOP > コラム > タンタン単勝メン!【4月16日版】
コラム

タンタン単勝メン!【4月16日版】

タンタン単勝メン
1号「オヤジさん、先週は、デムーロ全部買い、見事にはまったね~!」
オヤジ「ああ、桜花賞もハナ差勝ったしね。」
1号「オレ達さ、毎週、こんな風にノー天気だけどさ、今、日本は、貧富の差が凄い事になってるらしいね。」
オヤジ「子供の6人に1人が貧困だ!ってメディアが大騒ぎしてるけどさ、私は、むしろハングリー精神が養えていいんじゃないかって思ってるよ。私もさ、ちょっと前、この店がうまくいく前は、とてつもなく貧困だったよ。」
1号「へええ、オヤジさんが貧困ってイメージ湧かないね。」
オヤジ「あんたはさ、ちっちゃい頃から裕福だろ、なんかそんな感じするけどさ、私は、30歳過ぎまで、食うのに精一杯だったよ。」
1号「いやいや、オレだって、家は貧乏だったよ。教師の家なんて金ないし、父がギャンブル好きでさ、しかも弱くて、母親はえらく苦労してたよ。」
オヤジ「じゃあ、貧乏育ち同士だね。でもさ、貧乏だとさ、何とかしなきゃ!って工夫するし、どうやったら稼げるか真剣に考えるよね。」
1号「オヤジさんは、貧乏な時代からギャンブルやってたの?」
オヤジ「うん、やってたよ、その頃はさ、10万円を元手にしてさ、複勝の1点勝負をよくやってたね。120円つけば、2万儲かるだろ、そしたら、美味いもんが食える。その1点を決めるのに、何時間もかけてさ。」
1号「そうだよね、昔って気軽に馬券なんて買えなかったよね。」
オヤジ「うん、だから最近はさ、お金に余裕が出来てさ、昔みたいな痺れる勝負ってもう感じないよ。だから、自分が負けたら痛いな、って思う額を張るようになってさ、何だか、バカみたいだよ。」
1号「そうだよね、博奕ってやっぱどうしても金が欲しい時ほど燃えるもんな。」
オヤジ「そう、だから、あんたも私ももはや真の博奕打ちじゃないんだよ。」
1号「そっか、そうだね。オレなんてさ、この間、自分の馬が9番人気で単勝が20倍以上もつくのにさ、昔なら5万、10万買ったはずなのに、1円も買わなかった。そしたら、勝っちゃった。でも馬券買わなかったことに悔しさは感じなかったね。」
オヤジ「何かが大きく変わっちゃったんだよ、あんたも。でも、人気薄で勝つなんて素晴らしいね、その馬。」
1号「うん、次も期待出来るかもね。で、オヤジさん、明日はどうする?買う?」
オヤジ「何かさ、さっき昔を思いだしてたら、複勝の1点を久しぶりに買いたくなった。120円つくような複勝ね。」
1号「ほお、それ面白いね。単勝は買わないの?」
オヤジ「あ、そうか、このコラムは、単勝買うコラムだったね、単勝を1万買って、複勝を49万買おうかな。」
1号「凄い配分だね、分かった、で、どの馬買う?」

と聞いてから、オヤジさんは、かれこれ30分、競馬新聞に目を落としたまま、一言も発さなくなった。
そうか、昔、金がなかった時代の気持ちになって真剣に予想してるんだな、って思い、どこか嬉しい気持ちになった。
そして、ようやく・・

オヤジ「うん、これかな・・。中山の6レース、1番のミエノドリーマーで行こうかな。」
1号「ああ、この馬、いいよね、単勝もあるかもよ。」

ということで、明日は、オヤジさんが昔を偲んで、ミエノドリーマーの単勝1万、複勝49万でいく!

オレも乗ろうかな。

以上。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line