TOP > レース > シャルールの快進撃は止まらない!?第13回【福島牝馬S】
レース

シャルールの快進撃は止まらない!?第13回【福島牝馬S】

2016年4月23日(土)に福島競馬場で行われる芝1800メートルのGIIIレース、第13回【福島牝馬S】。
GIヴィクトリアマイルの前哨戦に位置付けられているこのレースを、レース傾向やレース映像、今年の出走馬の前評判等をまとめてみた。
馬キュレ

【福島牝馬S】歴史

inyofu 本競走は、牝馬競走体系の整備により、2004年に4歳以上の牝馬限定・別定重賞の重賞競走として創設され、福島競馬場・芝1800mを舞台に行われている(2011年は、東日本大震災の影響により新潟競馬場・芝1800mで開催)。
2006年に『ヴィクトリアマイル』が創設されたことにより、前哨戦としての特色が強まった福島牝馬S。2014年からは本競走の優勝馬にヴィクトリアマイルへの優先出走権が与えられている。

2015年【福島牝馬S】

動画を見る
昨年の福島牝馬Sでは3番人気スイートサルサが勝利し、9番人気リラヴァティが2着、13番人気メイショウスザンナが3着と波乱が起こり、三連単のオッズは5993.6倍となった。

【福島牝馬S】レース傾向

inyofu 前走好走馬が優勢 過去10年の出走馬について、前走の着順別に成績をまとめると、好走率では前走で「2着」・「3着」・「5着」だった馬が上位となっている。また、2011年以降の過去5年に限れば、優勝馬5頭はいずれも前走で「2着」か「3着」で、2着馬も5頭中4頭が前走で「3着以内」に入っていた。近年は、前走で上位の着順に入っていた馬が好走する傾向がより強くなってきているようだ。
inyofu 前走の4コーナーの通過順に注目 過去10年の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別に成績を調べてみると、前走の4コーナーを「12番手以下」で通過した馬が6勝を挙げ勝率でトップとなっている。それに対し、最も勝率が低い「4~11番手」組からは2007年以降優勝馬が出ていない。ただし、「4~11番手」組からは2着馬が8頭、3着馬が5頭と、2着と3着の数が多くなっている。このような傾向があることは覚えておいても損はないだろう。
inyofu 近走での重賞好走歴に注目 過去10年の出走馬が過去4走以内に出走した重賞での最高着順別成績を調べると、「4着」だった馬だけは苦戦しているものの、好走経験があった馬の方が上位の成績になっている。さらに、2011年以降の過去5年間に限れば、連対馬10頭すべてが過去4走以内に重賞で3着以内に入っていた。近走で重賞を好走しているような馬に注目したいところだ。
福島牝馬Sのレース傾向では【前走3着以内か5着】【前走の4コーナーを「12番手以下」で通過した】【過去4走以内に出走した重賞での最高着順が3着以内】の競走馬が好走する傾向にある。果たして今回の出走馬にこれらの条件を満たす馬はいるのだろうか。

第13回【福島牝馬S】登録馬

inyofu メイショウスザンナ
ウインリバティ
シャルール
リーサルウェポン
アルマディヴァン

カレンケカリーナ
ハピネスダンサー
クインズミラーグロ
フレイムコード
オツウ

アースライズ
ディープジュエリー
キャットコイン
ミナレット
ノットフォーマル

マコトブリジャール
ダノンルージュ
ウインオリアート
ブランネージュ
マイネグレヴィル

リラヴァティ
フルゲート16頭に対して21頭が登録されている今年の福島牝馬S。昨年の入賞馬リラヴァティとメイショウスザンナも登録されている。

第13回【福島牝馬S】予想オッズ

inyofu 人気 馬名 予想オッズ
1 シャルール 3.7
2 アースライズ 4.3
3 ディープジュエリー 6.8
4 リーサルウェポン 7.4
5 ハピネスダンサー 8.0
6 メイショウスザンナ 8.3
7 ミナレット 17.2
8 クインズミラーグロ 18.5
9 オツウ 22.2
10 アルマディヴァン 25.6
11 キャットコイン 31.0
12 リラヴァティ 43.0
13 マコトブリジャール 52.4
14 ブランネージュ 62.1
現時点での予想オッズでは、3連勝中の上がり馬シャルールと昨年の牝馬クラシックで活躍したアースライズに人気が集まっている。

第13回【福島牝馬S】有力馬は!?

【前走3着以内】シャルール
inyofu シャルール(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)は500万下、北大路特別(1000万下)、初音S(1600万下)と3連勝中。いずれも完勝と言える内容で、重賞のここもあっさり突破できるようなら、ヴィクトリアマイルでも有力な一頭となるだろう。


【前走の4コーナーを「12番手以下」で通過した】【過去4走以内に出走した重賞での最高着順が3着以内】アースライズ
inyofu アースライズ(牝4、栗東・矢作芳人厩舎)は中山牝馬Sで8着に終わったが、差は0.3秒とそう大きくはなかった。昨年のオークスで4着、秋華賞で5着と実績面では上位の存在だけに、ここでの巻き返しを期待したい。


【前走3着以内】【前走の4コーナーを「12番手以下」で通過した】【過去4走以内に出走した重賞での最高着順が3着以内】メイショウスザンナ
inyofu 2016/04/15 今週は坂路で大きめに。「馬は出来上がっていますので、時計を入れる必要はないと判断しました。日曜に時計を入れて気持ちを引き締めて、来週の調整に臨みます。」予定通り福島牝馬S(4月23日土曜11R、芝1800㍍)へ向けて進めていきます。



2016年4月23日(土)に福島競馬場で行われる芝1800メートルのGIIIレース、第13回【福島牝馬S】。 
注目は何といっても3連勝中のシャルールだろう。
近3走では危なげない内容で勝利しており、古馬になってから本格化した印象だ、自在性の高い脚を武器に重賞初制覇を狙う。
面白いのは昨年の3着馬メイショウスザンナだ。
好走する条件を満たしており、前走ではルージュバックと0.1秒差の競馬をして3着。
7歳になったとはいえ、決して軽視できない存在だ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line