TOP > 競走馬 > 「フロンテアクイーン」追い切りで破格の好時計!惜敗続きにピリオドを打つ!【クイーンS】
競走馬

「フロンテアクイーン」追い切りで破格の好時計!惜敗続きにピリオドを打つ!【クイーンS】

メイショウサムソン産駒の5歳馬フロンテアクイーンがクイーンSに出走する。クイーンCで2歳王者でのちにNHKマイルCも勝利するメジャーエンブレムの2着になるなど早くから高いレベルで好走を重ねてきたが、重賞ではこれまで2着4回、3着1回とあと一歩のところで勝利に届いていない。先行しても鋭い切れ味を発揮できる武器を生かして、初重賞制覇を狙う。そんなフロンテアクイーンについてまとめてみた。
フロンテアクイーン

【ユートピアS】鋭く伸びるも枠に泣き2着

まずまずのスタートからスピードに乗って中団インコースにつける。しかし1枠1番が災いして、前を走る馬がポジションを下げるとその影響で自らも下げざるを得なくなってしまう。直線では32秒台の末脚で前に迫ったが、4分の3馬身差及ばず2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手) 「スタートがよかった割りには前の馬に下がって来られて結果的に位置取りが悪くなってしまいました。折り合いもついていただけに残念です」

【ターコイズS】勝ちに等しい競馬も2着

この日は押して押して前目につける競馬を選択し、道中は5番手で追走する。直線に向いても追い出しを我慢。残り150m付近で満を持して追い出すと鋭い切れ味を見せて先頭に躍り出たが、更に鋭く切れたミスパンテールの強襲に屈した。
動画を見る
inyofu 2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手) 「残念でした。良いポジションでレースが出来て、直線も待って待って前が開きました。あれだけ伸びているのに、勝った馬の切れ味はそれ以上でした」

【中山牝馬S】楽に逃げた馬に粘られ2着

五分のスタートからダッシュを利かせて前へ。1000m通過61秒3というゆったりとした流れを3番手で追走する。直線に向いて前をを捉えにいったが、楽に逃げて余力のあったカワキタエンカに粘り込まれ、またしても2着でゴールした。
動画を見る
inyofu 2着 フロンテアクイーン(北村宏司騎手) 「道中はリズムよく運べました。最後も迫るところまで行きましたが、勝ち馬はこちらが来るのを待っているような感じで、もうひと伸びされました。ただ、こういうレースが出来ていれば、勝つチャンスはあるでしょう」

【クイーンS】直前情報!ウッドで破格の時計を記録!

inyofu フロンテアクイーンはウッドでレッドローゼス(古馬1000万下)と併せてクビ差先着。5ハロン64・9―37・6―12・7秒と破格の時計をマークした。
inyofu 椎本助手「間隔は空いたけど、乗り込み十分で鉄砲実績もあるからね。競馬が上手で小回りコースも苦にしないと思う」

クイーンSの傾向!近走の重賞実績がカギ!

inyofu 過去10年の出走馬について、過去3走以内の芝重賞での最高着順別に成績を調べると、最高着順「1着」組と「2着」組が3着内率で40%を超え、その他を大きく上回っている。また、「過去3走で芝重賞不出走」組は連対がなく、連対馬20頭は全て過去3走以内に芝重賞に出走していた。近走での芝重賞への出走経験と、その芝重賞での着順は、チェックした方がよさそうだ。

心房細動による4カ月半の休養明けとなるが、前走で3カ月の間隔が空いていながら2着と好走するなど鉄砲実績は十分で、陣営も状態に自信を見せている。札幌の地で悲願の重賞初勝利を挙げることができるだろうか。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line