TOP > 予想/馬券 > 【マイラーズC】今年も波乱に期待!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【マイラーズC】今年も波乱に期待!買える穴馬の条件はこれだ!

昨年は8番人気のレッドアリオンが勝利し、3連単は10万円弱の配当だった。今年も混戦模様で、組み合わせ次第では高配当が期待できそうなメンバーだが果たして結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

近2走で上がり最速経験のある馬を狙え!

舞台が京都に移された2012年以降で、近2走で上がり最速経験のある馬は複勝率50%、複勝回収率112%と好成績。絶好の馬場状態の京都で行われるこのレースでは、瞬発力に長けた馬を狙いたい。
2走前の小倉大賞典では最後方から内ラチを器用な脚でロスなく追い込み、上がり最速の34秒4の末脚で差し切ったアルバートドック。前走の中日新聞杯は見せ場なく18着に敗れたが、(2,1,2,1)と得意の京都コースなら巻き返しがあっても驚けない。

間隔を開けてきた馬が活躍!

過去4年の3着内馬12頭中10頭は、前走から中7週以上の間隔が開いていた馬だった。ゆったりとしたローテーションで臨んでくる馬を重視したい。
2月の小倉大賞典以来の実戦となるレッドアリオン。昨年のこのレースの覇者であり、京都芝1600mは得意としている舞台だ。揉まれずすんなりと先行できれば、粘りこみがあっても驚けない。

前走6着以下に負けてる斤量57キロの馬を狙え!

過去10年、前走6着以下に負けていた57キロの牡馬・セン馬の成績は(3,1,2,27)で複勝率は18.2%とそれほど高くないが、単勝回収率は103%とプラスを記録している。前走で着順を落とした実績馬を頭から狙ってみるのも面白いかもしれない。
ここ2戦は直線でスムーズさを欠いて。力を出し切れていないダノンシャーク。脚を余した格好でゴールしており、この着順だけを見て見限るのは早計だろう。GⅠ勝ちのある舞台で、復活に期待したい。

抜けた人気が予想されるフィエロだが、香港遠征以来の実戦でジョッキーも乗り替りと全幅の信頼は置きづらい。堅実な馬だが未だに重賞では勝ち切れていないのも事実で、この馬が少しでも着順を落とすようなら高配当が期待できそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line