TOP > レース > NHKマイルカップに、いざ参る!
レース

NHKマイルカップに、いざ参る!

2014年5月11日に東京競馬場で行われるGIレース【NHKマイルカップ】。GIの中では比較的歴史の浅いこのレースは、いったいどんなものなのか、まとめてみた。
マイル

NHKマイルカップの歴史

inyofu NHKマイルカップ(えぬえいちけいマイルカップ)とは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場の芝1600メートルで施行する中央競馬の重賞(GI)競走である。優勝杯を提供するNHKから冠名が付けられている。
inyofu 本競走は1953年から1995年までの43年間、クラシック競走の東京優駿(日本ダービー)のトライアル競走として施行されていたNHK杯を前身とし1996年における中央競馬の番組改定で4歳(現3歳)の外国産馬が当時東京優駿へ出走できなかったため目標となる大レースが無く、そこで4歳(現3歳)の外国産馬の目標となる大レースを創設する目的で4歳(現3歳)牡馬・牝馬限定の混合・指定の定量の重賞(GI)競走NHKマイルカップとして新設、第1回は現在と同じく東京競馬場の芝1600mで施行された。
inyofu 東京優駿が外国産馬に開放される2000年まで通称「マル外ダービー」といわれ、3歳(旧4歳)外国産馬にとって春競馬の最大目標と位置付けられていた。実際に第1回から第6回まで6年連続で外国産馬が当レースを優勝したが、2002年の第7回にテレグノシスが初めて内国産馬としての優勝を果たして以降は外国産馬の優勝は無い。
NHKマイルカップが設立されたのが1996年である。他のGIに比べて歴史は浅いが、前身のNHK杯は1953年から始まっており、それも含めると長い歴史を誇る。

NHKマイルカップの歴代優勝馬

inyofu 1996 タイキフォーチュン
1997 シーキングザパール
1998 エルコンドルパサー
1999 シンボリインディ
2000 イーグルカフェ
2001 クロフネ
2002 テレグノシス
2003 ウインクリューガー
2004 キングカメハメハ
inyofu 2005 ラインクラフト
2006 ロジック
2007 ピンクカメオ
2008 ディープスカイ
2009 ジョーカプチーノ
2010 ダノンシャンティ
2011 グランプリボス
2012 カレンブラックヒル
2013 マイネルホウオウ
NHKマイルカップ歴代優勝馬の中には、エルコンドルパサーやクロフネ、キングカメハメハなど名だたる名馬が名を連ねている。特にクロフネやキングカメハメハなどは、クラシック三冠のひとつ、皐月賞を回避してNHKマイルカップに挑んだのである。

NHKマイルカップ、レース傾向

inyofu 1996年に創設された比較的新しいGI 競走ではあるが、この距離に高い適性をもつ3歳馬にとっては大きな目標となる一戦だ。そのうえ、近年はこのレースから日本ダービーへと駒を進める馬もおり、世代の頂点をかけた一戦へ向けても注目すべきレースだといえる。過去10年で、3着までが単勝5番人気以内の馬で占められたのは3回だけ。逆に、3連単が100万円以上の高配当になったことは3回もある。今年も波乱の可能性が考えられるだけに、過去のデータを頭に入れておくことは重要だろう。
inyofu 過去10年で単勝「1番人気」馬が勝利したのは5回。しかし、「2番人気」馬と「3番人気」馬は各1勝といまひとつだ。また、2着には「4~10番人気」から6頭、3着にも下位人気馬が多く入っている。
過去10年の一番人気馬の勝率は5割。単勝で勝負するなら、比較的手堅いレースとなりそうだ。しかし、2着以降は荒れる傾向にあるので、一番人気馬を軸にした3連単なら高配当も狙える。

1マイル=1600メートルで争うNHKマイルカップ。3歳ナンバー1マイラーを決めると共に、日本ダービー、オークス有力馬を見極める大事なレースでもある。今では、クラシック三冠の一つ、皐月賞の代わりに出走する競走馬もおり、変則三冠という言葉も生まれる程だ。現在のところ達成されているのは、桜花賞との変則二冠と日本ダービーとの変則二冠のみであり、今年こそはNHKマイルカップを含めた変則三冠馬が生まれるのを期待したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line