TOP > レース > 重賞初V!クルーガー【第47回マイラーズカップ】レース結果まとめ
レース

重賞初V!クルーガー【第47回マイラーズカップ】レース結果まとめ

2016年4月24日(日)東京競馬場で行われたGⅡ【第47回マイラーズカップ】レース結果をまとめた。
馬キュレ

マイラーズカップはクルーガーが優勝

inyofu 4月24日、京都競馬場で開催された第11R・マイラーズC(GII、芝1600m)は、中団やや後ろを追走していた3番人気クルーガー(牡4、栗東・高野)が、直線インを突いて鋭く伸び、3頭の叩き合いを制して先頭でゴールした。勝ちタイムは1分32秒6(良)で、鞍上は松山騎手。クビ差の2着は中団から力強い脚色を見せた5番人気ダノンシャーク、2着に半馬身差の3着は先行策から渋太く粘った11番人気クラレントが入っている。なお、後方で脚を溜めていた1番人気のフィエロは直線で伸びてくるが前を捕らえることができず、4着に終わった。

▽配当
単勝2 910円
馬連1-2 6640円
馬単2-1 1万3200円
3連複1-2-4 5万390円
3連単2-1-4 28万1010円
(2.クルーガー、1.ダノンシャーク、4.クラレント)

▽【クルーガー】
父キングカメハメハ
母アディクティド
母父Diktat
通算11戦5勝(重賞は初勝利)
動画を見る

レース後コメント 松山弘平騎手「今後が楽しみ」

inyofu 「前走はゲートで後手をふんでしまったので、今日は何とかしたいと思ったのですが、もうひとつでした。開幕週だったので、あとは馬の力を信じてインでためて直線はうまく前もあいてくれました。いい枠、京都の外回りもよかったと思います。ラストはいつもいい脚を使ってくれます。今後がますます楽しみですね」
3番人気クルーガーがいい条件と持ち味のラストのいい脚で重賞初制覇を果たした。今後の成長も楽しみである。

唯一のG1勝利馬あと一歩 ダノンシャーク

inyofu 8歳馬でも、メンバー中ただ1頭のGIウイナーの力は見せた。5番人気のダノンシャークはクビ差2着。道中は好位の内を追走し、直線も内から鋭い脚で伸びたが、さらに内からかわされてしまった。福永騎手は「スタートを決められたし、思っていた位置で競馬ができた。いい感じだったし、馬もよく頑張ってくれたが、ラストであの1頭が…」と悔しがった。
1着のクルーガーに勝利を掻っ攫われた形となってしまったダノンシャーク。あと一歩の差で負けてしまい悔しいレースとなった。

その他着順&コメント

inyofu  ◆小牧騎手(クラレント3着) 「楽にハナに行けていたら…。直線は内があき過ぎていてフワッとした。久しぶりに乗ったが、馬は一番よかった」

 ◆幸騎手(アルバートドック5着) 「直線で不利を受けたのが痛かった」

 ◆四位騎手(サンライズメジャー6着) 「3コーナーの下りでハミをかんでしまった」

 ◆松若騎手(ダノンリバティ12着) 「ペースが落ち着いてしまった」

3番人気クルーガーが接戦を制して重賞初制覇を果たしたマイラーズカップ。G1勝利馬ダノンシャークが惜しくも2着となり、3着はクラレント。クラレントは11番人気であり、3連系は高配当がついた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line