TOP > コラム > 覆面馬主【血統の1号】天皇賞(春)予想
コラム

覆面馬主【血統の1号】天皇賞(春)予想

覆面馬主 血統の1号
どうも!覆面馬主1号です!

まだまだ余震が続いている九州の皆さんに心よりお見舞い申し上げます。
うまキュレでは、少しでもお役に立とうと、支援等に関する情報をまとめていますので、ご利用ください。

◆平成28年熊本地震支援◆


今日の青葉賞の読みは、ほぼ完璧だったんだけどな~。
5連複とかあったら、完璧に的中だな(笑)

青葉賞予想コラム


さて、明日は、春の天皇賞!
ステイヤーの檜舞台だね!

まあ、長距離戦というと血統がモノを言うって思ってる人が多いかもしれないけど、一概に父と母がステイヤーでなくても、ステイヤーは誕生する。
一般に、父系から3割、母系から7割なんて言われるが、これまた一概に言えないと思う。
サラブレッドは、どこか遠い血脈の才能を受け継ぐ不思議な生き物だというのが正解だ。
父も母も競争成績がいまひとつだったのに、名馬が生まれる。
それは、隔世遺伝が頻繁に起こっているからだと思う。

一番我々には分からないのが、心肺機能だ。
こればっかりは、馬体からは推測不能である。

では、明日の天皇賞、どの馬がマラソンレースの栄冠に輝くのか?
正真正銘のステイヤーは、どの馬なのか?

過去を振り返ってみても、1番人気が負ける理由は、実はこの「真のステイヤーなのかどうだか分からない」点にある。
我々はもちろん、実は騎手も分からない。
どこまで脚が持つのか?どのタイミングでスパートすれば全力を出し切れるのか?はたまた、早仕掛けしたら脚が無くなってしまうのではないか?
そんな疑心暗鬼と共に手綱を取っているからこそ、仕掛けが大幅に遅れたり、逆に仕掛けが早すぎたりして、人気の馬が紛れてしまうのだ。
このあたり、7号が、とっても上手に書いてるね。
麻雀の打ち筋は奴とは違うが、馬券は、見ているところが似てるな。

7号 天皇賞・春

イングランディーレやビートブラックが勝てたのも、そういう背景からだな。

オレ的には、有馬記念やジャパンカップ、宝塚記念や秋の天皇賞など、どのレースよりも「競馬らしさ」を感じるのが、この春の天皇賞なんだよな。騎手の腕比べ的な側面も大好きだ。
毎年心がワクワクし続けて、かれこれ30年くらいは経っている(笑)

さて、で、今年はというと・・・・
人気を背負った馬は、思い切り良い騎乗がしにくい、これが、天皇賞予想の大きなポイントである。
今のところ、1番人気は、ゴールドアクター。
隼人騎手が、意識せずにいつもの競馬が出来るかが、ポイントだな。

オレの今年の天皇賞、そのキーワードは、トニービン!!!!

◎5 フェイムゲーム

ハーツクライ産駒だが、ハーツクライ産駒は、3000m以上での連対率がダントツだな。ちなみに、2位がステイゴールド、3位、ネオユニバース。
ま、ハーツクライ自身、母父がトニービン。この血は、多くのステイヤーを輩出していて、その能力が産駒に伝わっているんだろうな。
で、フェイムゲームは、祖母が、サッカーボーイの全妹。
まさに、ステイヤーの塊のような血脈である。

〇15サウンズオブアース

ネオユニバース産駒だが、母父のデキシーランドバンドは、イギリスのバリバリステイヤー血統、しかも母系を遡ると、更にスタミナ系の血がぎっしり。
3200mになれば、ゴールドアクターを逆転できる可能性有り。

▲10アルバート

アドマイヤドン産駒だが、アドマイヤドンはティンバーカントリーだから、どこがステイヤー?って思うが、母がベガ、母父がトニービン。母父が、ダンスインザダークってのもステイヤーだ。
アドマイヤデウスも、ステイヤーだから、この血脈は長距離に強いんだな。

☆14サトノノブレス

この馬、長距離苦手なディープインパクト産駒だが、母父が、トニービンだ!菊花賞2着があるように、距離は長いほどいいはず。

ま、そんな訳で、この4頭がかなり期待出来るとみた。

◎5 フェイムゲーム
〇15サウンズオブアース
▲10アルバート
☆14サトノノブレス
△8 シュヴァルグラン
△17ゴールドアクター
△9 トーホウジャッカル
△1 キタサンブラック

馬券は、まずもって、フェイムゲームの単複!先週のクイーンエリザベス2世カップのウエルテルの騎乗をみて、ボウマン騎手は、相当上手い!と思った。突き抜けてくれるはず!馬券は、あと馬連と馬単。サウンズオブアースと二頭軸の三連複と三連単を買う!

以上。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line