TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】スイートピーステークス予想
コラム

覆面馬主【データの8号】スイートピーステークス予想

覆面馬主 データの8号
勝ちましたね~菜七子ちゃん。

「スタートは前回より良かったけど、ちょっと遅れました。東京なので後ろからゆっくり行く気持ちで乗った。馬が本当に強かった。東京で勝ててうれしいです」

とレース後のコメント

これでダート戦で2勝目。
同期の勝ち頭である木幡巧也騎手とは勝利数に差がついてしまっていますが、ドンドン経験を積み、勝ち星を上げ、より競馬界を盛り上げる方になってもらいたいですね。

1号師匠もガッツリ儲けたことでしょう
菜七子ろび八起き!【4月30日版】

ちなみに日曜日は新潟で騎乗。
菜七子ろび八起き!【5月1日版】

未来の競馬界のスター候補、皆さんも一緒に応援しましょうね


では東京の結論に。
-------------------------------
01R ◎ ⑤ナナエ(スピード指数がずば抜けて高い)
02R ◎ ⑥デンコウイッセン(マイナス評価はスピード指数だけ)
03R ◎ ⑫アオイソラ(スピード指数がずば抜けて高い)
05R ◎ ⑮ビアンカリボン(スピード指数がずば抜けて高い)
07R ◎ ⑦ワンスインナムーン(スピード指数がずば抜けて高い)
07R ○ ⑧セイウンコウセイ(ダート→芝替わりの激走に期待)
11R ◎ ①フロムマイハート(減点も多いがそれ以上に加点を獲得)
11R ○ ⑥アオイサンシャイン(ほぼすべての項目がプラス評価)
-------------------------------

ではオークスTR・スイートピーSの結論に入っていきます。

データは近5年のスイートピーS

1・人気と配当

単勝・626円
複勝・318円
枠連・1584円
馬連・5244円
馬単・8546円
3複・15690円
3単・102850円

昨年は伏兵の15人気トーセンナチュラルの好走があったが、基本的には伏兵馬の好走はない。トーセンナチュラルの例を除けば、馬券に絡んだのは7番人気までの馬であり、1.2.3人気の馬で(4.2.2.7)という成績を残している。
とはいえ決して固い決着ではなく、適度に配当の付く一戦。

2・種牡馬
サンデー系の成績が良く(4.3.3.34)で、出走馬の大半とはいえ馬券に絡んだほとんどがサンデー系。特にサンデー系×ミスプロ系の競走馬が(2.0.1.7)であり、サンデーの中でもこの血統を狙いたい。母父ノーザンダンサー系は複勝率11.1%と低い。評価を下げる。

3・前走クラス
同クラス(2.1.1.22)
昇級戦(3.4.4.40)

同クラスの複勝率15.4%。昇級戦は21.6%。狙うべきは前走500万クラスだろう。そして前走G1G2組には要注意。いずれも人気以上の好走を果たしている。狙いづらいのは前走OPEN特別組。複勝率8.3%では流石に狙えない。

4・騎手
東京で行われる一戦なだけに当然と言えば当然だが、美浦所属の騎手が馬券の大半を占めており、勝ち馬の鞍上は5戦すべて美浦所属。

5・キャリア
今回で4走目以内の馬の成績がよく(2.3.3.12)と勝率10%。複勝率は40%にもなる。一方今回が5走目以上の馬は(3.2.2.50)。馬券に絡んだ数は多い為切りにはならないが、本命に悩んだらキャリアが少ない方を選ぶのが良さそうだ。

6・生産牧場
もはや見逃せない社台・ノーザン・白老といった社台系の生産牧場馬。この3場で31頭の生産馬を出走させており、3勝を挙げている。特に同競走に関しては勝率では社台ファームで16.7%。複勝率ではノーザンの53.8%。一方白老は6頭いずれも結果を残せていない。

7・前走場所
好成績を収めているのが、前走中山芝1800m組で(4.3.2.13)。複勝率は40.9%にもなる。また阪神芝1600m組も注意。成績は(1.0.0.6)だが、平均人気9.1にして平均着順6.3。人気よりも下回る結果となったのはただ1頭のみ。その他を見ると、馬券に絡んだ馬の前走は今回と同距離ないし今回が短縮となる馬。

※余談ですが…
項目2で上げた種牡馬。成績が良いと上げたサンデー系というと真っ先に思いつくのがディープですが、そのディープ産駒の成績はふるっていない。合計7頭出走しており、平均人気は1.9と非常に高い。ところが成績は⑤⑪⑧⑦⑥⑤①と、昨年ディープジュエリーがやっと勝利を飾り馬券に絡んだ程度。成績の低さに東京芝1800mが苦手?と思ったが、2013年以降の数値を見ると実は得意。複勝率も38.2%となっており、複勝回収値も90とディープインパクト産駒という人気を被る馬にしてはかなりの好成績。

以上を踏まえ、本命としたのが…

フロムマイハート

前走6着と敗退しておりますが、スタートで後手に回ったのが全てで、上がりは33秒の脚を使っており、決して悲観するような内容ではありません。これまで基本的に牡馬相手に闘ってきており、その経験も十分生かされるはず。

◎①フロムマイハート
○⑯ラブリーアモン
▲⑨ジェラシー
☆⑬サクレディーヴァ
△⑦カマクラ
△②コルコバード
△⑥アオイサンシャイン

単複にガッツリ勝負しつつ、馬連と1頭軸3連単を


天皇賞・春
谷川岳S



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line