TOP > コラム > 「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【5月1日版】
コラム

「砂の惑星から来た勇者たち」戸崎圭太【5月1日版】

砂の惑星から来た勇者たち
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

内田博幸騎手、12年連続の重賞制覇おめでとうございます!

土曜日にピックアップした内田騎手は、メインの青葉賞でヴァンキッシュランとコンビを組み見事優勝。
その素晴らしい騎乗振りには、馬主の島川さんもさぞかし喜んでいることでしょう。
このままコンビ継続でダービー参戦!となるかは判りませんが、是非とも『2度目のダービー制覇』を目指して欲しいですね。

さて。地方出身のジョッキーをクローズアップしてお届けする本コラム。

日曜日にピックアップしたいのは、2年連続のリーディングジョッキーを目指す戸崎圭太騎手。
先週まで首位だったデムーロ騎手の騎乗停止中に、なんとかデムーロ騎手を抜いたものの、現在は首位のルメール騎手と1勝差の2位どまり。

しかし、天皇賞に乗り馬がいない日曜日は関東に残留。
勝ち星を量産する絶好のチャンスだけに、一気にリーディングトップの座を奪取してもらいましょう!

それでは、日曜日の騎乗馬をジャッジしていきたいと思います。
----
★☆【オススメのひと鞍!】☆★

■東京5R・◎ビアンカリボン

前走で掲示板を確保したのが1頭だけという低調なメンバー構成。
ビアンカリボンは芝の中距離に変えた前走で走りが一変。
今回は2度目の慣れが見込めるだけに、このメンバーが相手ならば十分に勝ち負けに持ち込めるだろう。


----
☆【その他の騎乗馬と評価】☆
----
■東京1R・〇ナナエ

真面目に走る馬、という評価でここでも大崩れはなさそう

----
■東京2R・◎エラクレーア

僅差の2着があるコースで期待は高い

----
■東京3R・△ショットガンニング

大型馬らしく、まずは一度使ってからか

----
■東京4R・△プラトリーナ

こちらは400キロに満たない馬。揉まれる内枠は有利ではない

----
■東京6R・〇ストリクス

安定した成績が示すように現級では能力上位。
初の輸送競馬に対応できればチャンス

----
■東京7R・▲サバンナロード

前走は遠征競馬と渋った馬場が敗因。
しっかりと間隔を取って、今回が仕切り直しの一戦

----
■東京9R・▲レイズアスピリット

乗り難しいタイプで、内枠を引いてしまったのはマイナス

----
■東京10R・〇マンボネフュー

相手に差し・追い込み馬が多く、展開利が見込めそうだ

----
■東京11R・▲フェイズベロシティ

決め脚のあるタイプで、得意の東京なら巻き返しがあっていい

----
■東京12R・▲ヴィンテージドール

コース適性は高い馬だが、まずはクラス慣れが必要

----
それでは、今週も地方出身のジョッキーを応援していきましょう!

以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line