TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月1日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月1日版】

抱きしめて!ミスターP
続いて東京のミスターP

明日の東京で紹介するミスターPの中に、母父アグネスデジタルの馬がいますが、土曜日の新潟8Rでも父アグネスデジタル産駒のアグネスアーニャが1着!

アグネスデジタルのことは土曜日の「新潟編」や、下記の東京6Rでも書いていますが、とにかく初GI勝利のマイルCSや、その後の天皇賞(秋)に向けた一連の流れからダートでの活躍まで、常に驚きをファンに届けてくれた馬!

ま、つまり私8号も大好きな馬です!


ということで!

では早速東京の抱きしめたいミスプロ系をご紹介!

■東京3レース!3歳未勝利

◎④ケイツールナ

母父は日本調教馬として99年に欧州を席巻したエルコンドルパサー。キングマンボ産駒の初年度産駒でもちろんミスターP!同時代のマイルから10F路線の欧州の主役がドバイミレニアムなら、2400m路線の主役はエルコンドルパサーとライバルのモンジューだったのは間違いないはずです!

新潟で書いたドバイミレニアムが残した産駒が1世代なのも残念ですが、僅か3世代しか残せなかったエルコンドルパサーの急逝も本当に残念でした。ただ、そこからヴァーミリアン、ソングオブウインドなどが出ていますのでやはり偉大です!

そして父はスウェプトオーヴァーボードのミスターP。エンドスウィープ産駒。

ミスターPの4×4の血量12.50%を持つケイツールナは、ここまで3戦全敗。着順は全て二桁ですが、今回はブリンカー着用。変わり身期待です!


■東京6レース!3歳500万下

◎⑧シゲルヒラマサ

母父はミスターPのアグネスデジタル。2000年・マイルCS(GI)を最初の勝利に、マイルCS南部杯、天皇賞(秋)、香港C、フェブラリーS、安田記念の順番で芝・ダートを問わずGIを勝ちまくった名馬です!

スペシャルウィークやダンスパートナーを管理していた白井寿昭元調教師の管理馬の中でも代表的な一頭!

特にアグネスデジタルを米国で見い出したのは白井元調教師ご本人ということですから、その相馬眼はやはり凄い!

そして父はミスターPのスウェプトオーヴァーボード!同馬は短距離重賞を勝っているパドトロワ、アーバンストリートなどを出しており、種牡馬として成功!

東京のダートで良績を残すシゲルヒラマサ。過去3走の中山は結果が出ていませんが、東京に替わって巻き返しがあるかもしれません!

ということで東京からは、同じ父に、それぞれの母父が海外GIを勝ち国内でも芝・ダート問わない活躍を見せたエルコンドルパサーとアグネスデジタルを持つ馬をピックアップ!その結果は如何に!?

東京は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~
抱きしめて!ミスターP~新潟編~



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line