TOP > 競走馬 > 「ファタモルガーナ」ゲートは大丈夫。持ち脚を生かし波乱を起こす【2016年天皇賞・春】
競走馬

「ファタモルガーナ」ゲートは大丈夫。持ち脚を生かし波乱を起こす【2016年天皇賞・春】

ファタモルガーナはステイヤーズSで2着2回、ダイヤモンドSでは2着と3着が1回ずつという現役屈指のステイヤーだ。今回が8歳にして初のGⅠ挑戦となるが年齢的な衰えは見られず、豊富な距離経験を生かして少しでも上の着順を目指したい。ファタモルガーナについてまとめてみた。
ファタモルガーナ

【2015年ダイヤモンドS】勝ち馬の切れ味に屈し2着に敗れる

3番手で堂々とレースを進めたファタモルガーナ。直線に入ると早くも先頭に立ち、後続との差を広げにかかる。残り200mまで先頭だったが、1番人気のフェイムゲームに脚色で劣り、2馬身差の2着に敗れた。
動画を見る
inyofu 2着 ファタモルガーナ(戸崎圭太騎手) 「切れ味でやられるのは嫌でしたし、スタミナもあるので早めに動きました。しかし、最後は相手の決め手にやられてしまいました」

【目黒記念】直線伸びきれず3着に敗れる

2戦続けての重賞2着が評価され1番人気に支持されたファタモルガーナ。5,6番手に付け直線に入ると早めに前を捕らえにかかる。しかし伸びはいまひとつで、1枠の2頭に内をすくわれ3着に敗れた。
動画を見る
inyofu 3着 ファタモルガーナ(戸崎圭太騎手) 「前々走、前走より手応えが鈍かったです。我慢するよりも早めに出していった方がいいと思い、出していきました。しかし、モタモタしてしまいました。スタミナはありますし、最後もがんばってくれています」

【ダイヤモンドS】勝ち馬には離されるもしぶとい走りで3着確保!

前走のステイヤーズSで7着だったことが影響し、8番人気と意外な低評価だったこの日のファタモルガーナ。レースではいつもより後方に控えて、脚を溜める競馬。直線は馬場の悪い最内に進路を取ると上位2頭には離されたが、最後まで伸び続け3着でゴールした。
動画を見る
inyofu 3着 ファタモルガーナ(内田博騎手) 「あの馬場で頑張ってくれました。こなせてはいましたが、勝ち馬にスーッと離されてしまいました。初めて乗りましたが、力のあるところを見せてくれました。最後もいい脚でした。今後もチャンスのある馬です」

【天皇賞(春)】動きに硬さなく雰囲気もいい!

inyofu ファタモルガーナは坂路で単走追い。4F56秒4~1F13秒6と平凡な時計だった。
佐藤助手のコメントはこちら↓
inyofu 「歩様の硬かった前走(ダイヤモンドS=3着)時より雰囲気がいい。問題は関西圏での競馬が久しぶり。久々の当日輸送がどうだろうか。ヨーイドンの競馬は苦手だけど、スタミナを問われる展開なら」

2400m以上のレースだと(2,3,3,3)で複勝率72.7%と抜群の成績を誇るファタモルガーナ。ディープインパクト産駒にしては異色の存在で、初のGⅠ挑戦でも京都3200mが舞台なら楽しみが大きい。古豪ファタモルガーナの無欲の好走が見られるかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line