TOP > 競走馬 > 「アーバンキッド」動きよし!余力のある走り【2016年NHKマイルC】
競走馬

「アーバンキッド」動きよし!余力のある走り【2016年NHKマイルC】

一瞬の反応は世代トップクラスのハーツクライ産駒のアーバンキッドがNHKマイルCに出走する。新馬戦では騎乗した戸崎圭太騎手が「優等生」と評価される走りをしたものの、折り合いに苦労するシーンが見られるようになり、アーリントンCでは1番人気ながら5着に敗れた。それでも、前走の毎日杯では内でしっかり折り合いをつけると直線でイン突きに成功しスマートオーディンの2着と好走。デビュー戦以来の東京で末脚が弾けるか。そんなアーバンキッドについてまとめてみた。
アーバンキッド
写真提供:T.T Photo(WEBサイト)

【新馬】優等生の走りでデビュー勝ち!

道中は5番手でレースを進める。直線で追い出すと息の長い末脚を繰り出しデビュー勝ちを収めた。鞍上の戸崎騎手も彼の走りに太鼓判を押した。
動画を見る
inyofu 1着 アーバンキッド(戸崎騎手) 「初戦から上手に走ってくれました。追ってからも奥がありそうでした。距離も問題ないと思います。優等生ですね」
inyofu (斎藤誠調教師) 「短距離で走ることは分かっていましたが、先々マイルまでこなして欲しいと思い、ここを使いました。ジョッキーも上手に乗ってくれましたし、落ち着いていましたし、流れに乗れて、内容も良かったですね」

【アーリントンC】道中かかり気味で5着・・・

好スタートを決めて先頭集団の後ろにつけたものの、折り合いに苦労する。直線に入り激しい競り合いを演じたものの、突き抜ける脚がなく5着に敗れた。
動画を見る
inyofu 5着 アーバンキッド(F.ベリー騎手) 「スタートに気をつけてほしいと言われていましたが、スタートはすごくよかったです。直線では早めにハナに立ちすぎました。残り100mで疲れてしまいました。状態がよく、リラックスしていましたが、その反面、戦う方向に気が向いていなかったのでしょうか......。体はまだまだ子どもなので、しっかりしてくればさらによくなると思います」

【毎日杯】内で折り合いをつけ2着!

今回も好スタートを決めたが、先手を主張したオウケンダイヤの後ろでじっくり脚を溜める。直線で内の狭いところを突いて追い込み、スマートオーディンの2着に食い込んだ。石橋騎手が道中にカベを作ったことで課題の折り合いを克服した。
動画を見る
inyofu 2着 アーバンキッド(石橋脩騎手) 「いい枠でしたし、馬場も気にしていませんでした。カベを作って道中我慢させられればと思っていましたが、4コーナーまでとても雰囲気がよく、直線の反応もよかったです。ですから、狭いところも突くことができました」

【NHKマイルC】追い切り情報 好状態をキープ!

inyofu アーバンキッドの1週前追い切りは南ウッド6ハロン83・5―38・3―12・2秒。3頭併せの真ん中で力強く伸びて半馬身先着。馬体の張りが目立ち、好状態をキープしている。
相田助手のコメントはこちら↓
inyofu 「ジョッキーが乗ってラストで気合をつけた1週前追い切りがいい動きだった。行きっぷりが良く折り合い面がカギになるけど、そこさえクリアできればしっかり脚を使えるはず」

【NHKマイルC】毎日杯からは6頭の優勝馬を輩出!

これまで前走毎日杯に出走した馬の成績は(6・1・0・7)、勝率42.9%、連対率50%と驚異的な数字を残している。タイキフォーチュン、クロフネ、ウインクリューガー、キングカメハメハ、ディープスカイ、ダノンシャンティが前走毎日杯から制しており、キングカメハメハ、ディープスカイはその後日本ダービーを制している。
動画を見る

これまでのレースを見ると折り合いが課題になっているため、外枠は避けたいところだ。オーストラリアの名手ボウマン騎手の手綱さばきにも注目したい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line