TOP > コラム > こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】かしわ記念予想
コラム

こりゃ深すぎるww覆面馬主【砂の6号】かしわ記念予想

覆面馬主 砂の6号
どうも。☆覆面馬主・砂の6号☆です。

5頭のGI馬が船橋に集結!

5月5日(祝木)に行われる交流重賞・かしわ記念(JpnI)に出走するJRA勢は、すべてがGI(JpnI)のタイトルホルダーという豪華ラインナップ。
まさか、船橋で行われるマイルJpnIにこれほどのビッグネームが集うとは、南関ファンとしては、まさに感無量の思いです。

また、騎乗するジョッキーも豪華絢爛。
デムーロ、ルメールの両外国人に、武豊、戸崎圭太という日本の名手、そして最近交流重賞での活躍が目立つ大野騎手。

まさに、人馬共に目移りするような好メンバー。

こういう時こそ、みなさまのご贔屓の人・馬から馬券を買ってみてはいかがでしょうか?

さて。
今回は5/5(祝木)に船橋競馬場で行われる交流重賞『かしわ記念(JpnI)』を予想します。
ゴールデンウィークに行われる交流重賞3連戦のフィナーレを飾る大一番です。

まずは、恒例の船橋競馬場の簡単な説明から。

☆コース☆
今回のターゲット『かしわ記念』が行われる舞台は、南関東でも大井に次ぐ規模を誇る船橋競馬場(左回り)外回り1600m。
船橋競馬は昨年6月からナイター競馬を開催し、売り上げ・集客共に伸ばすことに成功して注目を集めました。

1600mのスタート地点は、スタンド正面の4角寄りの地点。最初のコーナーまでは200m以上の距離がある。そこからコーナーを4つ回り、最後の直線308mでの攻防となる。
最初のコーナーまで距離があるので、枠順の差はほとんど気にする必要はない。地方競馬場なので一般的に先行馬が有利というセオリーは、ここでも変わらず。
船橋競馬場は、地方競馬では珍しくスパイラルカーブ(進入角度が緩く、出口がきついカーブ)を採用しているため、コーナーリングでそれほどスピードが落ちない。
これは他の地方競馬場とは異なり、コーナーでの捲りが打ちやすいという側面を持つ。
また、コーナー出口の角度がきついため、直線で各馬がバラケやすく、そこを狙って差してくる馬にも注目したい。

それでは、ここから『かしわ記念(JpnI)』のデータ。
対象は、過去5年の連対馬10頭。

①配当
過去5年の馬連と三連複の配当は以下のとおり。
   馬連 - 三連複
2015:1,650円-4,500円
2014:1,820円- 380円
2013: 480円- 210円
2012: 600円- 710円
2011:2,500円- 380円

基本的に堅い決着が多いレース

②性齢
過去5年の連対馬の性別と斤量は以下のとおり。
※左が優勝馬
2015:9歳牡57kg →5歳牡57kg
2014:4歳牡57kg →8歳牡57kg
2013:4歳牡57kg →8歳牡57kg
2012:7歳牡57kg →8歳牡57kg
2011:7歳牡57kg →5歳牝55kg

7歳以上の高齢馬の活躍が目立つ。
優勝馬は4歳馬と7歳馬が2勝ずつで最多

③人気
過去5年の連対馬の人気は以下のとおり。
※左が優勝馬
2015:4人気 → 1人気
2014:2人気 → 4人気
2013:2人気 → 3人気
2012:3人気 → 1人気
2012:2人気 → 5人気

1番人気は(0-2-3-0/5)という成績で、1着こそないものの堅実。
優勝は2番人気が3回で最多

④4角位置
過去の連対馬の4角の位置取りは、以下のとおり。
※左が優勝馬
2015:3番手 → 1番手 良
2014:4番手 → 1番手 良
2013:2番手 → 1番手 良
2012:1番手 → 2番手 重
2011:1番手 → 2番手 稍

差し馬でも4角では3番手以内にいないと厳しい

⑤所属
過去5年の連対馬の所属は以下のとおり。
※左が優勝馬
2015:J → J
2014:J → J
2013:J → J
2012:J → 船
2011:船 → J

過去の連対馬10頭中8頭がJRA所属馬。
地方馬はフリオーソ(船橋)の2連対だけで劣勢

⑥血統
過去5年で複数の連対馬を出している種牡馬はゴールドアリュール。
2頭の産駒で2勝、2着1回、3着1回と好相性

⑦騎手
過去5年ではJRAの戸崎騎手が1勝、2着2回で好成績

⑧前走レース
前走レース(着順)
 フェブラリーS :6(9、3、1、2、5、2)
 マーチS    :1(14)
 アンタレスS  :1(1)
 ダイオライト記念:1(5)
 東京スプリント :1(2)

前走フェブラリーS組が好成績で、フェブラリーSで5着内だった馬が5年連続で連対中。
また、着順は10頭中8頭が該当する5着以内が望ましい印象

⑨前走距離
 ダ1200m :1
 ダ1600m :6
 ダ1800m :2
 ダ2400m :1

前走距離は1600mが6頭で最多

⑩リピーターに注目
前年のかしわ記念出走馬が現在5年連続で連対中

データは以上。

過去5年では、JRA勢が8連対と地方馬を圧倒しているレース。

過去5年で連対した地方馬はフェブラリーSでも2着に入った実績のある強豪フリオーソのみ。
3着以内に対象を広げても、該当するのは昨年の3着馬ハッピースプリント1頭が加わるだけだ。

この2頭の共通点は、1600mで行われたJpnI・全日本2歳優駿(川崎)の優勝馬であること。

このことを踏まえて今年の出走メンバーを見ていくと、目に付くのは昨年3着のハッピースプリントと、目下南関重賞6連勝中と飛ぶ鳥を落とす勢いのソルテだ。

まず、ハッピースプリントは、昨年のかしわ記念で最終コーナーで外に膨れるロスがありながら3着を確保。
スムーズにコーナーを回っていれば、もう少し差を詰められた印象があり、非常に惜しい内容だった。

ただ、今年の出走馬は全頭が近1年以内にGI(JpnI)を優勝しているというハイレベルなのに対して、昨年の優勝馬は当時9歳馬だったワンダーアキュート。
前年と同程度の走りでは、昨年以上の結果を望むことは厳しそうだ。

もう1頭のソルテは、南関重賞6連勝中にみせたパフォーマンスが圧巻の一言。
いずれも2位との着差が2.5~8馬身差というワンサイドゲームで、地の利を活かして交流重賞でも十分に好勝負ができそうな印象だ。

ただし、今回は段階を踏むことなくいきなりのJpnIへの挑戦(4歳時のJDD6着以来)で、しかも近年でも稀に見る好メンバーの揃ったJRA勢が相手。
まだ現状ではフリオーソのような顕著な実績も持たないだけに、いきなり通用するかは半信半疑。
南関ファンの夢を背負っての出走となるが、今回がまさに試金石の一戦となりそうだ。

いっぽう、過去8連対と優勢なJRA所属馬の傾向は、データ⑧にあるように、前走フェブラリーSで5着以内だった馬が、目下5年連続で連対中と好成績。
また、データ⑩から前年のかしわ記念出走馬が5年連続で連対しているというデータも見逃せない。

そこで、過去5年の優勝馬の傾向を、もう一度おさらいしておきたい。
----------------
☆過去5年のかしわ記念優勝馬☆
15年:9歳ワンダーアキュート 前年3着
14年:4歳コパノリッキー   初出走
13年:4歳ホッコータルマエ  初出走
12年:7歳エスポワールシチー 前年3着
11年:7歳フリオーソ     前年2着
----------------
上記からわかるとおり、過去5回の優勝馬は初出走の4歳馬か、前年の2、3着馬のいずれかに限定される。
今年もこの傾向が続くとすれば、4歳馬のノンコノユメ、モーニン、もしくは昨年の2着馬ベストウォーリアのいずれかが最有力といえそうだ。


☆★最終結論★☆

 ◎⑪モーニン
 ○⑨ノンコノユメ
 ▲④ベストウォーリア
 ☆③サウンドトゥルー
 △①コパノリッキー
 △②ハッピースプリント
 △⑥ソルテ

今回、本命に推したいのは◎モーニン。
今年のGIフェブラリーSの覇者で、2着のノンコノユメと揃って4歳馬ながらワン・ツーフィニッシュを決めた実力馬だ。

フェブラリーSで4歳馬が1、2着を独占したのは、1997年に同レースがGIに昇格してから実に3回目の快挙。 前回達成されたのは2009年(1着サクセスブロッケン、2着カジノドライヴ)で、その年のかしわ記念も4歳馬エスポワールシチー(フェブラリーS4着)が断然の1番人気カネヒキリ(7歳)を下して優勝している。

4歳でフェブラリーS1、2着を独占した世代は、いわゆる『強い世代』であることは間違いなく、今年もモーニンとノンコノユメの2頭はやはり最有力だろう。

この2頭の優劣は、展開やコース適性を考慮しても甲乙つけがたいが、次走の帝王賞まで視野に入れているノンコノユメよりは、ここ一本に的を絞ってきたモーニンを上に評価したい。

馬券の本線は馬単

 ⑪ ⇔ ⑨④③

そして三連複フォーメーション(12点)

 1頭目 ⑪
 2頭目 ⑨④③
 3頭目 ⑨④③①②⑥

それでは、GW中も南関競馬を楽しみましょう!
以上、6号でした。



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line