TOP > 予想/馬券 > 【新潟大賞典】混戦模様で波乱期待!買える穴馬の条件はこれだ!
予想/馬券

【新潟大賞典】混戦模様で波乱期待!買える穴馬の条件はこれだ!

過去10年の勝ち馬は全て6番人気以内の馬だが、昨年のように二ケタ人気の馬が2着に入った年が5回もあり、なかなか一筋縄ではいかない難解なレースだ。果たして今年の結果は如何に?過去のデータから穴馬候補をピックアップ!
馬キュレ

斤量56~57キロの馬を狙え!

過去5年、4番人気以下で馬券に絡んだ10頭中8頭は斤量が56キロか57キロの馬だった。ハンデ戦だが斤量が軽すぎる馬はあまり好走しておらず、ある程度過去に実績のある馬を狙っていきたい。
斤量57キロで挑むパッションダンス。3走前の金鯱賞では向こう正面で落鉄した影響で7着に敗れ、ここ2戦はダートに挑戦したが全く馬場が合わず大敗と、ここ最近は力を出し切れていないレースが続いている。4戦3勝の得意の新潟コースで久々に能力全開となれば、馬券圏内の可能性も十分にあるだろう。

前走オープン特別で連対した馬が買い!

過去5年、前走がオープン特別でそこで連対していた馬は8頭出走して5頭が馬券に絡み、複勝率は63%、複勝回収率148%と好成績。重賞組に比べ人気がないことも多く、好調をキープしてくる馬を積極的に狙ってみたい。
前走の福島民報杯では2番手追走から直線で楽に抜け出すと、2着に3馬身差の完勝だったシャイニープリンス。近走は重馬場に泣かされたり、最後の直線で前が壁になることが多かったが、不利さえなければこれだけ走れても何ら不思議はない馬だ。過去には重賞で上位に入線した実績も多数あり、さほど人気にならないようであったら積極的に狙ってみたい1頭だ。

年明けの重賞で好走経験のある馬が来る!

2012年以降、同年にJRAの重賞で4着以内となった経験のある馬は(4,2,3,9)で複勝率50%と好成績。今年すでに重賞で好走している馬は馬券からは外せない。
今年のAJCCで3着に好走したショウナンバッハ。前走の中日新聞杯は11着だったが、勝ったサトノノブレスとはわずか0秒3差で、上がり3Fも第2位と着順ほど負けていない。最後の直線でもう少し上手く馬群を裁けていれば馬券圏内もあったと思わせる走りだっただけに、中京よりさらに直線の長い新潟に舞台が変わる今回は持ち前の末脚が炸裂シーンを期待したい。

GⅠの裏開催だが、確固たる主役不在の混戦模様で、様々な角度から狙いが立てられそうだ。馬券的にも面白そうで、NHKマイル同様に穴馬を積極的に狙っていきたい。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line