TOP > 予想/馬券 > 前走460kg未満の馬は割り引き!?【第21回NHKマイルカップ】予想まとめ
予想/馬券

前走460kg未満の馬は割り引き!?【第21回NHKマイルカップ】予想まとめ

2016年5月8日(日)東京競馬場で行われる5週連続GIの第1弾【第21回NHKマイルカップ】は3歳マイル王決定戦だ。今回も過去のデータや予想ブログから好走馬を探ってみた。
馬キュレ

過去10年の傾向

inyofu 前走も重賞だった馬が中心

過去10年の優勝馬10頭は、いずれも前走が「JRAの重賞」だった。一方、前走が「JRAの重賞」以外のレースだった馬は連対率2.4%、3着内率7.1%と苦戦している。条件クラスやオープン特別を経由してきた馬は過信禁物だ。
inyofu 近年は芝1600m以上のレースに実績のある馬が優勢

過去6年の3着以内馬18頭中、2013年2着のインパルスヒーロー、2014年2着のタガノブルグを除く16頭は、JRAのオープンクラス・芝1600m以上のレースで連対経験がある馬だった。一方、その経験がなかった馬の3着内率は4.2%にとどまっている。2009年以前は前記の条件で連対経験がなかった馬も健闘していたが、近年は苦戦する可能性が高いと見るべきだろう。
inyofu 馬体重の軽い馬は割り引き

過去6年の3着以内馬18頭中、2014年2着のタガノブルグを除く17頭は、前走の馬体重が「460kg以上」だった。一方、「460kg未満」だった馬の3着内率は3.0%にとどまっている。たとえ実績上位であっても、馬体重の軽い馬は過信禁物と考えたい。
inyofu △関西所属騎手騎乗の関東馬
(0-0-1-11)
△前走重賞で10番人気以下且つ10着以下
(0-0-3-16)
△前走OP特別で2着以下
(0-0-1-15)
△前走OP特別で2番人気以下
(0-0-1-24)
△前走1400m以下
(0-2-2-39)
△間隔2週以内
(0-1-1-18)

東京1600m騎手&種牡馬別成績(2011年以降)

inyofu 横山典弘(31-25-14-144) 14.5% 26.2% 32.7%
蛯名正義(31-17-16-164) 13.6% 21.1% 28.1%
三浦皇成(29-22-11-148) 13.8% 24.3% 29.5%
戸崎圭太(27-13-12-124) 15.3% 22.7% 29.5%
内田博幸(18-19-19-132) 9.9% 18.7% 27.5%

田辺裕信(13-17-27-140) 6.6% 15.2% 28.9%
福永祐一(13-9-11-55)  14.8% 25.0% 37.5%
岩田康誠(10-8-9-57)  11.9% 21.4% 32.1%
ルメール(7-6-7-21)   17.1% 31.7% 48.8%
柴田大知(6-7-13-188)  2.8% 6.1% 12.1%

M.デム(6-2-5-23)   16.7% 22.2% 36.1%
松岡正海(6-1-24-154)  3.0% 11.9% 23.8%
池添謙一(4-1-1-30)   11.1% 13.9% 16.7%
大野拓弥(3-5-6-94)   2.8% 7.4% 13.0%
丸山元気(2-4-0-53)   3.4% 10.2% 10.2%

Tベリー(1-0-2-8)    9.1% 9.1% 27.3%
江田照男(0-5-7-126)   0.0% 3.6% 8.7%
ボウマン(0-1-0-0)    0.0% 100.% 100.%
inyofu ディープインパクト(50-47-29-241)13.6% 23.4% 34.3%
ダイワメジャー  (28-17-23-159)12.3% 19.8% 30.0%
ハーツクライ   (24-15-8-139) 12.9% 21.0% 25.3%
ステイゴールド  (13-9-17-107) 8.9% 15.1% 26.7%
ジャングルポケット(8-9-10-120)  5.4% 11.6% 18.4%

マンハッタンカフェ(4-12-14-97)  3.1% 12.6% 23.6%
マツリダゴッホ  (3-4-4-33)   6.8% 15.9% 25.0%
トーセンファントム(3-1-0-8)   25.0% 33.3% 33.3%
アドマイヤムーン (2-8-5-70)   2.4% 11.8% 17.6%
ブライアンズタイム(2-1-3-25)   6.5% 9.7% 19.4%

キンシャサノキセキ(1-2-1-17)   4.8% 14.3% 19.0%
パイロ      (0-1-1-12)   0.0% 7.1% 14.3%
アンライバルド  (0-0-0-6)   0.0% 0.0% 0.0%
スーパーホーネット(0-0-0-1)   0.0% 0.0% 0.0%

同じ失敗はしない メジャーエンブレム

inyofu 花賞はスタートダッシュが出来ず中団で控えたことで、メジャーエンブレムの良さが全く出せない不完全燃焼のレースになり4着。逃げてスピードの持続力勝負で強さを発揮できる脚質であることがはっきりした。瞬発力がないので積極策で攻めてくることは間違いない。ルメール騎手は同じ失敗は絶対にしない、必ず巻き返してくるだろう。
前走の桜花賞は4着に敗れたが、前々走のクイーンカップを1分32秒5の好タイムで圧勝した東京1600mに舞台が替わる今回、巻き返しが期待される。

ガラリ一変の可能性 ロードクエスト

inyofu 前走は全く見せ場の無い競馬という感じがしましたよね。
しかし左回りのこの舞台設定ならまた話別物になってくる。
本来2歳時左回りマイルで2戦ともとてつもない強い競馬をしているし
当然この舞台設定になることでガラリ一変の可能性も出てくるだろう。
今年に入ってスプリングS3着→皐月賞8着と勝ち星を挙げていないが、今回はこれまで2戦2勝の1600mに距離が短縮される。

ダービーも勝てるくらいの器 イモータル

inyofu 共同通信杯の厳しい流れを早めの競馬で2着したことから、2歳時よりかなり強くなってます。
なにより共同通信杯の上位3頭はかなり強いです。
皐月賞で本命にしたディーマジェスティはもちろん、3着のメートルダールも青葉賞は距離が長いだけ。かなりの馬です。
話が逸れましたが、イモータルに関してはマイラーではないです。ただ、東京マイルは中距離馬のほうが向く舞台。ここを勝ってダービーも勝てるくらいの器の馬と見てます。
展開も前に強い馬がいる展開になりそうなので向くと思います。
前走の共同通信杯では、後の皐月賞馬ディーマジェスティに次ぐ2着に好走。左回りでは未だ負けていない同馬、当然有力馬の1頭だ。

怖いのは田辺のハマり トウショウドラフタ

inyofu 左回りの1600mは2戦経験しておりますが、いずれも凡走しております。
まだ本格前、かつ田辺騎手が騎乗してからの成績は全く異なるものになっておりますのでこれだけで軽視するのは得策ではないと思いますが。 怖いのは「田辺のハマり」ですね。 外枠が取れて、スケベ心を持って、後方待機で直線までじっくりと構える競馬ができ、さらに後方勢に有利な展開になれば飛び込んできても納得はできるところです。
前走のファルコンSを優勝して目下3連勝中。今回、勝ち星のない1600mの距離に対応できるか注目の1戦となる。

適性のある舞台 ブレイブスマッシュ

inyofu 戦績を見ると明らかに凡走していた2000mは距離が長かったという印象をもちますね。
東京マイルはサウジアラビアRCを勝利した適性のある舞台です。
倒した馬は上位人気馬のイモ―タル。そして8番人気で何かと怖い横山典騎手です。
ちなみにダンツプリウスも2戦目で倒しております。
この馬も穴馬として面白いですね。あっ、トニービンの血も持っている。
2000mでは好結果を残せなかったが、マイル路線に転じた前走のファルコンsで2着に好走。1600mでは4戦4連対をマークしており、距離適性は高い。

馬場が渋れば ダンツプリウス

inyofu ここまで10戦中8戦で馬券に絡むなど安定した走りを見せているが一度も1番人気に支持された事がないようにどちらかと言えば地味なタイプ。今回は初の東京コースでパワー型のこの馬にとっては課題もありそうだが、たぶんまたそこまで人気にはならないはず。ブライアンズタイム(ロベルト系)産駒は強くなるときは一気に大物食いを果たす傾向があり、ここでも侮れない。馬場が渋ればチャンスは広がりそう。
前走のニュージーランドTを優勝など、今年に入ってから2勝、2着1回と抜群の安定感を誇っている。

みんなの予想は


前回うまキュレ内の天皇賞予想で唯一キタサンブラック本命も
8歳のカレンミロティックを切ってしまって撃沈
流れは来ているので巻き返したい

そんなうまキュレ班の本命はイモータル

前走の休み明けの共同通信杯で皐月賞馬ディーマジェスティと0.2秒差を評価
ハイレベルな1戦と考える。左回りは3戦1勝2着2回、東京コースへの適性が高く
1勝馬でありながら戦ってきた相手は強力なメンバーばかりで
今回のメンバー含めても見劣りしない

対抗はメジャーエンブレム

前走桜花賞では、断然の人気を支持されるも騎乗含めて本馬のダメな部分が全部出た印象
それで4着なのだから相当な器。前々走のクイーンカップの競馬をすれば勝ち負けは当然
ルメール騎手も同じ過ちは繰り返さないだろう

3番手はロードクエスト

デビューから安定した走りを見せていたが、前走皐月賞で8着と大敗。距離は長かったようだ。
今回は適性の高い左回り1600m、直線の長いコースに変わり一変して瞬発力を発揮してくる可能性が大きい。

◎イモータル
○メジャーエンブレム
▲ロードクエスト
△トウショウドラフタ
×ブレイブスマッシュ
☆ダンツプリウス
 レインボーライン
 アーバンキッド
 シャドウアプローチ(ストーミーシー)

◎→○▲の馬連が本線

後は◎一頭軸の3連複から印の馬に人気薄を絡めて高配当も視野に

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line