TOP > 予想/馬券 > キズナに続け!第62回 京都新聞杯予想まとめ!
予想/馬券

キズナに続け!第62回 京都新聞杯予想まとめ!

去年の京都新聞杯を優勝したキズナは、次走の日本ダービーも快勝し、世代の頂点に上り詰めた。
この舞台で新たなニューヒーローは現れるのか予想をまとめてみた。
競走馬

前走アルメリア賞で出遅れも押し切り勝ち 「ミヤビジャスパー」

inyofu ◎ミヤビジャスパー ラジオNIKKEI杯2歳ステークスで追い込んで4着という戦績が光る。しかしあのレースは後ろで我慢したもん勝ちというレースになっている印象は否めない。早目抜け出しを図ったアズマシャトルが最後までしっかりと伸びたワンアンドオンリーの餌食になってあとは追い込みの競馬。 着順ほど評価していなかったのだが若駒ステークスでは少頭数で折り合いがつくまでに苦労しながらもトゥザワールドの2着と見せ場十分の競馬を見せた。
inyofu 圧巻は前走。追い込み一辺倒だと思い込んでいたところを最内枠から出遅れてしまってこれはいつもの通り末に賭けるのかと思いきや4コーナーを4番手で通過すると先頭に立ってそのまま押し切る味な競馬をしてきたのだ。ちょっとイメージが覆ってしまって驚いた。 毎日杯は熱発で回避してここへ。逆にいい休養になったと捉えて仕切り直し手大一番へコマを進めてもらいたい。
ラジオNIKKEI杯、若駒Sと戦ってきた相手を考えるとハイレベルな馬である。

↓ミヤビジャスパーの成績↓

トップクラスの評価 シャドウダンサー

inyofu ディープ産駒が他にいないとなればホワイトマズル産駒、シャドウダンサー。 ホワイトマズル×ダンスインザムードという好血統。 黄菊賞ではトゥザワールドの2着、 前走は青葉賞を制したショウナンラグーンに勝利となかなかの実績。 中団好位からじわじわ伸びるタイプでこの舞台も合いそうです。 血統とのバランスを考えるとこの馬はトップクラスの高評価ですね。
こちらも前走500万下で負かしたショウナンラグーンと言った具合に、
その後、青葉賞を勝つなどなかなか強いメンバー相手に好走中である。

↓シャドウダンサー成績↓

京都コースで一変 アズマシャトル

inyofu 本命は、アズマシャトル 毎日杯は中団追走から、4角で外に出して直線じわじわ伸びてきたが坂に入って脚が鈍り0.2秒差5着。 ラジオNIKKEI杯2着や前走の毎日杯5着など重い馬場で結果出しているが、どちらもラストの急坂で失速していて、単純に1600mがベストという落ちも考えられるが、新馬戦で高速馬場の京都で上がり2位より0.7秒も速い上がりで完勝しているので軽い馬場に変わって一変する可能性を感じるので期待。
弥生賞と毎日杯はそこまで負けてないし、乗り方一つで馬券内もあった印象。京都の平坦コースで期待できる。

↓アズマシャトル成績↓

瞬発力が魅力 ハギノハイブリッド

inyofu ハギノハイブリッド・・・デビューではシャドウダンサーに負けたものの上がり最速でシャドウダンサーに0.2秒差までに詰め寄った。京都で33.5秒の脚を持っているしさらに前走東京でも一番速い脚で追い込んできた。 父タニノギムレットはクレスコグランドで勝っているようにこのレースも相性が良いと見ている。 今回の本命。
終いが確実に伸びるタイプで、2200mで好走しているのも好材料だ。

↓ハギノハイブリット成績↓
京都の外回りコースなので瞬発力は重視される点。ただ、スローになると逃げ馬有利になることも稀にありえる。 そして2200mという非根幹距離は微妙なペース配分が勝ち負けを左右するので予想に穴馬を入れておくと良いかもしれない。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line