TOP > コラム > 覆面馬主【データの8号】京都新聞杯予想
コラム

覆面馬主【データの8号】京都新聞杯予想

覆面馬主 データの8号
続いて京都いってみましょう!

まずは京都の単勝推奨馬

-------------------------------
京都01R ◎ ⑩エフハリスト(複数の項目で大きな加点を獲得)
京都03R ◎ ②プログレスシチー(芝→ダート替わりでの一変に期待)
京都06R ◎ ⑭ゼンノサーベイヤー(スピード指数がずば抜けて高い)
-------------------------------

では京都メインの京都新聞杯の結論へ。

ダービーの優先出走権はありませんが、1着賞金があればダービー出走は可能。出走馬の中でスマートオーディン以外は“勝ってダービーへ”となるレース。

賞金を加算するのは、どの馬でしょうか。


↓↓↓

第64回
京都新聞杯(GII)
芝2200m
コース分析が出来れば馬券は当たる! 【京都芝2200m】
3歳OP


週中のデータから本命候補は…

スマートオーディン
ゼンノタヂカラオ

詳細は「データ分析」にありますので、まだ見ていない方は、

覆面馬主【データの8号】重賞競走「データ分析」京都新聞杯
※過去10年の京都新聞杯のデータ

を、どーぞ。


その中から本命としたのは、

ゼンノタヂカラオ

前走で重賞勝ちスマートオーディンも魅力たっぷりですが、データから前走2000m組の複勝率が高いですし、今回の距離は2200m。1800mしか経験のないスマートオーディンよりも2000mの経験があり、しかも同距離で2勝を上げている実績を評価します。

しかもゼンノタヂカラオはデビューから8戦全てが3着以内。この安定感は馬券検討の上で大きな説得力。さらに騎乗する川田くんは、この条件で高い複勝率を残す騎手の一人。信頼感があります。

次にスマートオーディンも十分に魅力的です。重賞2勝はこのメンバーに入ると抜けていますし、アッサリ勝ちそうな雰囲気も当然あります。ただ、この馬は賞金面で問題なくダービーに出られますから、あくまでもここは本番に向けた試走の色合いが強く、どう考えてもメイチに仕上げることはないと思います。

それにスマートオーディンはダノンシャンティ産駒ですが、同産駒は1800m以下で全13勝5勝を上げていますが、2000m以上となると未だ未勝利。データからここが少し引っ掛かりますので、他のデータと合わせて二番手の評価に留めます。

◎⑩ゼンノタヂカラオ
○②スマートオーディン
▲⑪アグネスフォルテ
☆⑬ブラックスピネル
△⑨ロイカバード
△⑦エルプシャフト
△③エルリストン

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。


プリンシパルS
駿風S



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line