TOP > コラム > 覆面馬主【妄想の2号】京都新聞杯予想
コラム

覆面馬主【妄想の2号】京都新聞杯予想

覆面馬主2号
こんばんは、2号です。

いやはや、見ていてあれほど青ざめたGIは久しぶりでした!
先週金曜(青葉賞時)と土曜(天皇賞時)にも書いているとおりですが、簡単にまとめると

『あらゆるところからキタサンブラックが勝つサインが出ている気がする!』
『いやいや、いくらなんでも「サイン馬券だから」で安易に軸馬を決めてはいけない』
『キタサンブラックが逃げた場合、そもそもそのまま3200mを押し切れるのだろうか』
『冷静に考え直した結果、近走の安定性と強さから外枠でも大丈夫だろうと見て◎はゴールドアクターという結論に落ち着いた』

という経緯。ところがゴールドアクターは最近の落ち着きや安定性はどこへやら、パドックで大暴れしてレース前から不穏な気配を漂わせていた上、直線入り口で○トーホウジャッカル共々一瞬「おっ!?」と思わせる場面はあったものの終いに失速。レース後の騎手のコメントは『やはり枠の差があった』で、おまけに勝ったのは逃げ切りのキタサンブラック!
まぁ2着のカレンミロティックが抜けてしまっていたのでどちらが軸でも不的中は不的中ですが、散々悩んでの結論が全て裏目に出た挙句、サイン云々の直感に遅れを取ったのはちょっとショックでした・・・・・。

そんな今ひとつ煮え切らない気分で今週の重賞出走馬を見ていたのですが

◎4スワーヴアーサー
○2スマートオーディン
▲7エルプシャフト
☆13ブラックスピネル
△10ゼンノタヂカラオ
△9ロイカバード
△11アグネスフォルテ

馬名を見た瞬間「あの時あの馬に負けた馬・・・・・」「あのレースに出ていた馬・・・・・」ではなく「あぁあの強かった馬だ!」という思い出し方をしたスワーヴアーサーを本命にします!

ここまでの勝利は2月に京都芝1800mで行われた未勝利戦での1勝のみで、通算は3戦1勝、今回はその時以来の休み明け。
一時はクラシック路線を目指した馬や、既に重賞を2つも勝っている馬がいる中では心もとない戦績ですが、未勝利勝ちを見た時に「あ、この馬はダービーに出てきそうだな」と思ったわけです。

ちなみに最近の新馬や未勝利を見た段階でこう思ったのは、サンテミリオンの新馬戦(オークス勝ち)、リーチザクラウンの未勝利戦(ダービー2着)、有名どころだとディープインパクトも「あ、これは三冠のうち最低1つは持っていく」と思いました。
皐月賞13着でダービー不参戦だったダノンミルの未勝利戦や、サムライハートの新馬戦などでも同じように思ったので精度はそれほど高くないですが、この中でそう思ったのは◎○の2頭ぐらいでした。

スマートオーディンは初戦こそ強いと思ったのですが、その後の一連のレースを見れば見るほど『マイラーなのでは』と思うようになりました。日曜のNHKマイルCだったら◎まであったかもしれませんが、共同通信杯を見た限り2200mはマイナスじゃないかと思います。
その点スワーヴアーサーは前走の内容が上々で、最終追いと1週前追いが共に好内容。デビュー当時はまだトモに緩いところがあったそうで阪神(新馬戦)の坂で止まってしまっていましたが、京都の2走を見る限りここなら問題無いでしょう。未勝利戦を見た時の『直感』を、今回は信じてみようと思います!

今回は馬連◎=〇▲☆と、3連複フォーメで◎=〇▲☆=〇▲☆△△△の12点を買おうと思います。


全力一点少年・素イチスイッチ



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line