TOP > コラム > 脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月7日版】
コラム

脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月7日版】

脚みせて!フレンチcancanダンス!
どうもこんばんは、影武者です。

今週はNHKマイルCが行われますが、このレースは「フレンチデピュティとの関連性が異常に高い」という傾向を見つけてしまいました。直仔のクロフネ&グラスエイコウオーによるワンツーにはじまり、ピンクカメオの大激走、母父フレンチでも2013年勝ち馬マイネルホウオウを輩出。

詳しくは明日のコラムでじっくり触れますが、春の東京芝とフレンチデピュティには適性がリンクする「何か」があると推理します。そしてその「何か」については、責任をもって明日までに調べたいと思います。推理ならサスペンスの3号さんのお手の物かもしれませんが、ここは7号さんの影武者のプライドにかけて自力で解明します!

春の東京芝とフレンチを結びつける「何か」とは?

すべては明日のコラムで判明するので、ぜひ注目してみてください!


ということで、フレンチcancanダンスの時間です!

今週土曜日の母父フレンチは11頭、母父ダンスは9頭!
その中から注目馬をピックアップします。


【母父フレンチデピュティ】

■東京10R
仏10 アルター
母父フレンチの東京芝2400mといえばショウナンパンドラがジャパンCを勝っていますね。アルター自身もこの舞台では【1-2-0-0】と安定感抜群。順当に巻き返してくるとみます。


■京都7R
仏3 ナムラケイト
ディープインパクト×フレンチデピュティという血統にもかかわらず、ダートに良績が集中している馬ですね。前走はもともと走らない休み明けの上、牡馬相手でもありました。叩き2戦目・牝馬限定戦替りで変わり身必至とみます。

仏4 レインボーソング
同じレースからもう1頭母父フレンチをピックアップ。こちらはナムラケイトとは反対で休み明け走る馬。前走は2走ボケがあったのかもしれません。再度間隔をあけた今回、チャンスは十分でしょう。


■新潟2R
仏7 メイショウミツタダ
さすがにこの時期まで来ると未勝利のレベルはガクンと低下します。中央場所4着の実績はローカルのメンバーなら大威張りできるものでしょう。



【母父ダンスインザダーク】

■東京2R
踊4 ゴーストノート
母父ダンスもそうですが、それ以上に気になったのが祖母ロジータ。牝馬にして南関東三冠などビッグレースを多数制した馬です。2000m超のレースで豊富なスタミナを見せ付けてきた馬だけに、その血を受け継いだゴーストノートのダート2100m替りはプラスに出るはず。


■東京11R
踊5 マイネルラフレシア
父ジャングルポケットは左回りの日本ダービー&ジャパンC勝ち、母父ダンスインザダークはプリンシパルS勝ち。「サウスポー」の血筋を受け継いだマイネルラフレシアも左回りでは【2-0-1-0】と馬券圏外がありません。待望の左回り替りで見直せる1頭です。


■京都7R
踊8 メイショウブーケ
このレースには母父フレンチが多数出走していますが、同馬は父フレンチ×母父ダンスという馬。戦績を見る限り父フレンチのパワーが強調されている印象も、母父ダンス譲りの末脚は前走で証明済み。差しが決まる展開なら。


■京都10R
踊3 ショウボート
阪神芝外回りの内枠って前が詰まりやすいんですよね・・・前走はまるで2走前のリプレイを見ているようなレースぶりでした。直線馬群がバラける京都芝外回りならそんなことはないでしょうし、父ハービンジャーも母父ダンスインザダークも京都>阪神というタイプ。豪脚炸裂に期待します。


■新潟5R
踊11 トウシンスパーク
キングカメハメハ×ダンスインザダークという血統。この馬は渋った馬場適性が高く、2着の新馬戦、勝ち馬から0秒3差の前走はいずれも渋った馬場。雨予報も出ている土曜新潟の馬場・広い外回りコースでこそ母父ダンス譲りの持続力ある脚は活きるとみます。


■新潟11R
踊16 カシノワルツ
馬券圏内に入れば波乱、という典型的な穴馬ですね。直線競馬は【0-1-1-1】と悪くない相性を示していますし、前走も勝ち馬から0秒3差。最後にひょっこり突っ込んでくるシーンを想定します。

本日は以上です!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line