TOP > コラム > 覆面馬主【小鳥の7号】5月7日(土)オフレココラム
コラム

覆面馬主【小鳥の7号】5月7日(土)オフレココラム

オフレココラム
ダービー前の最後のトライアルウィークともなればプリンシパルSを予想しないわけには行かないだろうね。
っていうか、トライアルは予想したくなるってのが競馬好きの性だわな。

ということで、京都新聞杯は重賞コラムで書いたので、こちらではプリンシパルSの見解も書いておこうと思う。

プリンシパルS

ダービーへのチケットは勝者のみに与えられる。
ここでの1着と2着の差は計り知れなく大きい。

そういうレースでどのような馬を選ぶか?
安定して連軸に向きそうな馬?
過去の実績がある馬?

NO!NO!NO~!

一か八かの「一発」を狙える馬でしょ!

実績ではプランスシャルマンやマイネルラフレシア、血統ではエフティースパークルやショパン、ディープ産駒ならゼーヴィントやオーダードリブンって事になるのかもしれないが、俺は2頭狙いたい馬が居る!

アシュワガンダとヒルノマゼラン!

この2頭だ!

アシュワガンダは前走のブリンカーが効いたのか、かなり強い競馬だった。デビュー戦の時にゴール後もすっ飛んでとまらなかった事を考えると、相当な心肺能力があるのかもしれない。ただ、もしかすると、いう事を聞かないタイプかもしれないので、勝つかドボンみたいなタイプかもしれないが、勝浦が自信を持って乗ってくれたら面白いと思う。そして、ヒルノマゼランは、これもあまり人気無い感じだな。距離的なものかもしれないが、ブライアンズタイムの肌にマンハッタンカフェなら2000mは持つんじゃないか?前走はソエ気味だったことを考えれば、痛さがなくなった後のレースは激走することもありえるからな。

ということで、評価。

◎3アシュワガンダ
◎11ヒルノマゼラン
▲9エフティースパークル
☆2オーダードリブン
△12ゼーヴィント
△5マイネルラフレシア
△15ショパン
△10プランスシャルマン


買い方

◎2頭の単勝と3連単フォーメーション

1着 ◎◎
2着 ▲☆△△△△
3着 ▲☆△△△△

以上60点!

◎2頭は頭あってもヒモなし!というレースをすると見ているので、この買い方!

土曜日は以上!


7号京都新聞杯



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line