TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の2016年5月7日(土)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の2016年5月7日(土)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、どの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた
馬キュレ

牝馬限定の5号

東京6R
inyofu ◎9 グリントオブライト
〇7 シャクンタラー
▲3 マーヤ
☆1 ブラボーリリック
△5 リリカルホワイト

で、馬券は、グリントオブライトの単複、馬連、馬単。それと、軸一頭の三連複と三連単。
シャクンタラーが、飛ぶと美味しい馬券になりますね。
5号の本命は3番人気のグリントオブライト。スタートをやや出負けして後方からの競馬。道中持ったまま上がっていく手応えも、前が止まらない馬場で最後は他の馬と同じ脚色になってしまい3着(複勝150円)

データの8号

プリンシパルS(東京11R)
inyofu ◎アジュールローズ

前走重賞組の強いレースも、今回は重賞組が少ないこともありますし、そもそも前走500万下組は十分に狙える範囲内。また、前走距離もデータ上位の2000m組。もちろん前走も勝っていますから複数のデータで合致。さらに、アジュールローズはヴィクトワールピサ産駒。同産駒は東京2000mで好成績を残しており、過去9戦と少ないながら馬券対象になること5回! 複勝率は55%を超えており、かなりの好成績。デビューから2戦はダートで2着→1着。そこから3ヶ月の休養を挟んだ前々走の初芝で4着と好走し、前走で500万下を通過。データ的にも、また勢いからも十分に狙えると判断します。

◎①アジュールローズ
○⑩プランスシャルマン
▲⑫ゼーヴィント
☆③アシュワガンダ
△⑭オンザロックス
△⑮ショパン
△②オーダードブリン

単複&馬連と、◎が人気薄と考えて3連単1頭軸マルチを考えています。
様々な好走データが合致して8号の本命は7番人気のアジュールローズ。飛ばすピースマインド、モーゼスの作った流れに乗り3番手をガッチリ確保して迎えた直線、好位から抜け出して豪快に突き抜けた。馬券は単勝(1430円)複勝(420円)と高配当を的中!

全力一点少年=素イチスイッチ

新潟2R
inyofu ◎8ツジラピテス
◯7メイショウミツタダ

珍しく大崩れした◎ツジラピテスの前走は落鉄が原因。○のメイショウミツタダ共々、ローカルの相手関係なら頭ひとつ抜けていると思います。

ワイド7-8の一点勝負!
これは1点で行けるだろ!と言う馬券をご紹介していく2号企画。ルーキーの木幡巧也鞍上のタイセイブラストの逃げを直線でも捕まえれなかったが2、3着を確保。ワイド230円をGET!

「砂の惑星から来た勇者たち」

京都新聞杯
inyofu ■京都11R・◎スマートオーディン

前走の毎日杯が圧巻の勝ちっぷり。
ここはあくまでダービーへ向けての試走という位置づけだが、直前の猛稽古からまったくデキに抜かりはない。
4つのコーナーを経験させる意図からNHKマイルではなくこちらを選んだという経緯があり、本番へ向けて確認をしながらの競馬になるだろうが、メンバーを考えてもここは負けられない一戦だ。
6号メインで予想する地方出身騎手にスポットライトを照らす企画。イチオシはメンバーに恵まれたスマートオーディン。道中は後方2番手で脚をため、戸崎騎手は折り合いに専念。3~4コーナーで馬群の外を回って進出。絶好の手応えで直線に向くと、末脚勝負でキッチリ仕留めた(単勝200円)

つばめよ教えてよ!日高の星を!

新潟3R
inyofu ◎10 オルノス

浦河の信岡牧場の生産馬。ワンダーパフューム、ダンツフレームというGⅠ馬を輩出している名門牧場だ。ジャングルポケットのいとこだね。前が有利のコース形態だけど、陣営は積極的にいくと表明してる。枠順もいいところで、人気になるだろうけど競馬がしやすいと思う。ここは通過点。軸でいいでしょ。
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画(新潟編)2番人気オルノスは、中団からの競馬。直線では追い出しを我慢して2着馬をクビ差で差し切って初勝利(単勝300円)新人の森裕太朗騎手で2着が3度続いたが4度目の正直で自身も2勝目を挙げた。
東京2R
inyofu ◎4 ゴーストノート

新冠の高瀬牧場の生産馬。レギュラーメンバーが有名だね。ダート転向後は中山で2戦。どっちも追込みが届かずって内容だっただけに東京コースへの舞台変更は好材料になりそう。距離延長となれば、もっとスムーズに流れに乗れるだろう。頭で買っていい馬だと思う。人気になっちゃうかもね。
東京3R
inyofu ◎7 チェストケゴールド

平取の了徳寺健二さんの生産馬。これは敗因がハッキリしている馬のパターン。馬場悪化、ソエが重なってる敗戦だけに、度外視していいだろう。しっかり実力がだせれば新馬戦3着以上の結果が期待できるはず。馬券には組み込んでおいてほしい1頭だな。
同じく日高の星(東京編)2Rのゴーストノートは、スタート悪く最後方。向こう正面から徐々に上がって行ったが逃げたロードゼフィールが止まらず2着(複勝170円)3Rのチェストケゴールドは、道中前が壁になって直線外に持ち出した分、勝ち馬に届かず2着(複勝130円)
京都7R
inyofu ◎7 コマノサラサ

新ひだかの西川富岡牧場の生産馬。05年のスプリングステークスの勝ち馬
ダンスインザモアが有名だね。ディープインパクト世代も遠い昔のように感じる。さて、この馬を推すのは、今回が9頭の少頭数だからってのば大きい。後ろから行く馬で、前回は15頭立ての最後方からまくり気味に追い上げて来て4着だ。似たようなコースで似たような展開になったときに、9頭立てってのが命運を分けると思うよ。
京都新聞杯
inyofu ◎2 スマートオーディン

新進気鋭の牧場、新冠のスカイビーチステーブルの生産馬。日高の星としては、この馬を挙げておかないとね。まあ、イマイチつかめない馬なんだが、馬体重が増えてなければ勝っておいた方がいいでしょ。もしくは、スロー専門の馬なのか…。好走したレースは前半3Fが37.5以上かかるスローばかり。脚が溜まってこそ爆発するタイプなのかもしれない。なので、今回ペールが合わないと思うのなら思い切って切るのもアリ。スローになりそうだけどね。ともかく道中はジッとしておけば見せ場はあるだろう。このコラムとしては完勝して、キズナローテでダービーに挑んで欲しいね。
同じく日高の星(京都編)7Rの3番人気コマノサラサは4番手で脚を溜めるも、その前にいたマイティティーが抜群の手応えで5馬身突き放され3着(複勝130円)京都新聞杯のスマートオーディンは直線では抜群の伸び。メンバー最速の上がり3ハロン33秒8をマークし、内で粘るアグネスフォルテをねじ伏せた。

しみじみ買えば、しみじみ当たる!舟唄馬券術!

inyofu 東京1R 7パーミストリー
    12フラマブル
東京2R 9サファリ
東京12R 7ザマンダ
京都2R 2ソル
京都5R 9フォンス
京都6R 1ゴルトシュミット
新潟11R 6ワールンガ

と全部で、8頭出走する。

明日も、単複で狙ってみよう!
穴が一発出れば、勝てるはず!
1号監修。舟唄のように、こうと決めたらそのスタイルを貫く方法論で馬券を購入する企画。今年もシェイクモハメド殿下の所有馬を狙っている。 8レース中、東京1Rのフラマブルの3着(複勝180円)と京都5Rのフォントが1着(単勝300円、複勝160円)の2レースが馬券に絡んだ。

抱きしめて!ミスターP

新潟8R
inyofu ◎⑪エイシンカーニバル

母父ファルブラヴは2002年に中山で行なわれたジャパンCの勝ち馬。この年は前日に中山でジャパンCダートも行なわれましたが、5番人気イーグルカフェを勝利に導いたのはデットーリ騎手。そして、翌ジャパンCも9番人気ファルブラヴを再びデットーリ騎手が勝利に導き、連日のデットーリ劇場となりましたね。やはり競馬に騎手は重要です!
そして父のサウスヴィグラスはエンドスウィープ産駒のミスターP。1Rのトーセンスラッガーの母父はフォーティナイナーですが、エンドスウィープはフォーティナイナー産駒。中央での産駒生涯成績は通算3000レース以上で、芝17勝に対し、ダートは300勝以上のサウスヴィグラス。今回のダート1200mは絶好の条件でしょうし、前走4着エイシンカーニバルのもう一押しを今回は期待です!
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う8号の抱きしめたいミスプロ系企画(新潟編)2番人気のエイシンカーニバルは、今回積極的に逃げる展開も3番手を追走していたテキスタイルアートが36秒3の鬼脚で7馬身差千切られて2着(複勝130円)今回は相手が悪かったとしかいいようがない。

私ピンクのサウスポー!

新潟7R
inyofu ◎1 クライミングローズ

ブライアンズタイム肌のマンハッタンカフェ産駒。で、彼女、明らかにサウスポーだね。左回りは、3戦して、2着が2回、3着が1回。着外なし。
しかも、新潟は、相性抜群、更に、逃げやすい1番枠。
グリグリの1番人気だが、ここは、逆らわないほうがいいぞ。
春日山特別(新潟10R)
inyofu ◎2 マコトギンズバーグ

この馬も明らかにサウスポー。過去5回連対経験があるが、すべて、左回り。小倉や福島は合わないね。
ここ、おそらく一番人気だが、小頭数で追い込みやすいし、まず、2着は外さないとみた。
緑風S(東京10R)
inyofu ◎7 トルークマクト

左回りで3勝している馬で、東京コースも好相性。全然人気ないが、そんなに負けてないから、噛み合えば一発あるかもよ。
1号監修。右回りで凡走を続け、左回りになった途端に爆走する馬を推奨する企画。新潟7Rのクライミングローズは、絶好枠を引くも2番手の競馬で逃げられず最後はパパラヴズマンボに半馬身差し切られて2着(複勝150円)春日山特別のマコトギンスバーグは、圧倒的に人気も3着確保がやっと(複勝110円)調教がいまひとつだったか。緑風Sの7番人気トルークマクトは、後方からメンバー最速の末脚でサムソンズプライドにクビ差まで迫る2着と健闘した(複勝500円)

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

緑風S(東京10R)
inyofu ◎3 サムソンズプライド

単騎のマイペース逃げが期待できるんじゃない?気になるのは休み明けだけ。もし人気が落ちるようなら積極的に狙いたい。あれよあれよって結果が来てくれると嬉しいね~。まあ、馬券には絡むでしょ。個人的には単勝勝負!
1号企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画(東京編)サウスポーのトルークマクトに最後詰め寄られたが、終始好位で立ち回って勝利(単勝470円)準OPで2着4回と惜敗が続いていたが3年前のプリンシパルS以来OP入りをはたした。

脚みせて!フレンチcancanダンス!

【母父フレンチデピュティ】
京都7R
inyofu 仏3 ナムラケイト
ディープインパクト×フレンチデピュティという血統にもかかわらず、ダートに良績が集中している馬ですね。前走はもともと走らない休み明けの上、牡馬相手でもありました。叩き2戦目・牝馬限定戦替りで変わり身必至とみます。
新潟2R
inyofu 仏7 メイショウミツタダ
さすがにこの時期まで来ると未勝利のレベルはガクンと低下します。中央場所4着の実績はローカルのメンバーなら大威張りできるものでしょう。
【母父ダンスインザダーク】
東京2R
inyofu 踊4 ゴーストノート
母父ダンスもそうですが、それ以上に気になったのが祖母ロジータ。牝馬にして南関東三冠などビッグレースを多数制した馬です。2000m超のレースで豊富なスタミナを見せ付けてきた馬だけに、その血を受け継いだゴーストノートのダート2100m替りはプラスに出るはず。
プリンシパルS(東京11R)
inyofu 踊5 マイネルラフレシア
父ジャングルポケットは左回りの日本ダービー&ジャパンC勝ち、母父ダンスインザダークはプリンシパルS勝ち。「サウスポー」の血筋を受け継いだマイネルラフレシアも左回りでは【2-0-1-0】と馬券圏外がありません。待望の左回り替りで見直せる1頭です。
六波羅特別(京都10R)
inyofu 踊3 ショウボート
阪神芝外回りの内枠って前が詰まりやすいんですよね・・・前走はまるで2走前のリプレイを見ているようなレースぶりでした。直線馬群がバラける京都芝外回りならそんなことはないでしょうし、父ハービンジャーも母父ダンスインザダークも京都>阪神というタイプ。豪脚炸裂に期待します。
新潟5R
inyofu 踊11 トウシンスパーク
キングカメハメハ×ダンスインザダークという血統。この馬は渋った馬場適性が高く、2着の新馬戦、勝ち馬から0秒3差の前走はいずれも渋った馬場。雨予報も出ている土曜新潟の馬場・広い外回りコースでこそ母父ダンス譲りの持続力ある脚は活きるとみます。
フレンチデピュティとダンスインザダークが母父に入った馬たちを追いかける7号の影武者(部下)企画。1着馬不在も、なんと今回推奨した10レース中6レースが馬券に絡む活躍。特にプリンシパルSの8番人気のマイネルラフレシアは2着(複勝350円)は評価したい。

フ~ジ子ちゃんの奇跡!

京都新聞杯
inyofu ◎2 スマートオーディン

凄いよ、上がりの脚は!まさに父譲りの豪脚!
賞金持ってて、ダービー出られるのに、ここを使ってくるって事は、距離をならしたいんだろうね。
本番に向かって、やる気十分だよな。
サンデーサイレンス産駒で初期の名馬フジキセキを孫世代で爆走しそうな馬を、推奨していく企画。ここでもスマートオーディンが指名。直線で大外から差し切って重賞2連勝。現3歳世代では最多の重賞3勝目を飾ってダービーへ乗り込む態勢が整った。

馬券取ルメール☆利益デムーロ!

inyofu 明日のデムーロ勝負は、2鞍。

■東京5レース!3歳未勝利戦!

◎5 キングドラゴン

成績みるとアテにならないが、相手も相当弱い。
デムーロの腕で、馬券圏内に持ってこられるんじゃないかな。

■東京6レース!3歳500万下!

◎7 シャクンタラー

明日一番勝負したいのが、この馬。牝馬限定戦なので、よほどおかしな事が起きない限り、この馬が勝つとみている。
inyofu ■京都12レース!4歳上1000万下

◎8 スワーヴカイザー

ルメールは、距離が長ければ長いほど成績が上がる。ダートも、1200m、1400m、より、1800m。1900mなら尚良いはず。
ペース配分と、最後の仕掛けが完璧だから、脚を余さず差しきるとみた。
常に人気になってしまうタイトル通りの外国人騎手2人、この2人が得意としてる距離や条件を熟知して、勝負レースを選ぶ新企画。デムーロ騎手の東京5,6Rは2着。ルメール騎手の京都12Rで3着と、今回勝負レースは未勝利も馬券には絡んでいるので今回は小休止。日曜のGIに向けて力を溜めているとみた。


今回は個人予想で奮わなかった京都新聞杯(勝ち馬スマートオーディン)が企画予想で3回指名される集中ぶり。更にサウスポーやフレンチダンスで多くの馬券に絡むなどの活躍で明日に弾みをつけた。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line