TOP > 予想/馬券 > 負け知らず!覆面馬主達の2016年5月8日(日)の予想的中結果まとめ
予想/馬券

負け知らず!覆面馬主達の2016年5月8日(日)の予想的中結果まとめ

覆面馬主達限定の予想結果を毎週振り返って読者の参考にしてもらったり、どの覆面馬主が今一番熱いのか、毎週の予想企画コラムから的中をメインにまとめてみた
馬キュレ

血統の1号

NHKマイルカップ
inyofu ◎5 ロードクエスト

まずもって、2戦目の新潟2歳ステークスのパフォーマンスが、とんでもない。
上がりは、稍重の馬場で、32秒8。
最後は流してた。

ここ3戦は、距離も長く、右回り。
左回りでマイルとくれば、あのパフォーマンスが、復活するとみている。
池添騎手は、ここのところ2戦ともG1が惜しいハナ差の2着だが、裏返せば乗れてる証拠。ここは、内から差しきってくれるはず。

◎5 ロードクエスト
〇14ブレイブスマッシュ
▲8 イモータル
☆4 メジャーエンブレム
△12ハクサンルドルフ
△15ストーミーシー
△3 アーバンキッド

今回、キレるという意味では、アドマイヤムーン産駒の2頭、ハクサンルドルフとストーミーシーがかなり怪しい気がしている。
なので、馬券は、まず、ロードクエストの単複、それと、馬連、馬単、軸一頭の三連複と三連単を買う。
本命2番人気のロードクエストは道中、馬群の後ろから。直線は大外へ持ち出してメンバー最速の上がり3ハロン33秒8を繰り出したが猛追及ばず2着。やはり左回りのマイルは走ると実証された。馬券は複勝(210円)馬連(940円)的中!

カウボーイの4号

WIN5
inyofu 京都10R>上賀茂S>定量戦。京都巧者多し!>大混戦?
東京10R>ブリリアントS>ハンデ戦。2強+トップハンデ・ジュベルムーサの一戦?>堅い!
新潟11R>新潟大賞典>難解のハンデ戦。新潟巧者パッションダンスの取捨がポイント!>中波乱?
京都11R>鞍馬S>これまた難解のハンデ戦。正直、何が頭にくるかわからないでござる。>波乱?
東京11R>NHKマイルカップ>定量戦。牡馬牝馬クラシック組中心?>人気上位馬の決着?

京都10R>上賀茂S>6頭
③セイスコーピオン、④ハギノタイクーン、⑨タムロミラクル、⑩アドマイヤシャイ、⑬トラキチシャチョウ、⑭ミキノハルモニー

東京10R>ブリリアントS>2頭
⑧アポロケンタッキー、⑨ドコフクカゼ

新潟11R>新潟大賞典>6頭
②ヒストリカル、③フルーキー、⑤サトノラーゼン、⑨パッションダンス、⑭ダコール、⑮ベルーフ

京都11R>鞍馬S>4頭
⑤メイショウライナー、⑨ワキノブレイブ、⑭ミッキーラブソング、⑱セカンドテーブル

東京11R>NHKマイルカップ>3頭
④メジャーエンブレム、⑤ロードクエスト、⑥ティソーナ

という事で、明日は6×2×6×4×3=864点で勝負します。GWで食べ過ぎて胃もたれ(イモータル)のサインが出ているのが気になるでござるよ。

そして明日の絶叫ワードですが、新潟大賞典(G3)は「ユキト――――――――――――――――――――――――――!」
そしてNHKマイルカップ(G1)は「ルメーーーーーーーーーールーーーーーーーーーーーーー!」

それでは、被災地の一日も早い復興とWIN5の的中を祈念いたしまして。二礼、二拍手、一礼。
ついに・・・ついに・・・4号が大仕事をやってのけた!864点購入したWIN5が的中!払い戻しはなんと139万円で2月28日(日)以来の的中だ。今回額が大きかったのは新潟大賞典のパッションダンスの存在だろう。100万円馬券は、うまキュレ史上過去最高の払戻しとなった。

砂の6号

ブリリアントS(東京10R)
inyofu ◎⑧アポロケンタッキー
 ○⑨ドコフクカゼ
 ▲⑫ナリタポセイドン
 ☆⑤ブライトエンブレム
 △②キープインタッチ
 △⑥イースターパレード
 △⑩キングノヨアケ
 △⑬サージェントバッジ

今回、本命に推したいのは◎アポロケンタッキー。
このコースは(2-1-0-0/3)という成績を残しているコース巧者で、唯一敗れたレースもタイム差なしの2着と好走している。

また、ダートの長距離に矛先を向けてからの4戦は、全て最速の上がりをマークして連対を確保。
この堅実な差し脚は、最速の上がりをマークした馬が4年連続で連対しているというブリリアントSのレース傾向ともマッチする。

今回はハンデ57キロを背負うが、自身は550キロを越える大型馬だけに斤量泣きするとは思えず、軽量馬の大駆けにさえあわなければ、3連勝も十分に可能だろう。

○は、このコース4勝と得意な昨年の優勝馬ドコフクカゼ。

▲は、7歳馬だが手の合う武士沢騎手で一発がありそうなナリタポセイドン。

馬券の本線は単勝と馬単

 単勝⑧
 馬単⑧ ⇔ ⑨⑫⑤②⑥⑩⑬
単勝1倍台の断然人気となったアポロケンタッキーは、道中9,10番手の後方から徐々に先団へ進出。久しぶりということもあってか追い出しに時間を要したが、ハンデ57kgでも問題なく抜け出して3連勝で重賞戦に向けての賞金を確保した。馬券は単勝(190円)馬単(7660円)を的中。

小鳥の7号

東京3R
inyofu ◎アズナヴァル
緩いのは確かだが、ここにきて大分しっかりしてきている。
関東の相手なら勝負になるだろ。
東京5R
inyofu ◎クインズサターン
大味な競馬ばかりだが口があまり効かないタイプで操縦しづらそう。とはいえ、今回の休養で前向き差が出て来たとの事。能力だけで走っていた馬が、すこしでも競馬になるというなら狙ってみたい。
東京6R
inyofu ◎ノガロ
戦ってきたメンバーを考えると、勝ちきれなかったのもしょうがない。
関東の平場の500万下に遠征するのも勝ちたい証。
1着固定で狙う。
7号のオフレコ馬券の勢いが止まらない!今回推奨した3レースが2着→2着→1着と全て連対を果たし改めてオフレコ馬券の破壊力を思い知らされた。

データの8号

新潟大賞典
inyofu その中から本命としたのは、パッションダンス。

週中のデータ分析で、23戦連続4着以下だったエルカミーノ(06年・15番人気3着)と、近3走連続で二桁着順だったヴィータローザ(07年・11番人気3着)の共通点を書きましたが、パッションダンスとダコールもそれに該当しそうです。

特にパッションダンスについては、他のデータからも狙いたい馬。

管理する友道厩舎は過去3年で新潟芝2000mへ管理馬を9回出走させて複勝率55%超と好データ。騎乗する津村くんも今回の騎手の中で、この条件に好成績の騎手。さらに父ディープインパクトは新潟芝2000mに強く、過去3年の複勝率は40%とハイアベレージを残しています。やはり、複数のデータに該当している点は大きな魅力です。

また、ダート戦の前走のフェブラリーSや前々走の川崎記念はどちらも1着から7秒近くも離されて大差負けですが、逆にここまで負けているのですから、どう考えても適性の問題。気にする必要はないはずです。

そもそも3走前の金鯱賞は1着から0.4秒差と僅差ですし、4走前は新潟記念1着。さらにその前の勝利は13年の新潟大賞典でのもの。今回の条件なら巻き返しも可能ですし、データからも狙える馬と判断です。

エルカミーノやヴィータローザ級の激走をパッションダンスに期待して、3連単は配当3000倍を希望します。

◎⑨パッションダンス
○⑭ダコール
▲⑫シャイニープリンス
☆⑧バロンドゥフォール
△③フルーキー
△⑮ベルーフ
△⑥マイネルミラノ

馬券は単複と馬連を本線。1頭軸マルチの3連単。
あらゆるデータや新潟コース適正から10番人気のパッションダンスを本命。3番手追走から直線で抜け出して快勝。2013年以来となる同レース2勝目を挙げた。新潟重賞3勝目は最多タイと新潟の鬼となっている。馬券は単勝(1940円)複勝(550円)馬連(5190円)の総取り。さらに3連単は161790円と高配当をGET!フルーキーが飛べば30万馬券(目指していた)になっていた可能性もあっただろう。

タンタン単勝メン!

東京5R
inyofu オヤジ「あのさ、そういえばさ、最近筋トレを始めたんだよね。」
1号「え?筋トレ?オヤジさんが?」
オヤジ「そうなんだよ、最近たるんできたしさ、で、そんな事もあってさ、明日は、東京5レースの、13ベストマッチョを買おうかなって。」
1号「出た!語呂合わせ!あれ、でも、この馬相当強いかもね。」
オヤジ「うん、ここも楽勝するんじゃないかな。50買ってきて。」

というわけで、オヤジさんの直感馬券、明日は、ベストマッチョの単勝で勝負!
1号行きつけの中華料理屋の主人が競馬好きで独自の単勝馬券を提供してくれる企画。今回オヤジさんの筋トレにちなんでベストマッチョを指名。前走の新馬戦から-14kg減とシェイプアップ。3番手から抜け出して勝利(単勝290円)デビュー2連勝を飾るなどこれは大物の予感。

つばめよ教えてよ!日高の星を!

新潟6R
inyofu ◎11 ボンボンキャスト

浦河のバンダム牧場の生産馬。ダンシングカラー、ゴールデンキャストなどなど、いい馬を輩出してる名門牧場だ。前にも指名して、良い思いをさせてもらった馬だが、中山よりも平たんコースの方がいいんじゃないかな。実力上位だし、大崩れはしないでしょ。
1号監修。日高出身の馬を取り上げ、馬券推奨していく企画(新潟編)2番人気のボンボンキャストは、道中2番手追走から直線抜け出して2着に2馬身半差つけての快勝(単勝300円)
京都2R
inyofu ◎5 ナイスワン

新ひだかの中橋清さんの生産馬。このレースは16頭中9頭が日高の星候補という、なかなか珍しいレースだね。で、指名するのはナイスワン。上手く先手が獲れると判断した。他に行く馬もいなそうだし、内枠からすんなり位置をとれると判断。つつかれる展開になったらお手上げだけど、平坦コースで押し切れる可能性は高いんじゃないかな。
京都5R
inyofu ◎2 モルゲンロート

浦河のまるとみ冨岡牧場の生産馬。新馬戦で勝った舞台であらためて期待。昇級してからも勝ち負けしているし、大きく崩れそうもないね。人気にはなると思うから、7との馬連1点で仕留めたいね。
同じく日高の星(京都編)2Rのナイスワンは予想通りスタートからハナを切ってそのまま止まらず5馬身差つける逃走劇(単勝270円)5Rのモルゲンロートは、道中4,5番手の競馬で直線向くもポッドクヒオの伸びる末脚に完敗で2着(複勝110円)

しみじみ買えば、しみじみ当たる!舟唄馬券術!

inyofu 東京12R 11クワドループル
京都3R 9ショートストーリー
京都4R 10ドルチャーリオ
京都6R 4ファインニードル
新潟7R 14ディマンズ
新潟10R 3ベルリンガー

明日は、この6頭。
そろそろ大穴カモ~ン!

待ってるよ、殿下!
1号監修。舟唄のように、こうと決めたらそのスタイルを貫く方法論で馬券を購入する企画。今年もシェイクモハメド殿下の所有馬を狙っている。今回6レース中に馬券に絡んだのが京都6Rのファインニードルの3着(複勝120円)とまだまだトンネルは長そうだ。

抱きしめて!ミスターP

京都1R
inyofu ◎⑬リベリーターン

母父チェスターハウスは北米生まれのミスターP直仔。日本ではサクセスマイターンが05年にデビューしたのが唯一の産駒。藤田伸二元騎手を背にデビュー勝ちを上げています。

そして父ヴァーミリアンはエルコンドルパサー産駒のミスターP。芝のラジオたんぱ杯2歳S(当時)を勝っているヴァーミリアンですが、ダートでの活躍の方が印象的ですね。

前々走5着、前走3着と惜しい競馬が続いているリベリーターン。連闘で臨むここは楽しみです!
大種牡馬ミスタープロスペクターの血脈の競走馬を狙う8号の抱きしめたいミスプロ系企画(京都編)リベリーターンは、先行5、6番手から前で粘るフラワーファーストに届かず、更に後ろからきたオーミパドゥドゥに抜かれて3着(複勝150円)今年に入ってもう8戦。頑張ってはいるが疲れが心配だ。

嵐を呼ぶジョッキーは、俺だ!

京都3R
inyofu ◎3 リライアブルエース

この世代でもトップクラスの話題馬だったな。脚元に不安があり、まだ強い稽古ができないようだが、一度叩いてある程度仕上がったんじゃないかな。ショパンにせよエルプシャフトにせよ、注目馬は1勝しているし、この馬もここで勝ちあがるでしょ。川田騎手のエスコートに期待しよう。
1号企画。競馬場、馬場、季節、なんかの要因から、嵐を呼びそうなジョッキーを狙っていく企画(京都編)圧倒的人気のリライアブルエースは、先行4~6番手の好位置で脚を溜めて直線。追い出しの反応は遅れるもエンジンかかってからの切れる脚は圧巻だった。デビュー2戦目で初勝利(単勝150円)

脚みせて!フレンチcancanダンス!

【母父フレンチデピュティ】
湘南S(東京9R)
inyofu 仏9 プロクリス
前走は直線スムーズさを欠く不完全燃焼のレースでしたね。マイルでの2勝は阪神外回り・東京といずれも広いコースで挙げたもので、その条件に替る今回は見直しが必要でしょう。
NHKマイルカップ
inyofu 仏18 レインボーライン
母父フレンチが強調されすぎているのか、切れ味に欠ける面がある馬。それでも走るたびに持ち時計を詰めており、成長著しい印象です。アーリントンカップのように直線馬群一団の追い比べの形に持ち込めれば・・・
フレンチデピュティとダンスインザダークが母父に入った馬たちを追いかける7号の影武者(部下)企画。湘南Sの5番人気プロクリスは、道中3番手を追走。前の2頭が直線で脱落していく中でなんとか3着を確保(複勝350円)NHKマイルカップの12番人気レインボーラインは、中団につけて直線に向き外から鋭く伸びて3着(複勝660円)上位2頭には及ばなかったが、不利な大外枠を考えると強い内容だった。

フ~ジ子ちゃんの奇跡!

東京1R
inyofu ◎10アウアウ

鞍上ルメールで何とかしてもらいたいね。
パワー型なので、パサパサのダートは良いと思う
サンデーサイレンス産駒で初期の名馬フジキセキを孫世代で爆走しそうな馬を、推奨していく企画。カネヒキリ産駒のアウアウは、終始好位置をキープ。直線では2着馬にクビ差まで迫られるも1着。ルメール騎手の腕が光った1戦だ。

馬券取ルメール☆利益デムーロ!

東京6R
inyofu ◎11サラザン

ハーツクライ産駒なんだけど、この馬、デムーロが調教もつけて栗東の坂路の走りが素晴らしい。
多少人気になるかもしれないが、好勝負確実。
デムーロは、芝のマイルで、単回収率が134%!連対率34%。
マイルにデムーロが乗ってたら買う!これでよし!
常に人気になってしまうタイトル通りの外国人騎手2人、この2人が得意としてる距離や条件を熟知して、勝負レースを選ぶ新企画。今回勝負レースの4レース中、東京6Rのサラザンが逃げ粘っての3着(複勝180円)の1レースのみだったが、ルメール騎手が桜花賞の名誉挽回と言わんばかりにメジャーエンブレムでNHKマイルカップを制した。


8日の注目はなんと言っても4号のWIN5だろう。前回の的中と言えども払戻しが7万円台だっただけに、今回は堂々と胸を張れる内容だ。週末の4号コラムの反応に注目したい!それにしても8号の16万馬券が霞むくらいの大馬券デーとなった。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line