TOP > 予想/馬券 > 全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ【第11回ヴィクトリアマイル】
予想/馬券

全18頭最終追い切り映像&タイムまとめ【第11回ヴィクトリアマイル】

2016年5月15日(日)東京競馬場で行われるGI【第11回ヴィクトリアマイル】今回は全18頭の最終追い切り映像と記事をまとめてみた。
馬キュレ

最終追い切り情報 1枠1番 ウインプリメーラ

inyofu ウインプリメーラは坂路単走でしまいをサッと。4F55秒3~1F12秒4で軽快に駆け上がった。大久保師は「やり過ぎると良くないけど、馬の気持ちを大事にしながら丁寧に乗ってくれた。いつも通りの動き。いい状態をキープしています」と好感触。

1枠2番 スマートレイアー

inyofu スマートレイアーは坂路で単走。馬なりで徐々に加速して4ハロン52秒5-12秒6をマーク。最後まで抜群の手応えをキープし、切れのあるフットワークを披露した。 「持ったままで最後の1ハロンも12秒台。いい調教だった。6歳になって落ち着きが出て、掛かる面がなくなってきた」と大久保調教師。

2枠3番 シャルール

inyofu シャルール(牝4、松永幹)は坂路で追い切られ、4ハロン53秒6-12秒4をマークした。 額田助手は「しまいを伸ばすイメージでやった。馬場が悪くてもしっかりと動けていて良かったです」と好感触。今回が初めてのG1挑戦となる。

2枠4番 ウリウリ

inyofu ウリウリは雨馬場を考慮し芝コースで最終追い切り。内を回った分、5F67秒0~1F11秒8の時計になったが、完全に余裕残し。藤原英師は「体力温存」と意図を説明。 「先週、先々週としっかりやってるし輸送もあるからね。年は取ったが状態は悪くない。俊敏な動きをするから良馬場の方がいい。あとは内枠でも引いてタメて末脚が生かせるようなら」

3枠5番 レッドリヴェール

inyofu レッドリヴェールは坂路で最終追い切り。前を行く併せ馬2頭に食らい付く姿勢を見せ、4F52秒4~1F12秒0。先週も坂路で4F51秒6の時計を出していることを思えば、かなり意欲的な調整。 須貝師は「前走でも大きく負けてないし内容は悪くない。状態はいいから、あとは精神的なものだけ。昨年4着に来ている舞台だから、条件はいいはず。どこかできっかけをつかんでほしい」

3枠6番 マジックタイム

inyofu ボウマンがマジックタイムの手応えにうなった。「ワンダフルムーヴ。ベリーストロングフィリー(驚くような動き。強い牝馬だ)」。 横なぐりの風雨の中、美浦ウッドで5ハロン67秒5-13秒1をマーク。先行したワンパーセント(3歳500万)の内から馬体を併せ、馬なりのまま悠々と直線を駆け抜けた。「感触を確かめてほしいと言われたが、とても良かった。すごくリラックスしているよ」

4枠7番 ルージュバック

inyofu Wコース3頭併せ。最後方からスタートすると、道中は先頭マサノヒロイン(3歳500万)と中ヒラボクカイザー(4歳500万)を視界に入れながら折り合いを付ける。直線は最内へ。最後まで鞍上の手元は動かないまま。中ヒラボクに2馬身先着、外マサノと併入してフィニッシュ。4F51秒4、馬なりでラスト12秒8を計時。ゴール板を過ぎてからもスピードを保ったまま、2コーナーすぎまで駆け抜けた。 大竹師は「活気があっていい動きだった。ゴール板を過ぎてからの伸びも良かった」

4枠8番 メイショウマンボ

inyofu メイショウマンボは芝コースへ。渋った馬場でもしっかり動き、5F63秒8~1F11秒9で駆け抜けた。飯田祐師は「先週CWで時計を出しているし、長距離輸送もあるし、CWが重くなっているのでクッションが利いた芝でやりました」と上々の感触。

5枠9番 カフェブリリアント

inyofu カフェブリリアントはWコースで単走の最終メニュー。時折頭を上げながらも、何とか制御を利かせ、軽く仕掛けたゴール前は上々の伸び。4F55秒2~1F12秒5。スピードに乗って、弾力に富んだ走りは若々しい。 橋本助手は「前走はモタれる面は許容範囲だったが、口向きの難しさが出た分、最後は伸びきれなかった。中間は矯正に努めながら調整してきた」

5枠10番 ミッキークイーン

inyofu 最終追いは先週に引き続き浜中が騎乗。「先週で体はできているので、やり過ぎないように」という池江師の指示の下、今週は上がり重点に気持ちを乗せるような調整。僚馬のエアカミュゼ(5歳1600万)と併せ4F53秒3。道中の折り合いもスムーズに付き、3角すぎからGOサインが出ると一気に加速。馬なりのままラスト1F12秒2で、1馬身半追走から2馬身先着してフィニッシュ。

6枠11番 レッツゴードンキ

inyofu レッツゴードンキは坂路へ。スピード感抜群のフットワークで4F52秒3~1F12秒3を刻んだ。  梅田師は「けさはしまいサッとハミを掛けた程度。時計は少し速くなったけど気を抜かなかったし、いいんじゃないかな。具合は本当にいいよ」と好調をアピール。

6枠12番 クイーンズリング

inyofu クイーンズリングは、M・デムーロ騎手を背に坂路でアドナルシー(3歳500万下)と併せ馬。馬なりで4ハロン52秒7-12秒5をマークして、1馬身先着した。「馬もすごくいい感じだよ。いつも休んでフレッシュな状態のときはいい。3歳時に1400メートルのフィリーズレビューを勝ったが、マイルがベスト」と鞍上は笑顔。

7枠13番 ストレイトガール

inyofu 先週はCWで6F81秒0~1F11秒7で先着を果たしているとあって、この日は同じCWでも単走で明らかに余裕残し。昨年の鬼気迫る仕上げではないが、5F64秒8~1F12秒1を刻む脚取りは実に軽やか。 藤原英師は「一回叩いて良くなっている。調教に関しては要求することにしっかり応えてくれている。走ってくれそうなイメージはあるが、去年のようなパフォーマンスができるかどうかは分からない」

7枠14番 ウキヨノカゼ

inyofu ウキヨノカゼは菊沢師が騎乗してWコース単走。素軽いフットワークで6F82秒3~1F13秒2をマークした。師は「あまり気合を乗せたくなかったので馬なりで。リラックスして走れていた」とニッコリ。

7枠15番 ショウナンパンドラ

inyofu 2本目(1本目=4F76秒5)に想定通りの加速ラップを踏む。15秒5-13秒8-13秒0-12秒5(4F54秒8)。雨を十分に吸い込んだ馬場は重くなっていたが、足かせとはならなかった。「負荷を目いっぱいかけたくはなかったが、手加減もしたくなかった。絶妙なバランスと言うのでしょうか。とてもいい追い切り。前走(大阪杯3着)後の回復も早く、イメージ通りの上昇カーブを描いています」と高野師はうなずく。

8枠16番 シュンドルボン

inyofu シュンドルボンは、Wコースで併せ馬。僚馬スールキートス(1000万下)の内を3馬身ほど追走し、4ハロン51秒4、3ハロン37秒6-12秒6。ラストは余力十分で併入。万全の仕上がりをアピールした。 「半マイルから、しまいを生かす形で。自分の中では満足のいくデキ」と矢野調教師。

8枠17番 トーセンビクトリー

inyofu トーセンビクトリー・岸本助手 「攻めは気分よさそうな走り。1回使ってさらに状態面の上積みはある」

8枠18番 ショウナンアデラ

inyofu ショウナンアデラは、坂路を馬なりで4ハロン55秒5-12秒9。前にいたコマノグランデ(3歳500万下)を外から並ぶ間もなくかわし去った。 騎乗した蛯名騎手は「先週よりも動きは良くなっていた。ただ、さすがに1年5カ月休んでいたから完璧とまでは。何とか出せる状態になっているので、次につながる競馬をしてくれれば」

最終追い切り映像

動画を見る

最終追い切りタイム一覧

inyofu ウインプリメーラ 牝6 55 川田将雅 11日栗坂不:55.3-40.1-12.4:馬也

ウキヨノカゼ 牝6 55 四位洋文 11日南w不:82.3-66.1-51.8-38.5-13.2:馬也

ウリウリ 牝6 55 *三浦皇成 11日栗芝稍:67.0-51.7-37.9-11.8:馬也

カフェブリリアント 牝6 55 福永祐一 12日南w稍:55.2-39.9-12.5:馬也

クイーンズリング 牝4 55 M.デム 11日栗坂不:52.7-38.5-12.5:馬也

シャルール 牝4 55 横山典弘 11日栗坂不:53.6-39.0-12.4:一杯

シュンドルボン 牝5 55 吉田豊 11日南w不:51.3-37.7-12.6:馬也

ショウナンアデラ 牝4 55 蛯名正義 12日美坂稍:55.5-40.7-12.9:馬也

ショウナンパンドラ 牝5 55 池添謙一 11日栗坂不:54.8-39.3-12.5:強め

ストレイトガール 牝7 55 戸崎圭太 11日栗C不:64.8-49.9-36.9-12.1:馬也

スマートレイアー 牝6 55 *武豊 11日栗坂不:52.5-38.2-12.6:馬也

トーセンビクトリー 牝4 55 *内田博幸 11日栗C不:87.7-70.5-54.1-39.4-11.9:馬也

マジックタイム 牝5 55 *ボウマン 11日南w不:67.5-53.1-39.4-13.1:馬也

ミッキークイーン 牝4 55 *浜中俊 11日栗C不:53.3-38.2-12.2:馬也

メイショウマンボ 牝6 55 武幸四郎 11日栗芝稍:63.8-49.3-36.5-11.9:強め

ルージュバック 牝4 55 *ルメール 11日南w不:51.4-36.6-12.8:馬也

レッツゴードンキ 牝4 55 岩田康誠 11日栗坂不:52.3-38.3-12.3:強め

レッドリヴェール 牝5 55 *石川裕紀 11日栗坂不:52.4-37.9-12.0:一杯

うまキュレ班のおススメ好調教馬は

◎ストレイトガール
 ミッキークイーン
 シュンドルボン
 マジックタイム
 ウインプリメーラ

特にストレイトガールは栗東CWコース単走、馬なりで昨年より好タイムを記録。先週は同コースで終い重点、最終は高速馬場に対応するために、しっかり高速ラップを刻んで昨年の優勝時以上の仕上がりでレースに臨めそうだ。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line