TOP > コラム > 抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月14日版】
コラム

抱きしめて!ミスターP~東京編~【5月14日版】

抱きしめて!ミスターP
続いて東京!

メイン競走の京王杯スプリングCは07年にミスターPのエイシンドーバーが勝っています。ヴィクトリーギャロップ産駒のエイシンドーバーはこの年に阪急杯も1着。プリサイスマシーンと同着だった年の阪急杯ですね。

また、ヴィクトリーギャロップ産駒は同世代のエイシンロンバードも07年の武蔵野Sを勝っていますので、この年が日本でヴィクトリーギャロップ産駒が最も活躍した年だと思います。

そして、京王杯スプリングCは1着馬に安田記念の優先出走権が与えられます。

本番の出走権を得るのはどの馬でしょうか!

今から非常に注目です。


ちなみにこちらもどうぞ!
↓↓↓
覆面馬主【データ8号】5月14日(土)京王杯スプリングC予想


ということで!

では早速東京の抱きしめたいミスプロ系をご紹介!

■東京2レース!3歳未勝利

◎⑦チェリーピッカー

母父ネオユニヴァース。母母父エルコンドルパサーのチェリーピッカーですが、父はミスターPのカフェオリンポス。
カフェオリンポス産駒は04年のジャパンダートダービーを勝っていますが、中央の重賞は未勝利。中央で登録された産駒も数少なく、チェリーピッカーは数少ない産駒の一頭です。
デビューから4戦未勝利の同馬ですが、それでも6着や7着と健闘続きのレース振り。勝ち馬とのタイム差も徐々に詰めてきていますので、少しずつ成長しているようですね。
数少ないカフェオリンポス産駒のミスターPとして、今回の好走を期待したくなります!


■東京9レース!夏木立賞

◎④キャノンストーム

母ティンクルハートは、桜花賞、秋華賞、エリザベス女王杯を勝ったファレノプシスと、日本の血統地図を塗り替えたサンデーサイレンスとの間に生まれた超良血馬です。
そしてキャノンストームの父はミスターPのワークフォース。その父はエイシンフラッシュなどを輩出したキングズベスト。またキングズベストの半姉には、のちに英ダービーなど欧州の主要なGIを勝ちまくるガリレオやシーザスターズなどを生むアーバンシーがいます。さらに父ワークフォースの母父はサドラーズウェルズの名もありますので、つまるところキャノンストームは各国の超良血が集約された血統と言えそうです。
新馬戦を勝って以来、惜しいレースも多いキャノンストームですが、その血統背景からやはり注目でしょう!

東京は以上!


抱きしめて!ミスターP~京都編~
抱きしめて!ミスターP~新潟編~



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line