TOP > コラム > 脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月14日版】
コラム

脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月14日版】

脚みせて!フレンチcancanダンス!
どうもこんばんは、影武者です。

先週のNHKマイルCは母父フレンチ推奨馬・レインボーラインが12番人気3着の激走! 残念ながらもう1頭の母父フレンチ推奨馬・シャドウアプローチは惨敗も、「春の東京芝における母父フレンチデピュティは開催が進んだタイミングでこそ妙味あり」との見立ては有効であるという感触を得ました。今後も引き続き注目していきます。

さて、ここから少し余談。今週水曜日、愛する地元・横浜DeNAベイスターズの試合を現地観戦してきました! その日は風が強く、夜はジャンパーなしではいられないほどの肌寒さ。吹き荒れる風でガタガタ震えながら「皐月賞デーに走った馬たちはこんな感じの強い風の中で走っていたのか~」と感心してしまいました。

ちなみに野球つながりで言うと、侍ジャパンに選出されるような国内を代表するピッチャーの多くに「幼少期に水泳を習っていた」という共通点があるとのこと。水泳の動きは肩の関節を柔らかくする効果へとつながるのでしょう。昔は肩を冷やすから水泳はダメ! という風潮もありましたが、野球に限らず競馬予想においても先入観を一度捨て去り、新しい視点を取り入れることが重要なのかもしれません。

うまキュレにある覆面馬主さんのコラムは、それぞれが新しい視点からレース予想の見方を伝えてくれています。読者の皆様、ぜひ欠かさずチェックしてくださいね!


ということで、フレンチcancanダンスの時間です!

今週土曜日の母父フレンチは14頭、母父ダンスは18頭!
その中から注目馬をピックアップします。


【母父フレンチデピュティ】

■京都2R
仏2 アスターオーシャン
父キンシャサノキセキ×母父フレンチデピュティという血統。初ダートの前走は上位2頭からは大きく離されてしまいましたが、その2頭は3歳ダートにおけるトップクラスに位置する馬です。3着馬とは0秒5差とまずまずで、未勝利のレベルが下がるこの時期なら。

■京都6R
仏1 ピットボス
前走はほとんど勝ったと思ったレースでしたが・・・今年2戦の内容は優秀で、ここは順当に決めてくれるでしょう。

■新潟12R
仏2 ノーブルソニック
芝に路線変更後、3戦3着2回と成績上昇。母父フレンチは新潟外回り芝2000mで複勝率35.3%、鞍上の北村友騎手は新潟外回り芝2000mで複勝率30.4%。血統・騎手ともに好相性のバックボーンを持つ馬だけに、コース替りはプラスに働くとみます。

仏9 キュリオスティー
馬券圏内3戦すべて新潟芝外回りというコース巧者。昨夏以来のレースですが、ここは現状ベストといえる条件。休み明けで人気を落とすようであれば妙味は十分です。


【母父ダンスインザダーク】

■東京1R
踊12 パントコード
この条件に替った前走は上がり3F最速の脚で3着。母父ダンス譲りの末脚はやはり直線の長い東京コースでこそ活きるのでしょう。その前走と同じ条件なら評価は落とせません。

■東京4R
踊13 インジャスティス
父ファルブラヴ×母父ダンスインザダークという血統。この配合の馬は東京芝1400mで【2-1-1-2】複勝率66.7%と群を抜いた成績を残しています。馬場を考えると、ある程度前につけたいところ。

■東京8R
踊8 ホッコーヴァール
父スタチューオブリバティ×母父ダンスインザダークという血統。ダート種牡馬×芝種牡馬という一見ミスマッチにも思えるこの配合の馬は東京ダート1400mで【3-2-0-6】複勝率45.5%、ホッコーヴァール自身も勝っている条件です。現級1400mで掲示板歴もあり、侮れません。

■京都7R
踊9 レインボーフラッグ
京都芝内回り1600mは新馬戦を勝ち上がった舞台。血統からはいかにも広いコース向きという印象ですが戦績を見る限り小回り適性が強調されています。戦ってきた相手の比較から、このメンバーなら。

■京都9R
踊5 ヤマカツライデン
近2走が展開・馬場に恵まれたことは間違いないでしょう。ただ、母父ダンスから受け継いだ長距離適性が開花しつつある今、簡単に評価は下げられません。

本日は以上です!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line