TOP > コラム > 脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月15日版】
コラム

脚みせて!フレンチcancanダンス!【5月15日版】

脚みせて!フレンチcancanダンス!
どうもこんばんは、影武者です。

土曜は推奨馬9頭中3頭が馬券圏内。京都6・7・9Rと立て続けに勝ち馬を推奨できたことは良かったんですが、もっとも配当の大きかった東京3Rの母父フレンチ馬ドラゴンイモンを挙げられず・・・しかもこの馬は父ダンス馬でもあったんですよね。

悔しくてレース後調べてみたところ、父ダンス×母父フレンチ馬は計7頭が登録されており、目立った好走は2勝2着2回がある程度。ただ驚くことに、その2勝2着2回はすべて東京ダート1600mという・・・今回の反省点は次回の父ダンス×母父フレンチ馬登場時に必ずや活かします!

さて、日曜の注目はなんといっても春の最強牝馬決定戦・ヴィクトリアマイル!

ちなみにヴィクトリアマイルではショウナンパンドラ、ウリウリが母父フレンチ馬に該当。先週NHKマイルCはこれに該当するレインボーラインが激走しており、キタサンブラック優勝により開催されたサブちゃんによる「まつり」の痕にひっそりと開催された「春の東京母父フレンチまつり」は見逃せないところでしょう。

ということで、日曜日の母父フレンチは18頭、母父ダンスは15頭!
その中から注目馬をピックアップします。


【母父フレンチデピュティ】

■東京9R
仏7 デルフィーノ
父ハーツクライ×母父フレンチデピュティという血統。500万下にしてはそれなりのメンバーが揃った2走前の勝ち方が鮮烈でした。そのときと同じ東京に替り、再度間隔をあけたローテーションでの巻き返しに期待します。


■東京11R
仏4 ウリウリ
先週のレインボーラインと同じ東京芝1600mにおける母父フレンチ馬。外枠を引いた一昨年のヴィクトリアマイルは逃げ馬&内枠で決まったレースでした。待望の内枠を引き当て、鞍上の三浦騎手はタガノブルグにグランプリボスと東京GI芝1600mで穴をあけること多数。母父フレンチの春の東京芝適性が後押しすれば一発があっても。

仏15 ショウナンパンドラ
ウリウリと同じ父ディープインパクト×母父フレンチ馬。正直なところ距離は短いと思います。ただ、昨年秋以降ジャパンカップ勝ちをはじめ牡馬の一線級相手に大崩れなし。充実期に入った馬の能力と母父フレンチの適性を加味すれば低評価は避けたいところです。あ、ショウナンの馬だから7号さんは買わないと思いますが・・・影武者はこっそりいっちゃいます!


■新潟9R
仏9 エイシンパライソ
うーん、未勝利勝ちの内容からトントン拍子で出世すると思ったんですが・・・ただ、前走はハイペースと馬場の影響があったのかもしれません。母父フレンチのパワーが強調されたダート馬で、良馬場濃厚な新潟替りで見直します。


【母父ダンスインザダーク】

■東京8R
踊7 オーマイホース
現級ではサッパリですが、東京芝の新馬戦ではサトノクラウンの4着がある馬。芝適性がまったくないわけではなく、一気の距離短縮がハマるようなら・・・


■東京12R
踊6 サングラス
この2戦を見る限り、ダート適性は本物なのでしょう。東京1600mは芝とはいえ昨年勝っている条件ですし、距離延長で追走が楽になればさらなる前進が見込めます。


■京都8R
踊17 ウイングジャパン
父エイシンデピュティはこの条件と同じ京都芝1600m外回り重賞の勝ち馬。それに母父ダンスの血が色濃く受け継がれたことで、ウイングジャパンは馬券圏内3戦すべて京都芝と偏った適性を持つ馬に。ならば京都替りの今回は絶好のタイミングでしょう。


■京都10R
踊9 メイショウスイヅキ
さすがに近走は相手が強すぎた印象。新馬戦で2着に4馬身差をつける圧勝劇を演じた芝1200mに替る点はプラスでしょうし、京都芝はオープン特別・もみじSを制した舞台です。


本日は以上です!



※【うまヨミ】の登録はこちらより
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
umayomi



無料アプリをダウンロードすると、スマホでサクサク楽しめますよ!
うまキュレ アプリはこちら→Android/iOS
馬キュン!アプリはこちら→Android/iOS

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line