TOP > エンタメ・雑学 > セレクトセール2014最高額馬が海外で初陣!
エンタメ・雑学

セレクトセール2014最高額馬が海外で初陣!

馬キュレ
セレクトセール2014で落札された馬のうち最高額だったのは、1歳馬の部に上場されていた【ディープインパクト×リッスン(2013年産まれ)】。

税抜き2億6000万円という落札額もさることながら、里見氏や近藤氏、島川氏といった高額落札の常連日本人馬主を差し置いて、前年の2013年から参戦(初年度は1300万円~9000万円まで、平均価格約3500万円で計5頭を落札)していたカタール王族の代理人が「本気」を見せたことでも話題になりました。

加えて2013年のセレクトセールで当歳のうちに購買されていた同世代の高額馬達は、落札額1位ロイカバード、2位サトノダイヤモンドに加え、3位のヴァンキッシュランが青葉賞を制覇。現時点ではダービーで揃い踏みになる可能性もあるほどの活躍を見せています。

上場された年は違えど現3歳の高額馬の一角。海外デビューということはどこかの国のダービーに・・・・・?と思いきや音沙汰が無く、動向が注視されていましたが、ついに5月13日の16時15分(現地時間)、イギリスのニューベリー競馬場に【New World Power】という名前で満を持して登場しました!

【レース映像】

※馬番7番(ゲートは3番)、赤っぽい勝負服+赤帽の馬がNew World Power


勝ち馬には大きく離されてしまいましたが、このレースは日本で言うところの未勝利戦で、相手はデビュー3戦目。初戦から既走馬相手にこれだけやれたのなら、初勝利もそう遠いものではないでしょう。

今年の秋には日本でも海外競馬の馬券を買えるようになるそうですし、今後の出世次第では凱旋門賞で【New World Power】という名前を見る可能性も・・・・・!?

後々のためにも「海外で頑張る日本産馬」の名前は、ぜひ覚えておきたいところですね。

side-mark ページ上部へ
prev top next
  • 【PR】
  • 関連タグ
    kusa_line